あるじのタワゴト

たわごとです。お気になさらないように。たいてい、酔っ払って書いています。ごめんね。

春風駘蕩

なんや昨日のライブ[酒井美絵子+一ノ瀬大悟+puyo+稲葉一将]
とても気合が入ったし、空回りもせず、がんばれた感じに浸っている。酒井さんの休業前最後のライブということであったから、うまくやって送り出したかったし、酒井さんの良さを出してほしかったし、一緒にやる楽しさを味わいたかった。夫婦でやるというのもいいよなあ。自分では、満足できた。できることはした。出来がいいかどうかはわからないけれど、それはさておき、自分には最高の出来だったかもなあ。酒井さんのドラムは、すごくいい。こちらの全力を引き出してくれる。一ノ瀬くんのベースは、強靭で、全力にさらに輪をかけさせられる。この二人とのおかげで、いい演奏ができた。よかった。そうして、ゲストの稲葉くんのテナーサックス、強力で凄かった。思わず、嬉しくなってしまった。いい音で爆発力があって。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

開く コメント(0)

春爛漫

なんや昨日のライブ[樋口智美/神一重/幻一郎そしてKenzo]
とても刺激的なライブだった。とてもおもしろいライブだった。先鋒の樋口さん、ここのところ、最後にやる「遺言」をラスト前に持って来たと思ったら、最後は、連獅子を思わせる熱唱で締めくくる。すごいなあ。神一重さん、その世界が美しい。切れが良いね。幻一郎Kenzoさん、これがまた、すごい。漫談とも言えるような歌詞で、笑える。パーカッションの出すノリによって小気味いい。パーカッションのみによる弾き語り。3組ともアンコールが出て、いいライブでした。(神一重さんの写真撮り忘れました。)
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

開く コメント(0)

4月21日(日) ライブ 19:30〜 2500円
  早川岳晴(b)ソロ
イメージ 1
ベースだけのソロで、1時間半以上のライブを構成する技の持ち主は、そんじょそこらにいるわけではない。聞かせるだけの技巧が必要だし、一気に持っていく感情も必要だ。それと、経験も必要なのかもしれない。早川さん、ベースでのソロ演奏が、板にばっちりついていて、伸び伸びとしていて、鮮烈。

慶応大学哲学科の頃、片山さんに連れられて生活向上委員会に参加。はちゃめちゃを覚える。同バンドでメインボーカルを務める。梅津さんに気に入られ、ドクトル梅津バンド、以降梅津さんとのバンドはずっと続く。チャボにも好かれている。藤掛さんとの崖っぷちセッションや自ら率いるHAYAKAWAも有名。
そのベースのその素晴らしい弾きっぷりは至高だが、無邪気さを失わず持ち続けているところが究極。(注:一部デタラメです)

開く コメント(0)

ぜひ、お越しください。酒井さんとやるのもしばらくはないし。
イメージ 1

開く コメント(0)

いい天気でした。

月・火・水、と長野へ行って来ました。とても天気が良く、青空が素晴らしくきれいで、月夜も美しく、ちょうど桜が満開で、道すがらの桜があちこちできれいでした。ドライブのし甲斐が倍増です。そして何と言っても山がかっこいい。いつもの戸隠鏡池はまだ全面結氷中で白い雪の原でした。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3





開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事