ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索
イメージ 1


ありがとう100年! ガタゴトてくてく 加太線ミュージック(2000円)



イメージ 2


ウインズ CM&テーマソング集 アルバム(2000円)



 昨日、和歌山のCDショップサイトより、上記の2点が届きました。

ウインズは、関西では有名な「ジョーシン」のテーマソングを歌ってはる方です。

「情熱をなくさないで」も良い曲ですけど、「和歌山LOVE SONG 21」も良いです。

私にとっては、念願のウインズCD購入です。




加太線ミュージックについては、上のサイトも見ていただきたいです。

加太線がどれだけ愛されているか分かります・・・。


そういえば、時間帯指定で吉本とコラボされているみたいですね。

こういうCDも良いですね。
10月から、始まっているアニメ「さくら荘のペットな彼女」

関西では、MBSで、しかも、午前2時20分からしているアニメなので、リアルタイムで観るのはきついアニメです。



昨日、そのアニメのOPとED曲が発売された、という事なので、日本橋のアニメイトへ行ってました。
イメージ 1

こちらが、OP曲「君が夢を連れてきた」です。
ヒロインの3人の中の人が歌っている曲で、歌詞カードにその3人の中の人が写っています。

とらドラ!に似ているという声も聞かれますけど、どうなんでしょうか?
ヒロインの3人って、意外と胸があったんだ、なんて思ってしまいました。



イメージ 2

こちらは、ED曲「DAYS of DASH」です。
歌っている方は、15歳の方だというから驚きです。

私個人としては、こっちの方が好きですね。
「EYE to EYES」あたりの感じとか、歌手さんとか歌手さんとか歌手さんとか (ry

ゴホン

メロディーや「アイ トゥ アイ」の部分が好きなんです。
歌手さんは、どうでもいいとして(どうでも良くないですよね)



いずれにしても、どちらも良い曲です。買ってみては?
「DAYS of DASH」とか、1日に何回聴いてるんでしょうか・・・。
イメージ 1


イメージ 2


本当は、もう少し早く更新するつもりだったのですが、今日更新することになりました。


あらすじ的なもの


 津軽弁を話す女子高生の物語。(私と同じく)コミュニケーションをとる事が極度に(私自身は、極度だとは思ってないですが)苦手な彼女が、少しでも良いから変わりたい と思って勇気を振り絞りアルバイトを始めます。
彼女は、「お帰りなさいませ、ご主人様」が言えるようになるんでしょうか?


感想と買ったいきさつ等


 難波のジュンク堂書店で「小説 いまいち萌えない娘」の方を探していた私ですが、見つからなかったので、「せっかく来たんだし、別の気になる本でも買おう」と思って、本棚を見ていて目についたこの小説。

 この本の2巻にあたる「いとみち 二の糸(2枚目の写真)」の方を、最初買おうと思いましたが、念のために1巻から購入していくことに。それが個人的に思いのほか良かったので、2巻も最終的には買う事になってしまいました。

 
 1巻の最後あたりでは、いとのバイト先をゆるがす事件が発生します。
最初は、やめようかなんて思って思っていても、負けず嫌いで 結果的には3か月以上アルバイトをしている私には、とても共通点の多い「主人公・いと」に惹かれてしまいました。


 気になった点として、表紙の絵、いとさんと見られる女の子の絵が1巻と2巻で違うような気がします。
2巻は身長は低く、ロリっ娘である事が分かるんですが、1巻だと標準的な身長だと思われるわけで・・・。
別人のような気がして、気になりました。


○ 個人的には、温泉での話の続きが気になります。


そんな小説ですが、3巻以降も発売されるのであれば また買いたい小説です。

イメージ 1

 とある人の影響で、なぜか好きになってしまった「ゆいかおり」

私的に好きな曲は、「君のYELL」だったりします。


今回は、10月31日に発売された最新シングルを、10月30日の時点でゲットしていたという話をしていきます。

セブンネットで、セブンイレブン前払いでお金を払っていたので いち早く入手することができました。


MVというかPVは、観てみましたが、可愛かったです。

「だって ウダウダしたいの」での石原さんです。動画サイトで観たら伊藤さん(伊藤かな恵さん)ぽく見えてしまいました。

なぜなのかは、私にも分かりません。

ただ、私がおかしいという事は分かります。



準特急というのも、歌詞で登場します。
京王だろうな、なんて思ってツイッターで質問すると、やはり京王でした。


あまりネタバレ?するとアレなので、あまりかきませんが、
買ってみてはどうでしょうか?


ゆいかおりファンの方、良いですよ。このCD・・・。
2日ぶりの更新です。

イメージ 1

特急「サザン」がロレール賞をとったときにはっこうされたとみられる「記念乗車券」

なんば〜和歌山港が、700円で行けるのは良いですね。ただ、もう使えない乗車券です。
なんか、昭和っぽさを感じることができました。

イメージ 2

特急「サザン」の運転記念乗車券。

今は存在しない、10000系10001Fが写っています。
和歌山市まで、1回に限り700円で行けます。ただ、もう使えない乗車券ですけど。

デザインが、なんか昭和でした。
1985年って、私が生まれる8年前ですよ。

今回の「懐かしの記念乗車券・入場券」は、サザン関連のものがありました。
2011年にはなかったような気がするので、何かあるんじゃないか、なんて思ってしまうんですが・・・。


イメージ 3

南海線の平成17年11月27日改正のダイヤグラム。

AダイヤとBダイヤの両面印刷の3枚が丸められて販売されていました。
欲を言えば、もう少し前のダイヤも販売してほしかったな、なんて思います。
個人的には、そっちの方が欲しいですし・・・。


イメージ 4

大手とか自分が知っている私鉄のグッズを買う以外にも、別の会社にもお金を出して買った方が良いだろう、なんて思って買ったのが、三陸鉄道のクリアファイル。

少しでも貢献しました。頑張っていだだきたいです。


イメージ 5

光明池までだった泉北高速鉄道が、和泉中央まで延伸して開業した時の記念乗車券。

平成7年だから、私が2歳のころに発行されたものですね。
乗車券は、キラキラで見て驚きました。

イメージ 6

泉北高速鉄道で走る7020系の車両パンフレット。

案内表示板が、良いんですよ〜。

イメージ 7

泉北で買ったグッズ(上記2つ)を買ったらつけてくれたもの。

色ペンと、色鉛筆でした。


イメージ 8

最後に、ネタ的な感じで買った「萌え乗車券のようなハガキ」です。



来年は、社会人になりますので行ける可能性は低いと思います。
ですが、また行ける機会があればいいなと思いますね。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事