シークレットサイン投資法を購入!評判と口コミと検証記録

勝ったり、負けたりを繰り返して、年間で見れば2〜4倍のリターン

全体表示

[ リスト ]

シークレットサイン投資法は、過去11年間で勝率90%、マイナスを出したのはわずかに1年のみという驚異的なパフォーマンス。

参加条件1 ドローダウンに耐えるため、最低25万の運用資金を用意すること。5万円からでも実は可能だが、時には何日か連続で負けが続く場合も。その時に持ちこたえるための運用資金として、最初に用意しておく必要があるのが、25万円というライン。これ以下だと、退場になる可能性がある。また、あまりにも自己資金が無い人だと、証券会社の先物口座を開設できない。審査に通過するためにも、ある程度の自己資金が必要。口座を作れるか不安な場合は、証券会社のHPを見て、基準を確認すること。

参加条件2 簡単すぎるルールを破らず、180日間続けること。当然、相場なので「必ず」はないし負ける事も。利益が出たら、すぐに利益を確定したくなるし、損をしていれば、不安になって処理したくなってしまうもの。しかし取引終了時、結果的にルール通り取引を続けていれば、より多くの利益をとれていたり、不安になって損切りしてしまったものもルール通りに行っていれば、損はなくなっていたりする。自分の感情でルールを変えてはならない。それと同時に、180日間は継続すること。スタートしたタイミングが悪く、最初にドローダウンをしてしまう可能性も。でも、180日間続ければ、過去のデータ統計上、復活できている。ドローダウンは資金25万があれば耐えられると想定。タイミング悪く最初にドローダウンにあったとしても、180日は続けること。続けていたら取り戻せたのに、途中でやめてしまっては負けたままで終わってしまう。

参加条件3 毎朝8時30分〜9時の間に注文できる環境にいること。朝一番の取引開始時刻に、注文を入れるのでこの時間に注文できる環境にいないとこのノウハウは実行できない。PCの前にいれるか、もしくは、携帯電話、スマートフォンからの注文も可能。

株を売買する時の証券手数料くらいで他に追加でかかる費用はない。月額でかかる情報料なども不要。

先物口座を開設できればどこの口座でも可能。指定はない。マニュアル内では、カブドットコム証券の画面で解説。

個人投資家が動かす資金レベルではマイナスな問題は起きない。数十億以上のお金が同時に動いたら多少影響あるかもしれないが、そんなことはまず無い。

ドローダウンの割合は、およそ600円前後を想定。日経mini(最低証拠金4〜6万)をやるとしたら、25万の資金があればドローダウンに耐えられると想定。それ以下だと、数年に1回しかきませんが、万が一の連敗にはまった時に耐えられない可能性があるので、25万以上でやること。

月単位での利益は、分からない。大きく勝つ月もあれば、負けてマイナスの月もある。ほとんど利益が出ない月も。勝ったり、負けたりを繰り返して、年間で見れば2〜4倍のリターンが期待。月間の勝率は、その月によってまちまち。利益が上がる月だと60%〜70%の勝率、マイナスの月だと約40%の勝率。トータルすると60%前後。


>> シークレットサイン投資法のデメリットもチェック







この記事に


.


みんなの更新記事