ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

美味 サクサクカキフライ




定番のカキフライ


カキ(牡蛎、牡蠣、硴、英名:oyster)

ウグイスガイ目イタボガキ科に属する二枚貝の総称で
あるいはカキ目もしくはカキ上科に属する種の総称ですhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

海の岩から「かきおとす」ことから「カキ」と言う名が
ついたといわれますhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

古くから、世界各地の沿岸地域で
食用、薬品や
化粧品
、建材(貝殻)として利用されてきましたhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

食用にされるマガキやイワガキなどの大型種がよく知られていますが
食用にされない中型から小型の種も多いとうですhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

どの種類も岩や他の貝の殻など硬質の基盤に着生するのが普通ですhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

基盤に従って成長するため殻の形が一定せず
波の当たり具合などの環境によっても形が変化するため
外見による分類が難しく野外では属さえも判別できないこともありますhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/158.gif

このため、未だに分類が混乱しているものも少なからずあり
外見に惑わされない分子系統などを使った分類がなされつつありますhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/160.gif



生カキ(加熱用)     100〜120g  
塩コショウ     少々
レモン・1/4個  プチトマト・4個

衣の材料
小麦粉     大さじ3〜4  
卵     1/2個  
パン粉     2/3カップ
揚げ油     適量  
ウスターソース     適量  
タバスコ(お好みで)     適量

料理で http://blog.so-net.ne.jp/_images_e/160.gif
下準備は 生カキはザルに入れボウルに水をはった中で振り洗いし
やさしく汚れを落とし、水気を拭き取り、塩コショウをします。
レモンは半分に切ります。
揚げ油を180℃に予熱し始めます。

作りますhttp://blog.so-net.ne.jp/_images_e/160.gif
生カキに小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけ塩コショウした
カキを180℃の揚げ油に入れカリッと色よく揚げていき

器にカキフライ、プチトマト、レモンを盛り合わせウスターソース
おこのみでタバスコを添えて






イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事