ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

記事検索
検索
山梨滞在最後の夜に訪れたのは、地元のグルメが味わえる「奥藤本店」。
B級グルメとして有名な“甲府鳥もつ煮”発祥のお店だそうです。
JR甲府駅南口から徒歩2分、宿泊したホテルのすぐ近くにありました。

新鮮な鳥レバーやハツ、砂肝などを砂糖と醤油で煮た“甲府鳥もつ煮”。
昭和25年頃に誕生し、甲府市内では約35店舗で提供しているそうです。

「奥藤本店」では、山梨の郷土料理“ほうとう”もいただきました。
武田信玄が陣中食としたことが始まりとも伝えられる名物料理。
20年ほど前、職場の忘年会で訪れた山梨で食べて以来の本場の味でした。


JR甲府駅前にある奧藤本店は大正2年の創業
イメージ 1


奧藤本店甲府駅前店のテーブル席
イメージ 2


原茂ワインのルージュ
イメージ 3


お通しは揚げ蕎麦
イメージ 4


富士桜ポークや信玄鶏のメニュー
イメージ 5


甲斐サーモンなどのメニュー
イメージ 6


発祥の店でいただく甲府名物の鳥もつ煮
イメージ 7


甘辛な濃い目のタレが絡む鳥もつ
イメージ 8


手作り生いも刺身こんにゃく
イメージ 9


ブドウの新芽の天ぷら
イメージ 10


塩でいただいた春限定の逸品
イメージ 11


甲州名物の馬刺し
イメージ 12


勝沼醸造のベーリーA
イメージ 13


富士桜ポークの角煮
イメージ 14


山梨名物ほうとう
イメージ 15


ほうとうに入れる生麺
イメージ 16


ほうとうの作り方(1)
イメージ 17


沸騰した鍋に野菜と麺を投入
イメージ 18


ほうとうの作り方(2)
イメージ 19


ほうとうの作り方(3)
イメージ 20


甲州味噌を入れて煮込むこと3分
イメージ 21


カボチャが入った山梨名物の鍋
イメージ 22


つゆに鳥もつが入ったもりそば
イメージ 23


富士水系の天然水を使った純手打ちそば
イメージ 24


甲府名物鳥もつ煮発祥のお店
イメージ 25

富士山五合目富士芝桜まつりの次は、身延山久遠寺へ。
1274年(文永11年)、日蓮聖人が開いた日蓮宗総本山のお寺です。

門前町の長い参道を通り過ぎると、重厚な三門が姿を現します。
三門の奧にあるのは、菩提梯と呼ばれる287段の急な勾配の石段。
石段を登り切った先の境内には、本堂や五重塔などがありました。

年間を通して大勢の参拝客が訪れる“法華経の聖地”。
本堂の天井に墨と金箔で描かれた「墨龍」は迫力満点でした。


山梨から静岡を流れて太平洋に注ぐ富士川
イメージ 1


身延山久遠寺の総門
イメージ 2


旅館や土産物店などが建ち並ぶ門前町
イメージ 3


重厚な造りの三門
イメージ 4


上層に十六羅漢が祀られた三門
イメージ 5


身延山久遠寺の境内案内図
イメージ 6


三門の奥へ
イメージ 7


石畳の先には杉並木
イメージ 8


菩提梯と呼ばれる高低差104mの石段
イメージ 9


287段の石段の途中に咲いていた花
イメージ 10


登り切れば涅槃に達するという菩提梯
イメージ 11


最後の石段の前で記念撮影
イメージ 12


身延山久遠寺の広い境内
イメージ 13


日蓮聖人700遠忌の1985年に再建された本堂
イメージ 14


日蓮聖人像を安置する祖師堂
イメージ 15


明治8年の焼失後に134年ぶりに再建された五重塔
イメージ 16


大きな鐘が吊り下がる見事な鐘楼
イメージ 17


本堂から見た祖師堂
イメージ 18


厳かな佇まいの本堂
イメージ 19


祖師堂内の長い廊下
イメージ 20


無人運転の斜行エレベーター
イメージ 21


モミジの若葉と赤い欄干
イメージ 22


日蓮聖人の御言葉
イメージ 23


山深い森の中にある身延山久遠寺
イメージ 24


身延山久遠寺から見た富士山
イメージ 25

富士本栖湖リゾートで、毎年春に「富士芝桜まつり」が開催されます。
首都圏最大級という約80万株もの芝桜が広大な敷地に咲き誇ります。

「富士芝桜まつり」の会場内で見られた芝桜の品種は、全部で6種類。
白や淡い紫色のほか、白で縁取られたピンクの品種など様々あります。

高さ4mの展望台からは、パッチワークのような芝桜を眺望できます。
敷地内にはミニ芝桜富士もあり、人気の撮影スポットとなっています。
会場には飲食スペースも設けられ、山梨のB級グルメを味わえました。


ほんのわずか静岡県富士宮市を経由
イメージ 1


初めて訪れた「富士芝桜まつり」
イメージ 2


駐車場から見えた富士山
イメージ 3


訪日外国人も並んでいた入場券売場
イメージ 4


入園料は大人600円
イメージ 5


富士芝桜まつり会場マップ
イメージ 6


ピンク色の絨毯
イメージ 7


ちょうど見頃を迎えた芝桜
イメージ 8


会場内に設けられた高さ4mの展望台
イメージ 9


展望台から見下ろした「富士芝桜まつり」全景
イメージ 10


ミニ芝桜富士
イメージ 11


ミニ芝桜富士と富士山のツーショット
イメージ 12


品種名:オータムローズ
イメージ 13


品種名:オーキントンブルーアイ
イメージ 14


品種名:モンブラン
イメージ 15


品種名:多摩の流れ
イメージ 16


都圏最大級という約80万株もの芝桜
イメージ 17


鮮やかなアネモネに囲まれた桜カフェ
イメージ 18


芝桜より団子より洋風スイーツ
イメージ 19


会場内にある「富士山うまいものフェスタ」へ
イメージ 20


富士山周辺地域の美味しいものが大集合
イメージ 21


芝桜より団子よりご当地グルメ
イメージ 22


富士宮やきそば
イメージ 23


芝桜のイラストが入ったオリジナルコロッケ
イメージ 24


山梨土産で有名な信玄餅のソフトクリーム
イメージ 25

「富士吟景」に宿泊した翌日は、車で富士山の五合目に向かいました。
富士河口湖町から富士山五合目に至る有料道路が「富士スバルライン」。
富士スバルラインはカーブが少なく、快適なドライブが楽しめます。

20年前の富士山登山の際に、バスで通過して以来の富士スバルライン。
途中の展望台や富士山五合目からは、南アルプスの山並みも見えました。

富士スバルライン終点の富士山五合目は、多くの観光客で賑わっていました。
五合目にある簡易郵便局では、懐かしい黄色の郵便ポストを見かけました。


富士スバルラインのゲート
イメージ 1


普通自動車の通行料金は往復2,060円
イメージ 2


二合目で八甲田大岳より高い標高1,596m
イメージ 3


標高2,020mの大沢駐車場展望台で休憩
イメージ 4


遙か遠くに残雪の残る南アルプス連峰
イメージ 5


四合目は標高2,045m
イメージ 6


富士スバルライン終点の富士山五合目
イメージ 7


富士山五合目の標高は2,305m
イメージ 8


国内外の観光客で賑わう富士山五合目
イメージ 9


乗馬を楽しむ観光客
イメージ 10


土産店内の照明も富士山の形
イメージ 11


富士山の形をしたメロンパンを購入
イメージ 12


5人前の特大カレーは3,776円
イメージ 13


富士山五合目総合管理センターで情報収集
イメージ 14


小御嶽神社本殿で旅の安全を祈願
イメージ 15


4つある富士山登山口の1つ「吉田ルート」
イメージ 16


吉田ルートの山開きは毎年7月1日
イメージ 17


登山シーズンは七合目花小屋下まで乗馬可能
イメージ 18


20年前に吉田ルートで富士山頂3,776mまで登頂
イメージ 19


富士山五合目で見つけたスイスの黄色いポスト
イメージ 20


ともに世界遺産にあるスイスと日本の郵便局
イメージ 21


【番外編】2012年9月に訪れたユングフラウヨッホ
イメージ 22


【番外編】2012年はユングフラウ鉄道全通100周年
イメージ 23


【番外編】アルプスで最大最長のアレッチ氷河
イメージ 24


【番外編】スイスで見つけた日本の赤いポスト
イメージ 25

富士五湖を周遊した日の宿泊先は、湖楽おんやど「富士吟景」。
河口湖畔にある和モダンの温泉宿で、全ての部屋から富士山が見えます。

チェックイン後に向かったのは、屋上にある露天風呂「富士見の湯」。
河口湖と富士山を眺めながら、ゆったり湯船に入ることができます。

この日の夕食は、山梨の食材などが使われた和会席「旬彩の膳」。
勝沼のイケダワイナリーのワインと一緒に、美味しくいただきました。


富士河口湖温泉郷にある温泉宿に宿泊
イメージ 1


チェックインの後にひとっ風呂
イメージ 2


富士山を望む絶景の露天風呂
イメージ 3


最高のロケーション
イメージ 4


無色透明のやさしい泉質
イメージ 5


日本一の富士山を眺めながらの夕食
イメージ 6


和会席「旬彩の膳」
イメージ 7


オリジナルの食前ゆず蜜ジュース
イメージ 8


湯葉豆腐とズワイ蟹 山わさびの芽添え
イメージ 9


ホタルイカとホタテ イクラ添え
イメージ 10


イケダワイナリー(甲州市勝沼)のロゼワイン
イメージ 11


紋甲イカと若筍の木の芽和え
イメージ 12


小鯛の笹漬け
イメージ 13


さより新丈
イメージ 14


蟹寿司
イメージ 15


梅そうめん
イメージ 16


お造り(牡丹海老、鮃、鮪、鯛、勘八)
イメージ 17


魚貝たっぷり和風スープ
イメージ 18


和風スープの中にハマグリ
イメージ 19


サーロインステーキと野菜
イメージ 20


サーロインの鉄板焼き
イメージ 21


金目鯛淡雪 穂付き筍 かえで麩 絹さや
イメージ 22


右:枝豆新丈 金粉 三つ葉
左:富士吟景オリジナル二食ご飯
イメージ 23


濃厚プリン メロン 大福 ロールケーキ
イメージ 24


世界遺産の富士山を眺めながらの朝食
イメージ 25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事