ここから本文です
天然砥石のブログ
日本の伝統を守っていきまっしょい( ´ ▽ ` )ノ naoaki7028@gmail.com

研ぎ動画upしました(^^)

https://youtu.be/oQXSVEPHLQ4

解説

試し研ぎをした鉋は新潟三条の清久さんの寸八、白一です。

少し切れ止んだ状態で、裏が少しダレた状態。

先ずは頂#3000で表から研ぎました。
裏ではがダレですいますので返りが出るまでは研がず次の#6000で返りを出すイメージです軽く研ぎました。

次は継#6000です。裏ではのダレをとるために裏からも研ぎます。ここで裏はリセットされ、返りが出ます。出し過ぎ注意です。
次は継#8000。裏を仕上げながら表のキズも小さくしていきます。

仕上の奥殿巣板。
裏を仕上げます。更に表も仕上げていきます。

最後に田村山。
表を中心に仕上げます。
最初は奥殿の泥を利用して研いでいましたが、裏から返りを出す取る時に異物感を感じたのと、水分量が多かったので、流して泥出しやり直しました。

原因は研ぎ台がかなり汚れているのが悪かったっす(笑)

最近はこんな感じです^_^

この記事に

練習会をしました(^^)

イメージ 1

イメージ 2


前日にお片付けをして、、、

当日は、いつもの削り仲間、蔵王大会で同じ削り台になった大工さん、包丁仲間、鍛治仲間等々、みんなでワイワイ会です(^^)

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


そうそう!

以前から作りたいと思っていたダイヤの面直し(^^)

ようやく第一歩が踏み出せました〜(^^)

イメージ 7


経験から形状の設計をさせて頂きました(^^)


で、一流企業様は仕事が早い!


イメージ 8

イメージ 9

サンプル到着!!

なかなかのもんです!

使い心地や、ダイヤの持ち、平面の持続性などなど、使いながら調べていきまーす(^^)!

この記事に

長らくブログ更新をしていませんでした!

遊んでた訳じゃないよ(笑)

実は自宅横にあるみなさんに砥石を触ったり鉋で削ったりして頂く研ぎ場が狭くなってきたので思い切って物置きだった二階を改装していました(^^)

経費節減の為にDIYで(笑)

イメージ 1

イメージ 2


昭和初期からの物が山盛りでした(笑)

階段かけたり〜床、壁やり直したり〜

イメージ 2

イメージ 3



あ、ちゃんと砥石も加工してますよ(笑)

イメージ 4

イメージ 5


加工中は泥々、びちょびちょになるのでなかなか写真撮れません(笑)

んで、

結果、


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10



イメージ 11







子供達の夏休みの遊び場になりましたとさ(笑)

ちなみにアメバTVでキン肉マン見てます(笑)

この記事に

与板の準備

全然出来て無い(笑)

今年は関西から仲間と一緒に行きます(^^)

僕的に今回のメインはナベ鶴鉋のデビューでしょう!

このスーパー鉋でどれだけ頑張れるか!!

イメージ 1


頑張ります(^^)

あとは、アンケートを実施します(^^)

イメージ 2


今後の人造砥石開発のヒントにしたいと思います(^^)

抽選でプレゼントがありますよ〜(´∀`*)

この記事に

久しぶりの更新です(^^)

お久しぶりです(笑)

最近の現状ですが、色々と課題を見つけて奮闘しております(^^)

まず、色々な人とお話しをする中でよく勘違いをされているなぁと感じる事があります。
それは、
「尚さんは研ぎが上手い」
って事です(笑)

実際にはそんなに上手く無いです(笑)(笑)(笑)

ちなみに僕は研ぎのスペシャリストではありません(^^)
特に包丁に関してはテクニックゼロと言っても良いと思います(^^)

鉋は趣味です(笑)

包丁に関しては月山さんに教えて貰ったら上手くなるかと思いますが、研ぎの考え方や理想の鋼の状態、理想の形は話し合っても技術的にな事は一切聞きません(^^)

理由としては、同じ仲間で同じ研ぎをしても意味が無いと考えているからです(^^)もちろん、技術を習ってそこからオリジナルな形にして行く方が早く上手くなるし、効率的なことはわかっていますが、あえて違う考え方で攻めてみたいと思ってます(^^)

それの方が僕らしいです(笑)

まぁ、僕は石屋ですから、石屋としての目で研ぎに真摯に向き合って行きたいという気持ちも強いですしね(^^)

で、包丁研ぎの試行錯誤中の僕ですが、石屋としての観点から包丁研ぎの補助的なアイテムを開発中なんです(^^)

それは、「研ぎ粉」

僕は鎬を美しく仕上げるのが超苦手で、何とかならないかと思っている中、月山さんと話をしていると自然とその話になってこの様な悩みは色々な所である様で、

では開発しちゃおう
という流れです(笑)

コンセプトとしては、天然砥石屋らしく天然素材で造る事です(^^)

試作段階ですが、こんな感じです(^^)

イメージ 1


#1000で研いだ柳刃です(^^)

イメージ 2


エクボもありますよ(笑)

イメージ 3

イメージ 4


粉つけてゴシゴシします(^^)

イメージ 5

こんな感じです(^^)

イメージ 6

こちらの画像は切先が#1000のまま、写真の根元側が研ぎ粉仕上げ。真ん中辺りが境目です(^^)

更に仕上げまでかけて鋼はピカピカ、地金は、ムラムラ状態で磨いてみたら、、、

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


綺麗じゃないっすか(^^)??

もう少し改良してより使いやすいものをと思ってます(^^)

皆さん、こんな補助具は欲しいっすか??

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事