ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

平成元年創業という蕎麦の名店「会心」。
一時期休業していましたが、3年ほど前から再開しています。
新蕎麦の美味しい季節を迎え、先日、数年ぶりに再訪しました。

店内に入ると正面に蕎麦打ち部屋が見え、中に石臼が鎮座しています。
右手に小上がりとテーブル席がありますが、テーブル席に案内されました。

「会心」では、二八蕎麦と田舎蕎麦の2種類の蕎麦を提供しています。
うっすら緑色の二八蕎麦と若干黒っぽい色をした田舎蕎麦。
自家製粉にこだわった「会心」の美味しい蕎麦を、久々にいただきました。


みちのく有料道路に向かう途中にある「会心」
イメージ 1


「会心」の6人掛けテーブル席3卓
イメージ 2


しばらく待って奧のテーブル席へ
イメージ 3


温かい蕎麦のメニュー
イメージ 4


冷たい蕎麦のメニュー
イメージ 5


サイドメニュー
イメージ 6


蕎麦の前に“玉子焼き”を注文
イメージ 7


出汁が利いた美味しい玉子焼き
イメージ 8


ふんわりとした柔らかい食感
イメージ 9


天ざるそば1人前
イメージ 10


コシのある二八蕎麦
イメージ 11


海老の天ぷらは3本
イメージ 12


穴子天ざるそば1人前
イメージ 13


蕎麦の風味が楽しめる田舎蕎麦
イメージ 14


野菜の天ぷらは薩摩芋と茄子と獅子唐の3種
イメージ 15


ふっくらとした身が美味しい穴子の天ぷら
イメージ 16


蕎麦つゆは濃い目
イメージ 17


お品書きの横に置かれた津軽塗の容器
イメージ 18


津軽塗の容器の中身は掛け放題の刻み海苔
イメージ 19


追加で注文した“桜海老のかき揚げ”
イメージ 20


天然塩でいただく“桜海老のかき揚げ”
イメージ 21


トロリとした濃い目の蕎麦湯で〆
イメージ 22


小上がり席と開放的な窓
イメージ 23


ガラス張りの蕎麦打ち部屋
イメージ 24


手打ちそば「会心」の店主さんの思い
イメージ 25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事