ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

深浦沖の日本海に浮かぶ「久六島」は青森県最西端に位置する孤島。
「久六島」でウィキってみると、深浦町舮作漁港より西方約30キロメートル沖の日本海上にあり、
「上の島」「下の島」「ジブの島」の三つの岩礁からなる無人島とあります。
島の周辺は魚介類の宝庫で、クロマグロ、マダイ、ブリ、ホッケ、サザエ、アワビなどが獲れるそうです。

JR深浦駅前にお店を構える「久六屋」。
深浦沖の久六島をはじめ、近海で獲れた鮮度抜群の海産物や加工品を取り扱っています。
一押しの逸品は、作家太宰治も深浦の宿で食べた“アワビのウロ漬け”。
小説「津軽」の中では、「鮑のはらわたの塩辛」として紹介されています。
「旬菜魚セイリング」の海彦山彦定食にも、“アワビのウロ漬け”がありました。

アワビの肝をこだわりの塩で漬け込んだ「アワビのウロ漬け」は酒の肴にピッタリ。
かつては地元の漁師しか味わえなかった珍味の数々が、深浦駅前の「久六屋」で手に入ります。


深浦駅前のメインストリート
イメージ 1


駅を出て国道に出れば目の前に
イメージ 2


○の中に「久六」の文字
イメージ 3


黄金の日本海からの贈り物
イメージ 4


深浦役場前「旬菜魚セイリング」でも食べたアワビのウロ漬け
イメージ 5


生け簀には大きいサイズの活サザエがたくさん
イメージ 6

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事