ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

染井吉野や枝垂れ桜、八重桜など50種以上2,600本もの桜が咲き誇る弘前公園。
今年の桜は記録的な早咲きで、「弘前さくらまつり」開幕日に満開となりました。

下乗橋から見る天守と桜、本丸から見る岩木山や西濠沿いに伸びる桜のトンネル、
1882年植栽の日本最古の染井吉野など、弘前公園には見所がたくさんありますが、
弘前城本丸の石垣大改修に伴い、今年は埋め立てた内濠が一般開放されています。

100年に1度という内濠の開放は、5月6日(水)21時までの期間限定です。
天守を下から仰ぎ見ることができる内濠には、多くの花見客が集まっていました。
「弘前さくらまつり」が終わると、天守を移設する曳屋工事がはじまるそうです。


水面に桜並木を映す弘前中央高校前の外濠
イメージ 1


市役所前の桜並木の先には残雪の岩木山
イメージ 2


国登録の文化財に22日にオープンしたスタバ
イメージ 3


追手門前の外濠をサクラ色に染める花びら
イメージ 4


追手門と満開のソメイヨシノ
イメージ 5


杉の大橋と桜の巨木
イメージ 6


1882年に植栽された日本最古のソメイヨシノ
イメージ 7


幹の太さが日本一のソメイヨシノ
イメージ 8


満開の桜に囲まれた赤い下乗橋
イメージ 9


弘前公園の日本一の桜
イメージ 10


「たか丸くん」と下乗橋前で遭遇
イメージ 11


次に下乗橋から天守と桜が見られるのは5年後の予定
イメージ 12


下乗橋から見下ろした本丸下の内濠
イメージ 13


内濠の一般開放は5月6日の21時まで
イメージ 14


100年に1度、今年限りの観桜コース
イメージ 15


埋め立てられた内濠に大勢の花見客
イメージ 16


間近に見た大改修前の本丸石垣
イメージ 17


8月から70mほど奧に移設される弘前城天守
イメージ 18


天守の一番高いところに鎮座する鯱
イメージ 19


三層の天守を支える石垣
イメージ 20


写真撮影定番スポットの下乗橋を下から撮影
イメージ 21


見事な枝垂れ桜と天守のコラボ
イメージ 22


真下から仰ぎ見た弘前城天守
イメージ 23

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事