ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

美味 タラのトロ〜リチーズ焼き 

         タラのトロ〜リチーズ焼き  
 

濃厚なソースに甘塩タラがさらに味を引き締めてくれる酒の肴です

「たら」と呼ぶので言語〈たら〉であろうとする説もありますが
〈まだら〉を語源と見るべきで、身体に「斑(まだら)」があるため
スケトウダラに対して「真鱈」と呼びます

寒くなると入荷が増えますがその入荷形態は様々です
鮮魚ではオス(高い)、メス(安い)と分けて入荷したり
大きなものが高価でありますが「ぽんだら」と呼ばれる小振りのものも
鍋材料として人気があります
 
1988年のこと厳寒の新潟日本海沿いを村上市に向かって
北上していたらふと道路沿いの魚屋を見ると巨大な尾ヒレが見えたので
車を止めて入ると、それは巨大なマダラでした御主人に聞くと1.5m
そんなに珍しくはない大きさだと話してくれましたが旅人の度胆を抜くには
充分でした。

佐渡周辺でとれたものはまだ「大きくうまい」といいます

和洋を問わずに食用魚としては重要種で、フランスやスペインなどでは
同属のタイセイヨウマダラを干した乾物を「バカラ」とよび様々な
料理に使うそうです

材料は2人分です
タラ(甘塩:切り身)     2切れ  
塩コショウ      少々  
ジャガイモ      1個
玉ネギ      1個  
ブロッコリー      4房   
パセリ      少々

合わせソースの材料
卵      1個  
マヨネーズ      大さじ3  
塩      小さじ1/4  
コショウ     少々
牛乳      80ml  
生クリーム     60ml  
ピザ用チーズ      60g

下準備します

タラは小骨の部分を切り取り1切れを2〜3つに切って
塩コショウを振り、ジャガイモは皮をむき、半分に切って
1cmの半月切りにし水に放ちます

その後、耐熱容器に並べラップをかけて電子レンジで2〜3分加熱し
玉ネギは縦半分に切りさらに縦幅1cmに切り、ブロッコリーは熱湯で
サッとゆでてザルに上げる。

合わせソースを作ります
ボウルに卵、マヨネーズ、塩、コショウを混ぜ合わせ
牛乳、生クリームを加えてさらに混ぜ、オーブンを220℃に予熱します

作り方です
耐熱容器に<合わせソース>を人数分に分けた量の1/3量くらい入れて広げ
ジャガイモ、玉ネギ、ブロッコリー、タラを並べ入れます

残りの<合わせソース>を流し入れピザ用チーズを全体に散らして
オーブンに入れ表面に焼き色がつくまで約20〜25分焼き、焼き上がったら
お好みでパセリを刻んで振ると彩りがきれいです






イメージ 1



イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事