なお爺のひとり言

一期一会の出会いを大切に 満89歳の卒寿になった、なお爺 これからも よろしく

全体表示

[ リスト ]

   明治天皇崩御  明治から大正に 
       明治45年(1912)7月30日

イメージ 1


   明治天皇崩御

   明治天皇の崩御を、
   宮内省が「明治45年(1912)7月30日 午前0時43分 
   心臓麻痺により崩御遊ばさる、誠に恐懼の至りに堪えず」と 午前1時過ぎに発表、
   ここに明治時代の終わりが告げられた。

   実は、天皇崩御の時間は、実際は 29日午後10時43分であったが、
   儀式・国務の都合で、2時間遅らせて発表し、その直前の 午前1時に
   皇太子嘉仁殿下(よしひと32歳)が新天皇になる
   「践祚の儀」(せんそのぎ)が執り行われた。

  
   明治天皇の大喪は、大正元年9月13日、東京・青山斎場殿(現・明治神宮外苑)で行われ、
   霊柩は翌日、天皇御陵となる京都・伏見桃山陵へ向かった。 
   写真は桃山陵道にさしかかった霊柩。
イメージ 2

   明治5年に撮影された束帯姿の明治天皇。 20歳の時。
イメージ 3

   最晩年の明治天皇。 天皇には、ポーズをとった写真は少ない。
イメージ 4


   明治45年7月末の日本列島は、何とも重い空気がたれこめていた。 
   20日に天皇睦仁陛下(むつひと59歳)が
   糖尿病の悪化で重症の尿毒症にかかっていることが判明し、
   「東京朝日新聞」が「聖上陛下御重体、14日より御臥床あり」と
   号外を出していたからである。

   天皇睦仁陛下は、7月初旬から体調を崩し、10日の東京帝国大学卒業式には、
   いつもは直立不動でのぞまれるのだが、椅子で臨席。 
   15日の枢密院会議では居眠りをして、議長の山県有朋(74歳)が床を軍刀でたたき、
   目を覚まさせる一幕もあった。
   「宮城前の草原には、陛下の病気回復を祈る人々の群れが、朝から晩まで続いた。
   彼らは草の上に座って神仏に祈祷し、胸を打ったりお辞儀をしたり、
   また泣いている者もあった」 と 生方敏郎著「明治大正見聞史」

   
   明治天皇の御遺体に対する最後のお別れは9月12日から宮城で行われ、
   各界の名士3000人が拝礼した。 写真は参内の様子。 
イメージ 5

   大喪の日、人々は別れを告げるために、朝早くから沿道に出て、霊柩を待った。 
    写真は警視庁前で。
イメージ 6


   嘉永5年(1852)9月22日、孝明天皇の第2皇子として誕生、16歳で皇位を継承、
   それ以後、明治維新から大日本帝国憲法の発布、教育勅語の発布、日清・日露戦争、
   宮中大改革と、天皇は黎明期の近代日本を疾走してきた。
   「伊藤博文をはじめとする元老に自分が神格化され、政治利用されていることを
   明治天皇は十分意識していた。
   軍服姿の堅苦しいイメージが強いが、実際は自由闊達で一本気、ユーモアも解する人物で、
   その人柄は、多くの人々に敬愛されていたようです」と語るのは、京都大学・飛鳥井雅道教授。

   質素倹約のため、宮中の照明を電燈から西洋蝋燭に替え、
   日露戦争前には、伊藤博文に
   「朕がロシア皇帝に親書を送っても、戦争回避はだめか?」とたずねた明治天皇。
   風貌、人柄ともに、『大帝』の風格を備えていたといわれる。
   第29議会は早速、大喪費1、505、389円を可決、
   青山斎場殿(現・明治神宮外苑)での斂葬(れんそう)(本葬)など3ヶ月にわたる
   大喪(たいそう)が始まった。


   崩御の前年、明治44年11月14日、九州・久留米郊外で実施された
   陸軍特別演習での明治天皇。 写真中央
イメージ 7

   燕尾形正装。 明治5年、九州巡幸の際に着用。 明治天皇が洋服を着用した最初のもの。
イメージ 8

   明治天皇が愛用された遺品の御文庫。 竹製である。
イメージ 9

   粟田口綾子へ天皇から下賜された煙草盆。 黒塗金蒔絵花鳥山水之図
イメージ 10



   乃木大将殉死

   この年9月13日、午前7時、乃木希典陸軍大将(のぎまれすけ62歳)(学習院院長兼務)の
   東京・赤坂にある邸宅を写真師が訪れ、軍服姿の乃木大将と静子夫人(54歳)を撮影。 
   午前10時、夫妻は明治天皇の遺体が宮城を出立して青山斎場殿に運ばれる
   「殯宮祭」(ひんきゅうさい)に参列。
   邸宅に戻って、夕方には夫人の姉、娘と4人で赤ワインを飲みながら晩餐をとり、
   家人に大喪に出かけるように勧め、夫妻は2階の居間に上がっていった。
   「今夜だけは・・・」・・・
   階下にもれ聞こえる夫人の声と、夫妻の強い調子の会話、奇妙な静粛・・・
   異変を察した家人が居間へ入ると、夫人は、胸に短刀を突き刺したまま、
   うつ伏せに倒れていた。
   大将は礼装の上着を脱いで、軍刀で腹部を左から右に斬り、
   その後、喉に刀を突き刺し、右から左に一気にはねていた。 
   部屋は血でひたされていたという。

   乃木大将は死の数日前に、皇太子迪宮裕仁殿下(みちのみやひろひと11歳 昭和天皇)を訪ね、
   君子論が記された山鹿素行の「中朝事実」など2冊を贈呈。 
   軍事審議官の大将らに、別れの言葉を残していた。覚悟の殉死であった。 
   「うつし世を 神さりましし 大君の みあとしたいて 我はゆくなり」
   辞世の句と遺書が、自決現場に残されていた。


   9月13日、大喪の日 乃木大将夫妻は礼装に身をかため記念の写真を撮った。 
   同日午後、夫妻は自刃する。
イメージ 11


   「明治10年、西南戦争で軍旗を奪われ、
   更に明治37年の日露戦争では、大量の戦死者を出す。 
   軍事的には無能という定説があった乃木大将を、常にかばったのは天皇でした。 
   殉死は、乃木の天皇に対する愚直なまでの忠誠心と個人的愛情が原因だったとおもいます」 と
   語るのは京都大学・飛鳥井雅道教授。

   乃木殉死は庶民に賞賛され、乃木神社まで創建されることになるのだが、
   同時にその死は、様々な論議も呼んだ。


   夏目漱石は「こころ」の登場人物に、
   「(死ぬ機会を待っていた乃木さんにとって)生きていた35年が苦しいか、
   また(刀を腹へ突き立てた)刹那が苦しいか、どっちが苦しいだろうと考えた」 と語らせた。
   森鴎外は「興津弥五右衛門の遺書」の中で乃木の武士道をたたえた。
   一方で、志賀直哉は、8月14日の日記に、「馬鹿な奴だ」と殉死を冷ややかな眼で見ていた。

   
   乃木の殉死は、皮肉なことに、乃木の天皇への素朴な敬愛の情とはかけ離れたところで、
   政治的に利用されることになる。

   すでに政治的、軍事的な権威者であった天皇が、国民の生命までも左右する存在へ飛躍する
   きっかけになったのが乃木の殉死であった。
   これ以降、天皇にすべてを捧げるのが、「明治の精神」と言われるようになった。
   神秘化によって、天皇に不可侵の権力を持たせ、裏で実権を握ってきた政治家や軍人が、
   今度は、軍備拡大や帝政の定着に乃木殉死を徹底利用するのである。
   天皇のより近くへ・・・・このような策略が大正から昭和にかけて、
   絶対的な権力「統帥権」を持つ天皇をめぐっての熾烈な政争へと発展していった。
           〈参考資料 日録20世紀〉

閉じる コメント(3)

顔アイコン

明治天皇!一般人とて、これほどアホ面した者を、見かけることは難しい-
______________________

天皇自身がもっとも卑賤であると、私は受け止めています。

万世一系も人類史上に存在しなければ
天皇が【馬の骨】であったことを、
明治天皇も、昭和天皇も、承知している筈です。

▼昭和天皇は脳性麻痺の大正天皇の子供ではありません。
私は明言いたします。

▼藤原不比等により、日本書紀において、
持統天皇までの1300年間一系が謀られました。

▼そのために、存在しない【聖徳太子なる架空の人物】が
つくられました。

2010/2/19(金) 午後 3:12 1082001(紫音) 返信する

顔アイコン

> 1082001(紫音)さん
日本人としてこれほどアホなコメントを観るのも珍しいwww 削除

2015/7/3(金) 午前 0:00 [ coco ] 返信する

顔アイコン

> 1082001(紫音)さん
どこの国のクズかしらんが、出て行け 削除

2019/1/3(木) 午後 10:49 [ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事