ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

記事検索
検索

全340ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

栃木県南東部に位置する益子町は陶芸の町。
益子町周辺には、250を超える益子焼の窯元があるそうです。

益子町では、5月のゴールデンウイーク中に益子焼陶器市が開催されます。
陶器市会場はかなり広く、益子焼が並ぶテントは500張にもなります。
全国でも有数の陶器市だそうで、多くの陶芸ファンが訪れていました。

会場にはカフェやギャラリーのほか、雑貨店もありました。
陶器市を散策した後は、栃木名物をいただいて青森まで戻りました。


真岡鐵道真岡線の益子駅
イメージ 1


益子駅にある観光案内所
イメージ 2


春の陶器市のチラシ
イメージ 3


チラシ裏面の陶器市マップ
イメージ 4


陶器市会場の城内坂通り
イメージ 5


瓦屋根の古民家
イメージ 6


古民家の中
イメージ 7


陶芸ファンで賑わう陶器市
イメージ 8


石造りの蔵の中
イメージ 9


蔵の中に置かれた益子焼
イメージ 10


益子焼きの食器類
イメージ 11


益子焼の茶碗
イメージ 12


益子焼のコップ
イメージ 13


益子焼の花瓶
イメージ 14


陶器市会場内で立ち寄ったカフェ
イメージ 15


益子焼も飾られた店内
イメージ 16


益子焼の湯飲みなどを販売
イメージ 17


益子焼の色をした箸と箸置き
イメージ 18


斬新なデザインの大皿
イメージ 19


高台にある陶器市の会場へ
イメージ 20


テント内でも益子焼を多数展示販売
イメージ 21


益子陶芸美術館の外観
イメージ 22


栃木の特産といえばイチゴ
イメージ 23


ストロベリーソルベに舌鼓
イメージ 24


真岡鐵道の踏切を通過して一路青森へ
イメージ 25

【2016 群馬・山梨・栃木の旅 〜 完 〜】
都留市にある「どきどきリニア館」を見学した後は、車で宇都宮へ移動。
中央自動車道から圏央道を経由し、東北自動車道鹿沼ICで降りました。

ホテルチェックイン後に訪れたのは、「宇都宮餃子館」駅前中央館。
メニューには15種類以上の焼餃子のほかに、揚餃子や水餃子もあります。

餃子を提供するお店が約200軒もあるという栃木県宇都宮市。
群馬と山梨を訪れた今回の旅行最終日の夜は、宇都宮餃子で締めました。


20時過ぎのJR宇都宮駅
イメージ 1


宇都宮駅前に立つ餃子像
イメージ 2


餃子の皮に包まれたビーナス
イメージ 3


宇都宮駅の真正面にある「宇都宮餃子館」
イメージ 4


5月の連休中につき長蛇の列
イメージ 5


30分ほど待って店内へ
イメージ 6


瓶ビールとお通し
イメージ 7


餃子だらけのメニュー
イメージ 8


セットメニューや手羽餃子
イメージ 9


定番の調味料
イメージ 10


よくばり餃子ざんまいセット
イメージ 11


焼き餃子12種類
イメージ 12


スープ餃子
イメージ 13


3種類の蒸し餃子
イメージ 14


ニンニクが入ったスタミナ餃子
イメージ 15


水餃子は一皿6個入り
イメージ 16


特製ラー油でいただいた水餃子
イメージ 17


手羽餃子
イメージ 18


揚げ餃子
イメージ 19


揚げ餃子はチーズ入りを選択
イメージ 20


スタミナ餃子を更に一皿追加注文
イメージ 21


ズラリと並んだ焼き餃子のメニュー
イメージ 22


餃子以外のサイドメニューも豊富
イメージ 23


夜遅くまで途絶えない行列
イメージ 24


「宇都宮餃子館」のキャラクター
イメージ 25

「カーサ・ダ・ノーマ」でランチを食べたあとは「どきどきリニア館」へ。
山梨県立リニア見学センター内にある、超電導リニアを紹介する施設です。
運が良ければ、時速500km以上で走行するリニアを間近で見られます。

館内では、リニア開発の歴史や超電導の仕組みなどを知ることができます。
また、実際に走行試験をしていたリニア車両の展示もしています。
時速500kmの走行を映像と振動で体感できるシアターも迫力があります。

次世代の“夢の超特急”ともいえる「リニア中央新幹線」は現在建設中。
2027年に東京〜名古屋間が開業し、その後は大阪まで延びる予定だそうです。


2つの施設がある山梨県立リニア見学センター
イメージ 1


家族連れで混み合う5月の連休
イメージ 2


どきどきリニア館の外観
イメージ 3


走行する超電導リニアを見学できる施設
イメージ 4


どきどきリニア館の入館料は420円
イメージ 5


時速581kmを記録したMLX01-2
イメージ 6


超電導リニアMLX01-2の解説
イメージ 7


リニア側面に装着された超電導磁石
イメージ 8


超電導リニアMLX01-2の車内へ
イメージ 9


実際に使用されていた座席
イメージ 10


真上から見た超電導リニアMLX01-2
イメージ 11


休憩スペースもある見学ラウンジ
イメージ 12


見学ラウンジから見たリニア実験線
イメージ 13


リニア実験線を走行する超電導リニアの写真
イメージ 14


超電導リニアの仕組みを体験できるコーナー
イメージ 15


超電導リニアの仕組みに釘付け
イメージ 16


超電導リニアの仕組みを映像でも解説
イメージ 17


超電導リニアのミニチュア模型
イメージ 18


MLU001の超電導磁石(実物)
イメージ 19


超電導磁石の解説
イメージ 20


磁気浮上走行を体験できるミニリニア
イメージ 21


時速500kmの映像と振動をシアターで体感
イメージ 22


シアターの最後列はリニアの実物シート席
イメージ 23


将来は東京〜大阪間を67分で結ぶ超電導リニア
イメージ 24


リニア中央新幹線のルート
イメージ 25

甲州市勝沼のワイナリーを探訪した後は、「カーサ・ダ・ノーマ」へ。
「カーサ・ダ・ノーマ」は、原茂ワインが直営しているカフェです。

原茂ワインのワイナリーは、130年前の民家と蔵を改装しています。
2階に設けられたカフェからは、山の斜面に広がる蒲萄畑を見渡せます。

昼食でいただいたのは、野菜たっぷりのプレートとカレーライスの2品。
近隣農家から仕入れた肉や有機栽培の野菜などを使ったメニューです。
車の運転があるので、ワインの代わりに蒲萄ジュースを注文しました。


山梨滞在最終日の昼食は原茂ワインへ
イメージ 1


古民家や蔵を改装した原茂ワインのワイナリー
イメージ 2


1階はワインショップ
イメージ 3


建物内から見た前庭に広がる蒲萄棚
イメージ 4


試飲もできるワインショップコーナー
イメージ 5


落ち着いた雰囲気の建物内
イメージ 6


2階にあるカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」
イメージ 7


ボードに書かれたメニュー
イメージ 8


案内されたテラス席
イメージ 9


目の前に広がる勝沼の蒲萄畑と山並み
イメージ 10


原茂ワインのワインリスト
イメージ 11


濃厚な葡萄ジュースを注文
イメージ 12


ランチタイムのメニュー
イメージ 13


季節限定のメニュー
イメージ 14


カレーの前に運ばれたミニサラダ
イメージ 15


中辛の“カーサ・ダ・ノーマ風カレー”
イメージ 16


ボリューム満点の角煮が2つトッピング
イメージ 17


野菜てんこ盛りの“パンの気まぐれブランチ”
イメージ 18


山菜のこごみとハム
イメージ 19


赤カブとホウレン草のソース
イメージ 20


胡桃入り天然酵母パンやハーブ入りフォカッチャ
イメージ 21


軽く火入れされた舞茸
イメージ 22


ソーセージ2本
イメージ 23


テラス席から見た前庭の葡萄棚
イメージ 24


原茂ワイン直営のカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」
イメージ 25

果物の生産量日本一を誇る山梨県では、ブドウの栽培も盛んです。
今年5月の山梨滞在最終日は、勝沼にあるワイナリーを訪れました。

数あるワイナリーから選んだのは、「グランポレール勝沼ワイナリー」。
ビール大手メーカーのサッポロが運営しているワイナリーです。
施設内の売店で、昨年9月に倉敷で飲んだワインを見つけました。

「グランポレール」の次に訪れたのは、「甲州市勝沼ぶどうの丘」。
レストランや売店のほか、温泉や宿泊施設も備えた複合施設です。
試飲容器を購入すれば、時間無制限で甲州ワインの試飲ができます。


グランポレール勝沼ワイナリーを訪問
イメージ 1


サッポロが運営するワイナリー
イメージ 2


併設されたレストラン
イメージ 3


ワインのテイスティングコーナー
イメージ 4


テイスティングリスト
イメージ 5


北海道や長野など国内4か所でブドウを栽培
イメージ 6


グランポレールシリーズのワイン
イメージ 7


山梨という名前の白ワイン
イメージ 8


昨年9月に倉敷で飲んだワイン
イメージ 9


ワインのボトルを活用したシャンデリア
イメージ 10


敷地内に広がるブドウ畑
イメージ 11


マスカット・オブ・アレキサンドリアの新芽
イメージ 12


甲州市の勝沼ぶどうの丘を訪問
イメージ 13


宿泊施設もある勝沼ぶどうの丘
イメージ 14


勝沼ぶどうの丘の案内板
イメージ 15


遠くに南アルプスを望むテラス
イメージ 16


ブドウ畑が広がる勝沼の盆地
イメージ 17


ワインやブドウを使ったお土産
イメージ 18


地下にあるワイン貯蔵庫
イメージ 19


地元ワイナリー29社のワインが勢揃い
イメージ 20


試飲は1,100円で時間無制限
イメージ 21


勝沼ぶどうの丘に入る展望レストラン
イメージ 22


恋人の聖地に選定された勝沼ぶどうの丘
イメージ 23


甲州市が運営する観光施設
イメージ 24

全340ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事