ここから本文です
青い空・青い海・青い森の国から
名物に旨いものあり。青森に旨いものあり。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

下北地方に春の訪れを告げる毎年の恒例行事「芦崎湾潮干狩り」。
4年連続5回目の参加となった今年は、4月23日(土)に開催されました。

昨年は前泊しましたが、今回は当日の朝3時20分に青森の自宅を出発。
途中、S氏宅とO氏宅に立ち寄り、むつ市役所には午前5時半に到着しました。

新聞記事によると、先週末の芦崎湾の潮干狩りに約3千人が訪れたそうです。
昨年は1人3kg超、3人で10kgを超えるアサリの収穫がありましたが、
今年は潮が引かず、残念ながらアサリはほとんど獲れませんでした。


むつ市役所後方にそびえ立つ釜臥山は厚い雲の中
イメージ 1


6時半には200mを超えた潮干狩り客の長い列
イメージ 2


潮干狩り会場に向かうシャトルバスに乗車
イメージ 3


普段は入ることができない海上自衛隊大湊基地内
イメージ 4


潮干狩りの七つ道具を持って芦崎湾へ移動
イメージ 5


2日前に青森市内のコンビニで購入した前売券
イメージ 6


芦崎湾の潮干狩りは正午まで
イメージ 7


熊手を使って潮干狩りを楽しむ人たち
イメージ 8


今年はなかなか引かなかった潮
イメージ 9


海面に山容を映す標高878.6mの釜臥山
イメージ 10


釜臥山の山頂に建つ航空自衛隊の巨大レーダー
イメージ 11


沖合まで進んで潮干狩りをする大勢の人
イメージ 12


潮が引かないときは熊手よりもジョレンが活躍
イメージ 13


芦崎湾にどこまでも伸びる細長い砂州の砂浜
イメージ 14


対岸にある「しもきた克雪ドーム」をズーム撮影
イメージ 15


鏡のような芦崎湾の海水面
イメージ 16


小さなハゼの仲間とご対面
イメージ 17


巻き貝を摑んで離さないヤドカリ
イメージ 18


砂の中に潜り込むチビトゲクリガニ
イメージ 19


掘っても掘ってもアサリは全く獲れず
イメージ 20


長時間にわたる激闘のあと
イメージ 21


波打ち際にびっしりとへばり付く岩牡蠣
イメージ 22


新鮮な岩牡蠣の剝き身
イメージ 23


寂しい結果に終わったアサリの収穫
イメージ 24


今年の芦崎湾潮干狩りは4月23日(土)に開催
イメージ 25

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事