ここから本文です
なんてな王国/グダグダ旅行・遠足の会
旅をした記録を写真に撮って掲載してみよう! という企画。

書庫全体表示

▼2009年10月4日

じゃじゃーん!もうね、毎週県外遠征に出掛けているたちんぽでございます(^^;
もう相手も知れてるでしょうから書きません(爆)

今回の秘密兵器はコチラ!

イメージ 1

デジカメの予備バッテリーでございます。

私が持っているカメラはご覧の通りイマドキにしては珍しいくらい容量が小さいバッテリーを使っていまして・・・毎週午後2時頃になるとバッテリー切れを起こしていました(笑)
とりあえず2本追加して3本体制になれば、さすがに1日は持つ事でしょう・・・
(泊まりがけになった時はホテルなどで充電すれば良いだけですしね)

イメージ 2

▼9:05

前沢SAにて休憩。
・・・と、駐車場にはポルシェ軍団が!

よし、真ん中に停めてみるか(ぉ



とまあ、図々しくもド真ん中に停めて写真を撮るワタシ。
丸目のライトが共通点あるからきっと大丈夫です!(爆)

イメージ 3

▼9:30

北上ジャンクションへ入ります。

写真を見ていただけると分かると思いますが、この日宮城―岩手は超が付くほどの快晴!!

しかし、天気予報では秋田と青森だけ雨との事・・・


本当に降るのかねぇ??
と二人で話ながら秋田道へ突入しました。

イメージ 4

▼9:55

秋田へ入りました!

・・・しかし・・・秋田道はなかなかどうして単調でヤラれますねぇ(>_<)

もちろん帰り道もここを通るので(しかも更に単調になる夜)
帰りが早くも思いやられますw




この時点では雲は厚めで、たまにパラッとくる程度の雨です。
これくらいなら別に大丈夫かな?って程度ですね。

イメージ 5


▼10:55

秋田南インターで降りて、向かうはイオンモール秋田店。
RAKERUというお店でオムライスを食すのです。


とても素敵な雰囲気のお店
(私見では「魔女の宅急便」の世界観のようなイメージ?)で、
オムライスもとってもいい感じだという事で、事前調査でここをランチ場所に決めてました(^^)

最近はYahooグルメなどの口コミサイトを見て、
事前にランチや晩御飯場所を決めて旅行してます。
皆さんからすればすごく当たり前の事かと思いますが、
私のようなグレートジャーニーを基本とするタイプの人間からすれば、文明開化?人類の進化??

イメージ 6

じゃじゃーん、こちらは私が頼んだ「KUKUキャベツとツナのオムライス」です。


なかなかおしゃれよね〜♪(何故かOLの気持ちになる私
とても優しい味で、コーンスープもコラーゲンたっぷりとの事。


・・・二人で
「こんな感じの店、宮城にもあればいいのにねぇ〜きっとウケるよねぇ」
(・ω・)(・ω・)
と言ってましたが、実はイオンモール名取エアリにあるという事がサイトを調べて分かりました(^^;

・・・と書きましたが、
2009年8月で名取の店は閉店されてました(汗)


▼12:05

早めのランチを済ませて、一路目的地を目指します。

そういえば今回の目的地はまだ言ってませんでしたね^^;
まあ、もう少しで分かります(笑)


というか、カンの良い人ならもう感づいているかも!?

イメージ 7



・・・と、市内で給油を終えた途端
誰もがビックリするような豪雨に見舞われましてねぇ(汗)




ワイパーを全開にしても前が見えません(´Д`;;)

イメージ 8

この豪雨、15分くらい続いてフッと止み(というか自分達が雲から抜けた)、見えてきたのはセリオンというタワー。
何かの施設なのかなと思ったのですが、純粋に物産店やスカイラウンジがある娯楽施設のようですね。


なんか曇り空のせいでちょっと怖い建物に見えてしまうのが残念(^^;

イメージ 9

街中を抜けまして、一路向かうは男鹿市!!

そろそろ目的地の予想も付いたでしょうか・・・(笑)

イメージ 10

おっと、またしてもタワーですよ!
秋田人はタワー好きなのかねぇ。

こちらは休憩場所に選んだ「道の駅 てんのう」にある「天王スカイタワー」です。


これまた曇り空のせいで残念な見え方になっちゃってますね(汗)
あまり秋田の宣伝に貢献できてないようなレポートですいません(^^;:;;;

イメージ 11

▼12:50すぎ

男鹿市へ入りました!!
と、この頃から一気に天気が回復、
今度はクソ暑くなりましたw

(´ω`;)フゥ・・・
(´ω`;)フゥ・・・


男鹿市へ入ると、大きななまはげさんがお出迎えしてくれます。
画像に入っている軽バン車と比べていただければ、なまはげさんの大きさが実感できるかと思います(笑)

イメージ 12

▼13:05

と、そろそろ今回の目的地を。


またしても水族館ですww


今回は男鹿半島の端っこにある「男鹿水族館GAO」という所へ突撃。
水族館大好きっ娘のさいどさんからのリクエストです。

2004年にリニューアルオープンしたとの事、とても綺麗な施設で楽しめるらしいです。
とても楽しみだ〜♪


とりあえず往路は半島の真ん中を突っ走る「21km」コースを。
復路は海沿いを走る「29km」コースを選択することにしました。



で、半島の中央部をひたすら走る事30分・・・

イメージ 13

▼13:35

あっという間に男鹿水族館GAOへ到着!!(爆)


途中ほとんど車がいなくて、スイーッとしたスピードで走ってました(爆)

イメージ 14

上の写真でも分かるとおり、本当に半島の端っこに建ってる水族館でして、駐車場からも日本海が一望できます。


波も穏やかで、今日の天気は
雨予報だった割りに綺麗な写真もいっぱい撮れて
良い感じ♪

やっぱり私達は「旅の神様」が憑いているのでしょうか(笑)

イメージ 15

おっと、駐車場付近にはマリア像が。

なんだろうなと思って調べてみたら、日本海中部地震で亡くなられたスイス人女性の慰霊のための像だったんですね。

イメージ 16

入り口へ向かうと、アシカの餌付け時間だったようで、玄関先でパフォーマンスが。
私達まだお金を払ってませんけど・・・(笑)

とまあ、最初からイベントを見る事ができてラッキーなのでした♪

イメージ 17

そして入場料を払って最初の水槽へ・・・


ぐわー!!スゲー!!!


施設に入って最初の水槽がコレというのは、普通に感動しますなぁ・・・


左に写っている人間の高さと比べて見れば、いかにこの水槽が雄大な物かが分かっていただけるかと思います。
そして、この水槽に対する魚の量・質のバランスがスゴく良いのです。

ぶっちゃけ、中にいる魚の名前がどうとか生態がどうとか、そんな事分からなくても普通に感動できる水槽です。

イメージ 18

更にこの水槽、ものすごく透明度が高いんです。

だから普通に写真を撮っただけで、
今までの水族館写真とは比較にならないほど鮮やかな写真が撮れてしまいます(^^)



写真だけ見ているとCGにも見えてくる・・・(^^;

イメージ 19

この時間は、水槽の中にダイバーが入って水槽内の魚達にエサを上げるイベントがあるので人が集まってきたのですが、ぶっちゃけみんなこの水槽を眺めてるだけで幸せ〜♪という気持ちになれるのか、座ってひたすら水槽を眺めてます(^^)


私たちもイベントが始まるまで、この水槽だけで20分くらいボケーっと眺め続けてました(笑)

まさにおとぎ話の絵のような水槽なのでした^^

イメージ 20

さあ、ダイバーさんが水槽に潜入してきましたよ・・・


っと、魚達が
全力でダイバーさんに向かって参ります(笑)



今まで一番優雅に泳いでいたカメさんが一番ガメついのには大笑いさせていただきましたww

イメージ 21

この水槽だけで何枚写真を撮ったか分からないくらいですが、その中でも一番のお気に入りがコチラ。


この写真、明るさ調整やコントラストを全く弄ってないんですよ。
(最近写真の修整・演出を色々やってますが、これはマジで普通に撮っただけです)


ここ1ヶ月で水族館水槽の撮り方を研究した甲斐がありました(笑)
でも、やっぱり水槽自体がキレイだから生まれた写真でしょうね♪

イメージ 22

本当、最初の水槽だけで何十分いたのか忘れましたが(笑)
他のコーナーにも行ってみましょう♪


他の水槽も施設自体が新しい事もあって、みんなキレイですねぇ。
魚達も基本元気いっぱいで、見ていて本当に幸せになれる水族館です。


こちらは2匹でずっとこっちを見ている魚さん。

案の定、名前は知りません(爆)

イメージ 23

イカさんです。

誰がなんと言おうとイカさんです。


この水槽にも何十匹となく住んでいて、みんな同じ方を向きながら泳いでいる(漂っている?)姿が微笑ましかったです。


イメージ 24

タコさんです。

誰がなんと言おうt(略


水族館のタコって普通あまり動いてるイメージが無いのですが、ここのタコさんは結構動きがあっていいですねぇ(笑)


さいどさんの頭の中にはずっとダースベイダーのテーマが流れていたようですがw

イメージ 25

こちらは・・・さて、何かな?(・∀・)?


魚のの名前が全く分からないながら、ここまで水族館を楽しめるヤツはなかなかいないのでは・・・?(汗)


さいどさんは横で色々説明してくれるのですが、
バカはなかなか覚えることができないようですorz


イメージ 26

淡水魚のコーナー(だったかな?(爆))を覗くと、プランクトンを食べているフナさんが・・・。


お食事中失礼します♪
パシャリ(´▽`)

イメージ 27

こちらは私だって知ってますwメダカですね。

メダカって水族館にいるような魚じゃ無かったハズなんですが・・・いつの間にか希少種になってしまったんですよね。


確かに私(1976年生まれ)があちこちの川で見かけたのも、幼稚園の頃までだったかもしれません。

イメージ 28


こちらの水族館では、ハタハタの研究・飼育に力を入れているようです。
調べてみると、ハタハタは秋田県の県魚なんですね。納得です。


ハタハタは漢字で書くと、鰰(魚に神)と書くそうです。
いつもは全く姿を見せない魚が、お正月になると突然大群で岸に押し寄せることから神様から恵みの魚である、という敬意の証、だそうです。
(水族館内説明文より)

イメージ 29

こちらが上の写真で書かれている、今年の7月に産まれた卵だそうです。

まだこちらでも飼育を始めたばかりで、試行錯誤の状態のようです。

イメージ 30


こちらは水族館でふ化して育っている「海を知らないハタハタたち」です。

これからはこの水族館で本格的な繁殖を目指しているそうです。

イメージ 31

さて、2階へ上がります。
最初は「サンゴ礁の生き物」コーナーです。


こちらもエスカレーターを上がるとデデン!!と見えてきます。
こういう見せ方・演出の仕方が素晴らしいなと思います^^

エスカレーター自体はなんか微妙な感じでしたが(^^ヾ

イメージ 32

こちらでも当然、キレイな写真が簡単に撮れてしまいます・・・

デジカメのバッテリーとメモリーは十分な余裕を持ってこちらに来ることをお勧めしますw

イメージ 33

こちらはスペース中央にあるサンゴの水槽。
色鮮やかでとても綺麗ですね。

イメージ 34

サンゴ礁が繁殖するような地域では、やっぱり魚の質も違いますねぇ。

なにせ色が綺麗っす。
水色に紫や黄色の魚は反則的に栄えますね(笑)

イメージ 35

か・・・可愛い!!
チンアナゴというらしいです(さいどさんに電話で聞いたw


2匹でこっちを見られたらハニャーンとなってしまいますがな・・・(笑)

イメージ 36

ガオー!

主張しまくりの雰囲気と顔立ちですが、さて名前が分かr(略

イメージ 37

ウツボさんの口をアカシマシラヒゲエビさんが掃除しております♪(当然さいどさんに電話で聞いたw
(´▽`)

ウツボさんがとっても気持ちよさそうです〜

イメージ 38

コーナーは変わりまして、ゴッツイ魚たちですw


こちらはピラルクさん。デカいのになると3mくらいになるらしいですが、掲示板には現在175cmとありました。

イメージ 39

毎週?水族館の方が計測はやっているようですが、私達も計測できるようにメジャーが置いてありました。


こういう物が置かれていると何故かワクワクする女性が一人・・・

イメージ 40

うおぉぉー!!

両手を広げて測ってみるさいどさん。


しかし一人で計測するのは無茶がありますなww

イメージ 41

楽しんでる姉さんは置いて進もうとすると・・・


さ「たちんぽさんやたちんぽさん?メジャーが巻きとれないんですがww」

た「('・c_・` ;)」

さ「見てないでさっさとなんとかしなさいよ!!(ツン)」

た「('・c_・` ;)キコキコキコ・・・」

さ「フン!・・・終わったらさっさと行くわよ!!(ツン)」

た「('・c_・` ;)」




デレが無い・・・(笑)

イメージ 42

おっと、一息コーナーです。


ここから見る日本海は、どっからどう見ても○サスの世界ですね(笑)


今にして思えば、
この時すでに青空は消えていた
んですねぇ・・・(笑)

イメージ 43

こちらの水族館には人気者のホッキョクグマ、豪太くんがいます。

テレビで紹介されて一気に知名度が上がったみたいですね。

イメージ 44

おおっと、早速豪太くんがいらっしゃいますよ!

なんてな王国のみんなも連れてくれば良かったな〜なんて思っていると・・・

イメージ 45

豪太くんから王国へアピールが!!

こちゅるへ早速電話・・・


こ「もちろんOKでこ〜っちゅ!今度こちゅる達も会いに行くから少し待ってて欲しいでこ〜っちゅ!」


だそうで。
これは次回、なんてな王国としてもう一度遊びにこないといけませんね!!

次のページへ

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事