なお爺のひとり言

一期一会の出会いを大切に 満89歳の卒寿になった、なお爺 これからも よろしく

全体表示

[ リスト ]

   昭和20年8月のこと  その5

   広島 長崎 原爆投下

   昭和20年8月6日 午前8時15分 アメリカの原爆搭載機B29「エノラ・ゲイ」から
   投下された、一個の爆弾が、広島市の上空約600mで炸裂。
   一瞬の閃光に熱線、熱風で全市が一瞬のうちに廃墟となった。

   この日の広島は、気温26.7度、湿度80%、北の風、風速0.8m、うす曇り
      (広島管区気象台)、
   蒸し暑いいつもの夏の朝であった。

イメージ 1

イメージ 2


   広島は西日本第一の軍都。 
   東京をはじめ全国各地の主要都市が、米軍機の空襲を受ける中、その時まで無傷であったが、
   8月6日、30万市民の不安は現実のものとなった。
   戦争中とはいえ、あまりにも大きな犠牲と代償であった。

   午前7時9分、広島県下に警戒警報が発令。 7時31分に警戒警報解除。
   解除と共に、各機関に配属の兵士達は任務につき、軍需工場や勤労奉仕隊は、
   今日の作業が始まった。
   午前8時9分、松永防空監視哨は、市の西北方向へ進行中の米軍大型槻3機を発見、
   8時14分中野探照灯台で大型機の爆音を聴取。  (「原子爆弾」仁科記念財団編)

   爆心から東南東5.3km付近で爆発の習慣を目撃した記録は、
     「ピカッと強烈に光った物体が、満月くらいの大きさで透明なオレンジいろ、
     その周りに輝く光の輪が次々と八つほど出来た。外側の輪が地上に接した瞬間、
     大きな火柱が立ちのぼる、それを中心に火災がひろがると見た瞬間、光は消え去った。
     そして爆発音が響き、熱風が襲ってきた」 (「広島原爆戦災誌」第3巻、山本稔氏)と、
   その驚きを記している。

   爆心地から2kmで被爆した18歳の少年の手記には、
    「背中に火がついて燃えているのに、一生懸命走って逃げる10歳くらいの生徒、
    背中が燃えていると注意しても、振り向きもせず形相厳しく去った。・・・・
    水ぶくれになった片目はしるが出ている奥さん、破れた真っ黒のモンペ姿。
    子供はどうしただろうか、後ろを振り向き振り向き逃げてきた。誰の口からも、
    これは大変だ、早く市街に逃げよう。連れて行ってくれと、足の不自由な老人の叫び。
    顔全部が火傷して水ぶくれのように腫れて、目が見えないようになった兵隊さんが、
    水をくれ水をくれと叫んでいた。 座ったまま片手に空の水筒を持っていた。・・・・」

   熱線と熱風により、広島は7時間にもおよぶ火の海と化した。 
   午後4時ごろ、火災は弱まり、硝煙と熱気が立ちこめる中、
   やっと本格的な救助活動が始まった。 
   死体や重傷者を学校や病院などの救護所に収容するのがやっとであった。              

   翌々日8日の「朝日新聞」は、
   大本営発表7日15時30分として、
   「昨6日広島市は敵B29少数機の攻撃により相当の被害を生じたり。 
   敵は右攻撃に新型爆弾を使用せるものの如し。 詳細目下調査中なり」と
   報じたのみであった。
   この爆弾が公式に「原子爆弾」と判定されたのは、
   8月15日に日本がポツダム宣言を受諾して、無条件降伏した後の、
   8月20日、大本営調査団による陸海軍合同研究会議でのことであった。

   原子爆弾「リトル・ボーイ」はウラニューム爆弾で、直径71cm、長さ3.05m、
   重さ4トン、TNT火薬12.5キロトン相当で、被害は甚大なものであった。  
   後になって、昭和52年(1972)、国連事務総長には、
   熱線、爆風、放射能などによる死者の数は14万人(誤差1万人)と報告された。

   そして8月9日、二発目の原子爆弾が 長崎 に投下され、
   死者約7万人の悲劇が繰り返されたのである。

イメージ 3

イメージ 4


   何故原爆は落とされたか???
   ポツダム宣言受諾を拒否し、戦争を続行しようとした日本を、
   無条件降伏に追い込むためであり、
   また8月8日ソ連が日本に宣戦布告、ソ連軍が破竹の勢いで満州の国境を突破したため、
   ソ連参戦の影響力を最小限に抑えるためであった。 
   また、10万人以上の労力と莫大な量の資材、
   205億ドルの費用を掛けた開発(「原爆はこうして作られた」から)の最終段階を迎え、
   その成果をドイツ降伏後の日本で試したという点も否定できない。
                       参考資料  講談社発行 日録20世紀

これが戦争の悲惨さです。 目をそらさずに見てください。 平和を祈ってください。

イメージ 5

イメージ 6

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事