昭和的心の遺産を求めて・・・

私の生まれ育った南房総を中心に、昭和的な物・情景などを綴って行きたいと思います。

全体表示

[ リスト ]

ちびくろさんぼ

     ちびくろ・さんぼ    
 
The Story of Little Black Sambo
 
 
イメージ 1
 
  私が「ちびくろ・さんぼ」のお話を読んだ、あるいは聞いたのはおそらく幼稚園の頃だと思う。
  と言うのも最初は自分で絵本を読んだのか、それとも紙芝居で聞いたのか?記憶がないのです。
  それでも、40年以上経っても「ちびくろ・さんぼ」の物語をしっかりと覚えているのは不思議ですね。
 
イメージ 2
 
以前、子供の頃に出会った「ちびくろ・さんぼ」に会いたくて絵本を集めたりしましたが・・・
こどもの頃、最初に出会った記憶はよみがえって来ませんでした。
 
イメージ 3
 
 日本版「ちびくろ・さんぼ」は、岩波書店が1953年に第1刷を発行したものが元祖となります。(写真右)
 その後、岩波版の「ちびくろ・さんぼ」を基に日本の多くの出版社が「ちびくろ・さんぼ」を発行していまし たが、ある事を切っ掛けに1988年から翌年にかけて、一斉に廃刊となってしまいました。
 しかし、1999年に径書房から「ちびくろさんぼのおはなし」として再刊され、2005年には瑞雲舎から
 岩波版「ちびくろ・さんぼ」の復刻版が刊行されました。(写真左)  
 
イメージ 4
 
  紙芝居の「ちびくろさんぼ」1965年・教育画劇発行 右下には京都市の幼稚園の蔵書印が見える。  
イメージ 5
 
紙芝居の「ちびくろさんぼ」全12枚の一部 当時の価格・380円
 
        私と「ちびくろさんぼ」の最初の出会いは紙芝居だったような気がします・・・
        やさしい幼稚園の先生が読み聞かせてくれた・・・そんな思いです。
        ちなみに、君津市に古くからある○○幼稚園では現在でも当時の紙芝居で
        「ちびくろさんぼ」を初め色々な紙芝居を園児たちに聞かせております。
すばらしいですね!
 
イメージ 6
 
人種差別問題後に刊行された「チビクロさんぽ」1997年・北大路書房
 
  それでは、何故「ちびくろ・さんぼ」が廃刊になったのか?の件についてふれてみましょう。
  1988年、「ちびくろ・さんぼ」が廃刊となる切っ掛けを作ったのは、日本のデパートに黒人の特徴     をひどく誇張したマネキン人形が置かれていることを報じたアメリカ紙「ワシントン・ポスト」の記事
  でした。これを読んだ大阪在住の方が「ちびくろ・さんぼ」を出している出版社に人種差別の絵本
  だとして軒並み手紙を書き、廃刊を訴えました。そして、最大シェアを誇っていた岩波書店が真っ
  先に廃刊にしたのを皮切りに、各出版社も連鎖的に廃刊に踏きり、日本語版の全てが絶版となっ
  てしまったのです。
 
でも、これってどうなんですかね?
 
  日本の多くの子供達に親しまれて来た「ちびくろ・さんぼ」を人種差別の本として、大した議論も
  なされないまま「絶版」にされてしまったことは、非常に残念でなりません。「ちびくろ・さんぼ」を
  読んで人種差別だと感じますか?少なくとも「ちびくろ・さんぼ」の本を買ってやったり読んでやっ
  たりする親や幼稚園の教論は「差別心」を持ってこの本を子供に与えていたとは考えられない
  です。
 
  「ちびくろ・さんぼ」が差別的であるかどうかを判断するためには、何をもって差別的とするかを
  明らかにされねばならない。
  1、西欧社会において歴史的に黒人への蔑称である「サンボ」が使われている。
  2、イラストにステレオタイプ化された黒人像が用いられている。
  3、ストーリーが黒人を野蛮人として描いている。
 
  以上の3点が差別的な表現であるとされ、この差別表現を修正した上で出版されたものが
  「チビクロさんぽ」です。
  1、長い間黒人に対する蔑称であったとされる「サンボ」を、小さな黒い犬の名前で「チビクロ」に
    変える。
  2、原話がジャングル内の散歩にまつわるものであることから、タイトルに「サンボ」と語感の良く
    似た「さんぽ」=散歩をあてて、タイトルそのものも原作との連続性を確保することが試みられ
    ました。上手い!
 
        「チビクロさんぽ」は差別的な表現を上手く修正した絵本だと思います。
        が・・・何かインパクトが弱い感じ・・・
 
     やっぱり、「ちびくろ・さんぼ」は「ちびくろ・さんぼ」じゃなきゃネ!
 
2005年に完全復刻版を書店で見た時は本当に驚きました!
 
そして・・・
 
イメージ 7
 
「ちびくろ・さんぼ」と同じころ姿を消した
 
「カルピス」の商標
 
これって人種差別ですか?
 
子供のころ、このマークは人間だとは思っていませんでした。
 
玩具メーカー「タカラ」の商標
 
ダッコちゃんも消えました・・・
 
 

閉じる コメント(28)

顔アイコン

お!邪太郎さん
確かに虎は、高速回転でバターになります!
そう子供の頃は信じておりました〜
「次週のウルトラマンは仮面ライダーをお送りします」の写真は
何処から持ってくるのか・・・傑作イイね!

2011/10/31(月) 午後 9:00 [ じのもんた ]

顔アイコン

プリン社長さん
ソノシート付きのものは知りませんでした。
当時雑誌の付録等に付いていたペラペラなやつですかね〜
じのもん吉が幼稚園で「ちびくろさんぼ」の紙芝居を見た
と言った時は驚きました。レトロな幼稚園ですネ!(笑)

2011/10/31(月) 午後 9:11 [ じのもんた ]

顔アイコン

こんばんは、
私を食べてくださいと焚火に飛び込んだ兎の話を、
手塚治虫のブッダかな?で同じような話がありました。
「月の兎」と言う話ですね。
たぶん。
こんな宗教的な話が、教科書にあったのかと、それはそれで驚きです。

2011/10/31(月) 午後 11:46 [ 花の一つ ]

顔アイコン

花の一つさん
情報ありがとうございました。
先程「月の兎」で検索したところ、
話しの内容が、私の探していたものと一致していました!
私が読んだのは手塚治虫のものではありませんでしたが、
兎が取った行動を当時の小学生は、どのように受け止めて
いたのか気になるところです・・・
ありがとうございました。

2011/11/1(火) 午後 6:50 [ じのもんた ]

顔アイコン

アフリカぞうのぱぉんちゃんさんこんにちはぱぉん!
日本のぱぉんちゃんです。

ちびくろサンボでそんな論議があったぱぉんねぇ。ぱぉんちゃんも、虎がくるくる回ってバターになっちゃったてオチしか覚えてないぱぉん。人種差別的なイメージはなかったぱぉんだけどなぁ・・・・。

むかし「那智黒」っていう飴で、ばあさんと男の黒人さんが、
「♪なちぐろ〜」っていう歌に合わせて、円台?みたいなところで踊ってたCMがあったぱぉん。
子供の頃の記憶ぱぉんだけど、さすがにそれはいかがなものかと思った覚えがあるぱぉん。ご存じないぱぉんですかねぇ・・・・。

なんにしろ、人種差別の問題は何時になっても根深いものがありますねぱぉん。難しい問題だぱぉんぱぉん・・・・。

2011/11/2(水) 午後 3:57 ぱぉんちゃん

顔アイコン

日本のぱぉんちゃんへ
アフリカでは「那智黒」のCMはやっていなかったぱぉん!
でも、YouTubeで検索したら観れたぱぉん!!
関西系のCMで昭和48年から流れてたみたいぱぉん!
ローカルっぽい、おもしろいCMぱぉんね!
こーゆーの大好きぱぉんよ!
アフリカのぱぉんちゃんより。

2011/11/2(水) 午後 7:24 [ じのもんた ]

顔アイコン

え?
トラはバターになったんですか?
ケーキだと思ってた(爆)


え〜
じのさんの質問への回答で〜す

ウサギの話は手塚治虫の『ブッダ』にも確かにありますが
元の話は『ジャータカ物語』の中の「ウサギの話」です
仏教の教えを分かり易く説く本で
昔は絵本があったかも
桃豹は自分では持ってなかったけど
この中の話をいくつか読んで覚えています

じのさんの仰るものとは全く同じストーリーではありませんが
キツネ・カワウソ・猿・兎が仲間うちで
修行の真剣さを競って人にどれだけの施しをできるか試すお話

兎はお釈迦様の前世の菩薩の生まれ変わりだったので
他の動物より智恵があり、かつ正直だったために
人とはくらべものにならないほどの施しをと考え
予め火をおこさせて自ら飛び込んだということです

この考え方は仏道では「捨身(しゃしん)」の思想で
他に捨身飼虎のお話もあります

『ジャータカ物語』どこかに売ってるかな?

2011/11/3(木) 午前 1:39 桃豹

顔アイコン

『月の兎』という本はありますか?
ウィキペディアにちょっと書いてあるだけで
書名検索しても???
今昔の天竺編暇なときにひっくり返そうかなぁ

2011/11/3(木) 午前 1:48 桃豹

顔アイコン

どうもです〜ぅ!

出来たバターでお母さんがホットケーキを作ったと・・・

記憶してます・・・

サンボは100枚食べました・・・(笑)

2011/11/3(木) 午前 10:00 [ タカさん ]

顔アイコン

桃豹さん
情報ありがとうございます!
やはり基となるのは宗教的なお話だったのですね。
私の祖母は熱心な仏教徒だったので、頷けます。
当時私が読んだのは、題名が月の兎だったのかは解りませんが、
ジャータカ物語のうさぎの話からアレンジされたものかも知れませんね。
挿絵はあったけれども、絵本ではなかったように記憶しています。
あ〜もう一度読んで見たいです〜

2011/11/3(木) 午後 6:02 [ じのもんた ]

顔アイコン

タカさん
ご訪問ありがとうございます!
はい、その通りです!
「さんぼ」のお母さん「まんぼ」が虎バターでホットケーキを焼いてくれたのです。
なんか、ホットケーキ食べたくなって来ました〜
また遊びに来て下さい・・・

2011/11/3(木) 午後 6:14 [ じのもんた ]

顔アイコン

トラバターのホットケーキとな?

明日はホットケーキ焼いて積み上げようっと!

ジャータカ物語
今でも子供向けの仏教絵本って
複数の宗教団体で作っていますけど
じのさんの思い出の本は・・・見つけるの難しいですねぇ


桃豹はまだ字もろくすっぽ読めない2歳の時に
祖母が善光寺さんにお参りに行って
宗教絵本を買ってきてくれて
それを読んでました
初めは読めなくて祖母や母にせがんで
読んでもらってましたが
今思うとすっごい難しいお話でした〜(−−;

でも内容は鮮烈に覚えています
表紙がぼろぼろに破けるほど読みましたねぇ

2011/11/4(金) 午前 8:53 桃豹

顔アイコン

アフリカのぱぉんちゃんさん

わははは〜!YouTubeでぱぉんちゃんも見たぱぉん!見れるんですね〜ぱぉん!
S48年からと聞いてびっくり。ぱぉんちゃんが見たのはもっともっと後だぱぉん!(年齢が・・・・!汗)
面白いぱぉんね。記憶のイメージと若干雰囲気が違ったけど、またやってほしいかも。ぱぉん。

2011/11/4(金) 午後 2:33 ぱぉんちゃん

顔アイコン

桃豹さん

ホットケーキ積み上がってますか〜
ホットケーキミックスのパッケージのホットケーキってマジで旨そうでした!
子供の頃、あのぶ厚くて四角いバターが乗っかったホットケーキに憧れました。
家では、どうやってもあの厚みが出せなかったんです〜

2011/11/4(金) 午後 8:48 [ じのもんた ]

顔アイコン

日本のぱぉんちゃんへ

YouTubeは色んな動画が観れて楽しいぱぉんね!
懐かしい那智黒のCM観れて良かったぱぉん!

2011/11/4(金) 午後 8:57 [ じのもんた ]

顔アイコン

ホットケーキの厚み出すには
型に流し込んで焼かない限り不無理です

ふっふっふ
おやつに焼かねば〜(^m^)

2011/11/5(土) 午前 7:32 桃豹

顔アイコン

桃豹さん
二度寝もうお目覚めですか〜
睡眠不足は肌荒れの原因?ですぞ・・・

2011/11/5(土) 午前 8:37 [ じのもんた ]

顔アイコン

桃豹んちにホットケーキ
積み上がってまっせ〜(爆)

「そこに山があるから」の記事に
ホットケーキ12枚焼いた画像があります(^^)

2011/11/6(日) 午前 1:22 桃豹

顔アイコン

「ちびくろさんぼ」絵本の表紙が懐かしい。
壺に入れたトラのバターがうまそうだった。今でもあのバターで作ったホットケーキ食べたいと思う。
それにしてもどう言う利権が働いてるのか知らないけど人権擁護団体とか名だけのくだらない偽善者が現れ全くつまらなく嫌な世の中になったものです。
差別?意味解らん。何言ってんのこのくだらない馬鹿共達は。
教育問題でも賞味期限でもその中でファジーで置いておけば良かった部分までわざわざ掘り下げてしまった為に余計におかしなことになってしまったように思えるのは私だけでしょうか?

2014/8/15(金) 午後 9:38 [ jg3*yd ]

顔アイコン

jg3*ydさん
ご訪問とコメントありがとうございます。
幼少の頃の絵本の思い出って、ちびくろサンボしかないんです。
それ程インパクトが有ったんですけどねぇ・・・
岩波書店が廃刊に踏み切る前に、もう少し議論が必要だったのではと思います。
良く言えば大らかだった昭和の時代、確かに現代社会の過剰すぎる程の規制や法律に無理や無駄が発生している様に感じています。

2014/8/18(月) 午前 9:44 [ じのもんた ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事