お茶といろいろ

無関係なコメント、宣伝はビシバシ削除します。

思うこと、聴くこと

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

吸い玉療法、カッピングは漢方のものでその部位を真空にしたカップ
で吸い邪気を出すものです。
最近は老廃物の代謝、血行をよくする強力なマッサージ効果が
注目されエステでも使われるようです。

わかりやすく言えば。。。。。。。
トイレのスッポン?詰まったときに使うアレの原理です。

先日お話したカッピングの無料お試しセット届いたのでさっそく試します。
joyカップという商品で韓国からの輸入品のようです。
http://www.joysns.jp/

写真の注射器?鉄砲みたいなのが吸引機です。
吸引機をカップにセット、カップを地肌につけて吸引機のレバーを引くと
カップの中の空気を吸引、空気圧を落とします。
レバーの引く回数で空気圧は調整できます。俺の場合どこの部位でも
おおよそレバー2、3回です。
そのまま吸引機をはずすとそのままカップはすいついたまま。
この状態で数分、これだけでカッピング終了です。

写真3枚目はカッピングが終わったあとの俺。すごい跡になってます。
それだけ老廃物、邪気がこの部位にあるんでしょう。
何度も繰り返し老廃物が減るとカッピングが終わった跡も次第に
出なくなると解説にあります。実例の写真も掲載されてます。
理屈どおりに考えればそうなるはずです。

昔の話ですが、車に乗っていて後ろからダンプに追突されたこと
あって今でも肩こりがすごいです。邪気も一杯のはずです。

終わった後もすこし暖かいですし、肩こりしないです。
効果あるみたいです。

このセットはお試しセットなのでカップの数少ないです。
商品はカップの数が多い少ないで3種類あります。
でもこのお試しセットでも十分毎日使えます、そのうち返却しないと駄目
なんですがこのセットでいいんで安く売って欲しい気もします。

このセットの長所はカップの吸引口が2つあって、それに吸引機に
つけるホースも付いていることです。
そのおかげで手が届きにくい背中でも楽にカップをセットすることが
できます。

このセット、WEBによると相場より高いそうですが、効果もあるし
使いやすいです。かなりイイモノかもしれません。

イメージ 1

イメージ 2

寅年の2月は12年に1度、奈良の毘沙門天様の灌頂(入壇儀式)が
あります。私の申し込みは今日の10時から。
で、7時に家を出てJR大阪から大和路快速にのります。

知りませんでした。大阪駅に来る大和路快速は天王寺が終点です。
で、天王寺でもういちど大和路快速に、そしたらまた大阪に行ってしまい、
それからまた天王寺で終点。

JR環状線を1週半しました。間に合わないので信貴山に電話したら
明るい中年女性が出て大笑いされました。。。。。。
次の儀式は2時なので2時の儀式に入れてもらいました。

10時過ぎについて観光センターで休憩。
「のどかむらの天空たまごプリン」がおいしそうだったのでプリンと甘酒を
注文しました。プリンはたまごの味が濃厚でマイウーです。

若い女性グループがセンターの売店で「プリンあるって聞いたんですけど」
問い合わせしていて、手にして嬉しそうにしていて、知っている人は
知ってるんでしょうね。これは信貴山マイウーに認定です!!

私もお土産にして家族に好評でしたが、ここには保冷剤ないので。
冬なら大丈夫でしょうが。


「のどかむら」は近所にある農業公園らしいです。
観光センターには朝摘の大きなイチゴ、イチゴや梅のジャムもありました。
(株)のどかむら農業公園
生駒郡三郷町信山南畑1−7−1
0745−73−8203

千手院(総本山)で10時半に受付、事情説明したら、受付の人わかって
いてまた笑われました。。。。。
12時に昼ごはんもらえるらしいのでそれまで散策です。

まず千手院の毘沙門さまにお参り、ろうそくをあげてお線香を。
今日は7本だなって感じでしたので。。。。。7本の線香を。
さすがにケンシロウの胸の7つの傷みたいに北斗七星の形にするような
おふざけはしてないですが。

融通さんでは3本にしたり、遊んではいるんですけどね。(笑)

数占いで俺は今年7で、毘沙門さま→北→北斗七星って連想ゲームです。

お寺いっぱいあります。
1時間半あっても奥の院や開山堂は回れませんでした。
それでも山頂の空鉢本尊までは行きました。
行者堂からでも20分以上かかります。
空?山頂?龍?って思うわけで、もちろん八大龍王さま祭られてます。
空鉢本尊の途中には星祭り本尊もいました、北斗七星ですね。
毘沙門天といえば北の守護、北といえばやっぱり北斗七星なんでしょうか。
巨門、文曲、貪狼(北斗七星の7つの星の中国名)などの北斗の星ごとに
石像があります。

実際の儀式のお話は別のブログで。
<信貴山の灌頂の儀式>
http://ameblo.jp/tealeaf-reading/entry-10464133635.html

梅田の旭屋書店にありました。新年早々に出た本です。
著者は信貴山千手院となっています。信貴山、奈良県生駒郡のお寺です。

毘沙門天さまの寺として有名で聖徳太子の開いたとされるお寺です。
今年は寅年ですが寅といえば毘沙門天さま、関西では信貴山と鞍馬山です。

ということで今年は当たり年、で12年に1度の機会、2月(寅月)には結縁灌頂を
誰でもうけることが出来ます。ということでこの本が出版されたようです。

私も今年の2月に結縁灌頂を受けるつもりです。

毘沙門天さまについての解説、功徳、信貴山のこと、多くの人の体験談、
おまつりの仕方までいろいろ書いてあります。

体験談を読んでみると毘沙門天さまはかなり人間に近い世界にいる仏様のようで
いろいろと面倒見が良さそうな気がします。
そりゃあ何でもOKじゃないでしょうけど、がんばった人には優しいのかもしれません。

一目でわかる毘沙門信仰の手引き
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E7%9B%AE%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E6%AF%98%E6%B2%99%E9%96%80%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%81%AE%E6%89%8B%E5%BC%95%E3%81%8D/dp/4336051747/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1262604923&sr=8-1

ジップヒーラー

イメージ 1

イメージ 2

新大阪の開健社の製品です。マイミクのなんちゃんさんの紹介で知りました。

この商品のはじまりは。。。てとわ株式会社さんのサイトから引用します。
http://tetowa21.hp.infoseek.co.jp/index.html

昭和初期に開発された「病原探知機」がもとになっています。「病原探知機」は、函館生まれの夏井寅吉氏
(明治35年〜昭和57年)が開発をしました。当時の人々に波動は理解されず、寅吉は霊能者受け止められ
ていましたが、8の字をしたコイルを開発し、「病原位置探知機」と名付けました。
やがて昭和49年には「人害探知万能振動治癒治療器」とし特許申請、健康器として商品化されました。
“てとわ”では、これをさらに改良した(株)開健社製ジップヒーラーを使用し。。。以下略

商品は見ての通りコイルで、夏井氏のコイルをさらに改良したものを開健社では
ジップヒーラーの名前で販売しています。

ジップヒーラーは電線をまいたコイルなので気エネルギーを集める力を持ちます。そのままでもエネルギー
を集めて放射しますが、振ったり回したりと運動エネルギーを加えるとさらに大きなエネルギーを発生します。
その特性を生かして開健社では マッサージ用のバイブレーターに仕込んだ商品やモーターで回転させたり
するもの も商品化しています。

今回はこのジップヒーラーを88個を仕込んである布団に敷くマットを購入しました。
はっきり言って。。。。高いです。

母親が高齢で足が骨粗しょう症でガタきているんで、買いました。
いつも痛いという足の関節の痛みはなくなったようです。やはり効果あります。

ただ。。。。元気になって無理をして骨を折るようなことのないように注意しないとダメだとは思います。
数日エネルギー浴びたぐらいで骨が昔の健康な状態に戻るなんてこと、絶対無いので。


(株)開健社
大阪府大阪市淀川区西宮原1丁目7−9−1201  06-6394-6595
webはありません。

マタジのプジャ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

マタジってのはインドの女性聖者らしいです。
聖者はインドには一杯いるそうで。サイババもそうです。

マイミクのKさんが大事な取引先の社長の重病を治してもらった。。。。。

それが縁で今回Kさんがインドから招待、そして今回マタジのガネーシャのプジャが
開催されるってことでお知らせをもらったので参加してきました。

プジャ=日本語で言う供養です。供養=接待、もてなす行為です。そしてもてなした神様に恩恵をいただく。

遠いし面倒くさいしお金使うし。。。。と、毎度おなじみ!!やる気ないモードだった
のですがマタジの写真を見て「どうせ今日は休みだし」と。。。なぜか気が変わりました。

儀式がはじまると、アレコレと色々手順があります、ガネーシャに牛乳をかける、
護摩に何か木屑みたいなものをかける、歌う。。。。。聖者の足に額をつける。

写真の聖者の足に額をつける行為、前から知ってましたがその意味は知りませんでした。
どうせ敬意を表すため、ぐらいに思っていたのですが違いました。
足からはより多くのシャクティ(エネルギー)が流れているから。。。。合理的ですね。

足は手の5倍のパワーって話は有名ですが、ヒーリングも手当てするより足の裏を患部に当てたほうが。。。。。
実はパワフルだったりするのです。

こういう迷信に見えることに合理性があったり、意味があったり。。。
インドの儀式は占いが好きな人の目で観察すると実に面白いものがてんこ盛りだったりします。


参加して正解だったと思います。気がビンビン出てる?とかあまりわからない人なのであれこれ言いませんが、
彼女の顔を見るとなにか心が開かれるような気がしました。意味不明にうれしいかな?うれしいぞ!
みたいな感じが芽生えます。

もしかしてこれが彼女の聖者の徳かもしれません。

儀式が終わってからはみんな聖者との2ショット写真を撮りまくってます。。。。
って俺がサリー着ていた女の子にけしかけてそういう流れになってしまったんですが。
勿論、俺も2ショット写真は撮ってもらいました。

聖者なる人種の前では隠し事、できないですね。少し言葉をもらったのですがかなり見えているようで。

プジャは大阪では後2回あるらしいです。。。。。時間が合わないので私は今回のみの参加、かなり残念です。

まあ、1回でも聖者なる人種に縁ができたことでOKってことにしておきます。

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事