なお爺のひとり言

一期一会の出会いを大切に 満89歳の卒寿になった、なお爺 これからも よろしく

全体表示

[ リスト ]

   埼玉:川口 38 青木氷川神社

   青木氷川神社

   青木氷川神社は川口市青木5丁目にある、地元青木町一帯の鎮守様である。
   氷川神社は棟札によれば文明2年(1470)、元亀2年(1571)寛永4年(1627)と
   3回改営され、署名は芝郷上青木村氷川社と記録されているという。

   昔、応永年間(1415)に大田氏の勢力化に在った武蔵国の村々で、交易市場が開かれた。
   その開催を始めるに当り「祭文」が読まれ、その中に交易を行なった多くの地名が記されていた。
   この近在では、蕨、指扇、与野、鳩ヶ谷、野田、大門などの里とともに「青木」の地名があり、
   「祭文」は武蔵国の生活圏を知る上での貴重な史料であり、
   青木市場はこの青木神社付近であったという。

   青木氷川神社は、別当として大学院、般若院の修験寺を持っていたという、由緒ある神社である。

   境内には明治初期、不二道孝心講の熱心な信徒により、富士講信仰の「富士塚」が築かれ、
   中道に多くの碑がある。

   境内末社には、磯前神社(七福神の大黒様、また大国主命)、
   不動尊堂(修験道の本尊・不動明王)、天神社(学問に神・菅原道真公)、
   三峰神社(伊邪那岐命・伊邪那美命)、稲荷神社、古峰神社(日本武尊)などが神社本殿を囲み、
   回遊式に参拝できるよう配置されている。
   御神木は樹齢400年以上の「大ケヤキ」で、大木を抱え深呼吸することにより、
   「気枯れ=穢れ」(日常の悩み・ストレスなどの気が枯れた状態)から「元の気=元気」に成る
   「木」から「気」を頂くことであるという。

   青木氷川神社

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


   天神社
   地元の鎮守様に祭られた天神様は、氏子にとって大きな励み。
   地元受験生・就職活動学生にとって頼もしい支援者。
   シーズンには参拝者が大勢詰め掛け、ゆっくり参拝できる。
イメージ 4

イメージ 5


   稲荷神社・古峰神社
   稲荷神社は「稲成り」「稲生まれ」として五穀豊穣を祈願。 
   転じて商売繁盛、家内安全などの守り神。
   古峰神社は日本武尊で、東夷を平定した英雄として、除災招福の神。
イメージ 6


   富士塚

イメージ 7

イメージ 8


   御神木の大ケヤキ

イメージ 9


   川口オートレース場
   日本全国、その道の通であれば、誰でも知っている川口オートレース場は、青木氷川神社の隣。
   いや、オートレース場正面広場の、道路を挟んだ西隣に、青木氷川神社は鎮座する。 
   レース開催日とも成れば、多くのファンが集まり、豪快なエンジン音がこだます。
イメージ 10


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事