ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫全体表示

記事検索
検索
金沢「小鹿」青柳「鈴木」茶屋町「後藤」大野「しょう太」など、
青森市内には美味しい焼きそばのお店が点在しています。

昨日、市内駒込見吉にある「原田製麺 自家製麺やきそば店」を訪れました。
国道7号環状バイパスを東に向かう途中、古館交差点から戸山方向に右折。
県道124号沿いの住宅地に「原田製麺 自家製麺やきそば店」があります。

店内は10席ほどのカウンター席のみで、厨房の奥に製麺所が見えます。
メニューは小・並・大の3種類で、お持ち帰りも可能。
お願いすれば、特大もできるそうです。

もちもちとした弾力の麺に、キャベツの甘さとソースが絡んだ焼きそば。
夏季以外は、100円追加でカレールーのトッピングもできるそうです。
味はもちろんのこと、値段とボリュームに驚きの焼きそば専門店でした。


県道沿いに“焼そば”と書かれたのぼり
イメージ 1


「原田製麺 自家製麺やきそば店」の外観
イメージ 2


カウンター席のみの店内
イメージ 3


厨房奥の部屋は製麺所
イメージ 4


お茶はセルフサービス
イメージ 5


今回は“大”と“小”を注文
イメージ 6


上から目線
イメージ 7


やきそば“小”は麺1玉で約200g
イメージ 8


やきそば“大”は麺2.5玉で約500g
イメージ 9


紅生姜と青海苔とソース
イメージ 10


もちもちのストレート中太麺
イメージ 11


豚肉とキャベツ
イメージ 12


青海苔をトッピング
イメージ 13


紅生姜もお好みで
イメージ 14


ソースが絡んだ麺をリフトアップ
イメージ 15


卓上に整列する香辛料
イメージ 16


カレー粉を振りかけて味の変化を追求
イメージ 17


ガーリックを振りかけてスタミナアップ
イメージ 18


激辛スパイスを振りかけて更なる刺激を追求
イメージ 19


厨房の冷蔵庫から取り出された巨大マヨネーズ
イメージ 20


濃厚ソースとマヨネーズのハーモニー
イメージ 21


大盛りでもあっという間に完食
イメージ 22


メニューにない“特大500円”も注文可
イメージ 23


各種麺類を単品でも販売している「原田製麺」
イメージ 24

青森市本町一丁目の通り沿いにお店を構える「鮨dining いっぱち」。
和のモダンな空間が広がる店内では、ゆっくり食事が楽しめます。

「鮨dining いっぱち」では、青森の新鮮な魚介を使った鮨や刺身のほか、
天麩羅や焼き魚、炙りものなどの一品料理もいただけます。

前回訪問時はお好みで単品を注文しましたが、今回は事前にコースを予約。
年に一度の記念日ということで、久しぶりに美味しい料理を堪能しました。


日没前に訪れた「鮨dining いっぱち」
イメージ 1


案内された個室のテーブル席
イメージ 2


まずはビールで乾杯
イメージ 3


突き出し4品
イメージ 4


海老とアスパラガス
イメージ 5


豚肉シソ巻き
イメージ 6


蟹味噌と蟹身
イメージ 7


ヒラメのバターソテー
イメージ 8


色とりどりの野菜の陰には・・・
イメージ 9


マグロとホタテの甘酢餡かけ
イメージ 10


刺身盛り合わせ
イメージ 11


南フランスの白ワインをボトルで注文
イメージ 12


ホタテ
イメージ 13


ヒラメとエビ
イメージ 14


本マグロとホッキ貝
イメージ 15


揚げ物
イメージ 16


春の山菜の天麩羅
イメージ 17


銀だら醤油漬け焼き
イメージ 18


締めの握り鮨
イメージ 19


赤出汁の味噌汁
イメージ 20


握り鮨の舎利は赤酢を使用
イメージ 21


単品のメニュー
イメージ 22


壁に貼られたメニュー
イメージ 23


新鮮な魚介が旨い「鮨dining いっぱち」
イメージ 24


地元青森の魚介が堪能できる和のお店
イメージ 25

金沢小学校通りと万太郎堰沿いの通りの交差点近くに「珍満」があります。
40年ほど前から現在の場所にお店を構える、老舗の中華料理店です。

お品書きには100種類ほどのメニューが並んでいます。
この日注文したのは、“焼干しラーメン”と“天津メン”。
どちらも時間をかけて丁寧に作られたラーメンでした。

昔から根強いファンが多く訪れるという「珍満」。
歴史を感じさせる店内ですが、本格的な中華料理を味わえるお店です。


久しぶりに訪れた中華食堂「珍満」
イメージ 1


100種類もの豊富なメニュー
イメージ 2


お店自慢のメニュー
イメージ 3


まずは“焼干しラーメン”が着丼
イメージ 4


叉焼の煮汁に紹興酒や大蒜を加えて作る醤油スープ
イメージ 5


叉焼2枚と麩が1枚トッピング
イメージ 6


青森県産の焼干しの粉末を練り込んだ麺
イメージ 7


続いて“天津メン”が着丼
イメージ 8


丼一面を覆うトロミの利いた餡
イメージ 9


コクと旨味が凝縮された塩味のスープ
イメージ 10


やや縮れのある中太麺
イメージ 11


食べ応えのある分厚い蟹玉
イメージ 12


「珍満」のカウンター席
イメージ 13


4人掛けのテーブルが3卓
イメージ 14


地元のグルメ雑誌にも掲載された中華食堂「珍満」
イメージ 15

青森市長島にある「アル チェントロ」。
地元の旬の食材を使ったイタリアンが美味しいお店です。
先日、久しぶりにランチタイムに訪れました。

ランチはaとbのほかに、シェフお任せsの全部で3コースあります。
今回の注文は、前菜、パスタ、メインが2種類から選べるbコース。
この日は秋刀魚や嶽きみなど、秋の食材を使った料理が出てきました。

昼も夜も絶品の青森イタリアンを楽しめる「アル チェントロ」ですが、
残念なことに、9月いっぱいでランチの提供を終了するそうです。


久しぶりに訪れた「アル チェントロ」
イメージ 1


青い光が差し込む店内
イメージ 2


店内中央にあるワイン貯蔵室
イメージ 3


「アル チェントロ」のランチコース
イメージ 4


名川産ぶどうジュースと青森産シードル
イメージ 5


自家製の逸品が並ぶ突き出し
イメージ 6


サラミにセロリ酢漬け、ミズダコのフリットなど
イメージ 7


自家製のフォカッチャと全粒粉のパン
イメージ 8


肉の前菜
イメージ 9


金子ファーム健育牛のローストビーフ
イメージ 10


秋茄子のグリル添え
イメージ 11


秋刀魚のテッリーナと大根のアイスパウダー
イメージ 12


八甲田産舞茸のマリネ添え
イメージ 13


ロングパスタ
イメージ 14


小川原湖産白魚とカラスミのスパゲッティ
イメージ 15


嶽きみのカッペレッティ
イメージ 16


ソースはウォッシュチーズ
イメージ 17


鰺ヶ沢産金鮎のパデッラ
イメージ 18


金鮎の肝のソース
イメージ 19


金鮎の下に焼きリゾット
イメージ 20


肉のメイン
イメージ 21


青森産短角牛のタリアータ
イメージ 22


秋野菜のグリル添え
イメージ 23


ドルチェはナッツのセミフレッド
イメージ 24


締めはエスプレッソとコーヒー
イメージ 25

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事