ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

富士山五合目富士芝桜まつりの次は、身延山久遠寺へ。
1274年(文永11年)、日蓮聖人が開いた日蓮宗総本山のお寺です。

門前町の長い参道を通り過ぎると、重厚な三門が姿を現します。
三門の奧にあるのは、菩提梯と呼ばれる287段の急な勾配の石段。
石段を登り切った先の境内には、本堂や五重塔などがありました。

年間を通して大勢の参拝客が訪れる“法華経の聖地”。
本堂の天井に墨と金箔で描かれた「墨龍」は迫力満点でした。


山梨から静岡を流れて太平洋に注ぐ富士川
イメージ 1


身延山久遠寺の総門
イメージ 2


旅館や土産物店などが建ち並ぶ門前町
イメージ 3


重厚な造りの三門
イメージ 4


上層に十六羅漢が祀られた三門
イメージ 5


身延山久遠寺の境内案内図
イメージ 6


三門の奥へ
イメージ 7


石畳の先には杉並木
イメージ 8


菩提梯と呼ばれる高低差104mの石段
イメージ 9


287段の石段の途中に咲いていた花
イメージ 10


登り切れば涅槃に達するという菩提梯
イメージ 11


最後の石段の前で記念撮影
イメージ 12


身延山久遠寺の広い境内
イメージ 13


日蓮聖人700遠忌の1985年に再建された本堂
イメージ 14


日蓮聖人像を安置する祖師堂
イメージ 15


明治8年の焼失後に134年ぶりに再建された五重塔
イメージ 16


大きな鐘が吊り下がる見事な鐘楼
イメージ 17


本堂から見た祖師堂
イメージ 18


厳かな佇まいの本堂
イメージ 19


祖師堂内の長い廊下
イメージ 20


無人運転の斜行エレベーター
イメージ 21


モミジの若葉と赤い欄干
イメージ 22


日蓮聖人の御言葉
イメージ 23


山深い森の中にある身延山久遠寺
イメージ 24


身延山久遠寺から見た富士山
イメージ 25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事