ここから本文です

書庫Nankai Line

南海電気鉄道のこと

 地元を走る南海電気鉄道のことをかきます。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

イメージ 1

今年も発売された「南海線 乗り放題1dayチケット」

去年よりは、力が入っているように思います。
4月29日に、一人でこのチケットをつかい 南海線を旅していました。

泉大津までは、順調にいきました。
ただ、橋本→なんば まで、ほとんど寝ていました。寝すぎて後悔しましたね・・・。

高石からは、普通車で。
その普通車で、泉大津停車中に。

普通なら、それなりにスピードを出して通過する特急サザンが、今にも停止しそうなスピードで通過する感じで、「これは、何かあるな・・・」と思っていたら・・・
イメージ 2

ちょうど、私が座っていた車両あたりで サザンが停車してしまいました。

撮るべきか、撮らない方がいいのか
迷ってしまいましたが、撮ろうと思い、行動にうつします。

イメージ 3

ホーム中ほどで停車した特急サザン(10000系10910)

数分停止し、何事もなかったかのように通過していきました。
停止した理由は、“忠岡〜春木間の踏切で人が立ち入ったため、列車を停止させる信号が働いたため”←そんな感じの理由だったような気がしますが・・・。


このため、忠岡〜春木間の踏切を通過する列車(私が乗っていた普通車も含め)が徐行運転することになりました。

イメージ 1

http://www.shogakukan.co.jp/pr/ninkiressha/tokushuu/index29.html
↑ 人気列車で行こう/小学館 より



先日、近くの書店で「人気列車で行こう/南海電鉄 天空」(写真のもの)を購入しました。

中身を教えると、買う人が減ると思うので簡単にしておきます。←当然のことですけど。

※ 南海電鉄 天空のこと が約 6割
  和歌山電鉄 たま電車 が約 3割
  その他        が約 1割

おもちゃ電車 やいちご電車のことも少々かかれていました。


写真が多めだったので、飽きずに読めます。

個人差があると思いますが、実際に乗りたいな。って思いました。


私は、3年前に 南海電鉄 天空に乗ったことがありますし、

おもちゃ電車といちご電車は乗ったことがあります。

けれども、たま電車は乗ったことがないんですね。見たことはありますが・・・・・。



こういう雑誌のもの、特に写真が最初から最後のものを買うのは今年は最後になると思います。

雑誌を買うんだったら、実際に乗りに行く方が良いと思うので。
昨日は、新型特急12000系(愛称は サザン・プレミアム)の営業運転開始日でした。

記念のコンパスカードも発売が開始されました。



イメージ 1


イメージ 2


これが 新型特急サザンの記念コンパスカード。価格は2000円。

実はコンパスカードを購入したのはこれが初めてだったりします。

つかうとしたら、10月末の「南海電車まつり」ですかね?

「電車まつり」には行ったことがないので、かなり行きたいんですよね〜。




イメージ 3


で、これは「関西の鉄道」といわれる鉄道雑誌。南海電車の特集だったので買いましたが・・・・。

1890円ぐらいします。

なんばCityの旭屋書店で購入しました。

 昨日午後6時25分ごろ、南海本線 吉見ノ里駅付近の踏切で特急サザン なんばゆきと軽乗用車が衝

突した踏切事故。高校時代、利用していた区間であったのでびっくりしました。

謎のまま終わらないでほしいですね。前回の事故もよく分からない感じになってしまったような・・・。

http://www.asahi.com/kansai/news/OSK201105070017.html
↑ 朝日新聞ウェブより

なぜ「下りている遮断機を車が通る必要があった」のかが大変気になります。

吉見ノ里駅に8000系が停車しかけのようなので、もしかしたら・・・っていうのがありますね。

写真を見る限り・・・・・。

まあ、あんまりかくと荒れそうな気がするので、この辺で。



この事故を速報で取り上げたのは朝日放送でした。ABCさんなわけですが・・・・・。


とにかく、ある程度は明らかにしてほしいと思います。

イメージ 1

自分が落としたものは、「南海時刻表 2003年版」です。

南海線は、2003年2月22日改正。高野線は2003年5月31日改正。

前の前の前の改正ダイヤですね。

和歌山港線の久保町・築地橋・築港町があったころのダイヤなわけですよ。



一番、気になっていた時刻表なので落せて良かったですし、

代引きなので余分に高いんですね。だから、大事に扱いたいですね。

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事