なお爺のひとり言

一期一会の出会いを大切に 満89歳の卒寿になった、なお爺 これからも よろしく

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

健康:闘病の記録  その51
 「帯状疱疹」 発疹
 
今日 2月14日(木曜日)
帯状疱疹を発症して丁度10か月、 
未だ後遺症に悩まされている。
病状は以前と比較すれば、格段に回復しているが、
「帯状疱疹」を発症した部分は、
皮膚が突っ張るような感覚で、未だ感覚が鈍い。 
しかも、時として無性にかゆくなり、我慢の限界を超すと、
パニック状態で掻きむしり、後に痛さが残り、
何とも耐えきれない状態になる。

その為に,いまだ「ペインクリニック」の診療を
打ち切ることができない。
ペインクリニックの先生は、
現在治療の峠は越えて、その時は一回一回の
治療の効果が、顕著に表れたが、
今は毎回効果が殆ど表れないが、確実に回復している。

もう少しの辛抱! と励ましてくれるが、
回復の遅さにいら立つ毎日である。

「神経内科」の医師から、回復には1年かかると言われたが、
今頃納得。
焦らず、後2・3か月掛かる積りで、毎日を送ることになる。

その「神経内科」の治療は、昨年8月16日に
  メチコバール錠500μg 11錠 13回毎食後 63日分
    ビタミンB12 を補う薬で、末梢神経障害を改善する薬
メチコバール錠63日分の処方で診療を卒業した。

現在他の診療は、一昨日の2月12日、
2か月振りに受診した「眼科」。
視力検査・眼圧検査等々うけて、順調に回復とのことで、
3か月後の予約をし、処方箋を受け取った。   
眼科診療会計   ¥720
 院外処方箋
  ティアバランス点眼液0.1%5ml毎日4回両眼点滴6瓶
   眼の乾燥を防ぎ、角膜を保護する目薬
  アレジオン点眼液0.05% 毎日4回両眼点滴 10ml
   アレルギーを抑える薬
 院外処方箋会計  ¥630

現在診療は「ペインクリニック」
ペインクリニックは、昨年末12月に1週間に1回・毎週金曜の
ペースで治療を受けていたが、今年1月から2週間に1回の割、
隔週金曜日のペースで治療を受けている。

後遺症は頑固にへばり付いてはいるが、
確実に回復しているのである。
  ペインクリニック」診療会計  ¥460
 
その他の治療に、
4週間ごとの「前立腺がん」の治療の、
「腎・泌尿器クリニック」での治療が重なる。
 
気分の良いときに、ブログを整理して、
後日の参考にして置くことにする。 

所得税の確定申告の時期に来ている。  
1年間の医療費を整理すれば、どうやら今年度は、
医療費控除の対象に成っている?  
高額医療費にはならないが、申告すれば僅かながら、
数千円の還付金が受けられるようだ。
 

健康:闘病の記録  その50

      「前立腺がん」 に思う
 
今日は平成30年12月18日、
前立腺がん治療のリューブロリン注射薬を、定期的に投与する日
であるので、「腎・泌尿器クリニック」に行く。

診察室に呼ばれ入室して、
「お世話になります。 
先生、帯状疱疹が、まだ完治していないのですよ。
ペインクリニックにまだ行っています。  
最近は週1度金曜に行っていますが、
すでに55回も通っています」

「専門外なので、何とも言えないが、
見た目は病人には見えないが!」

「神経内科の先生から、快復まで1年掛かると
言われましたが、本当の様です。
その上「痛み止めリリカ」の副作用、
目の視力減退・ボヤケもまだ快復していません」

「色々と苦労していますネ!    
ところで前回採血の検査結果が、出ています」 
と 「採血検査、3月14日・7月4日・11月20日との
・検査結果一覧表」    をコピーして、手渡された。

「非常に良い結果が出ています。  
検査結果 PSA基準値 0.00〜4.00 のところ
H30.11.20採血 0.008   
H30. 7. 4採血 0.008
H30. 3.14採血 0.141
で、前回同様3月の医療センター紹介状での
検査結果 PSA値 10.13 と比較し、飛躍的な
改善結果が出ています。」

「只、LDLコレステロール基準値 70〜139 のところ
 H30.11.20採血 156  
 H30. 7. 4採血 165  
 H30. 3.14採血 142   です。
気懸かりな数値では無いが、今後の検査結果に、
注視すべき数値と思われます」

「その他の項目では、大方基準値内にありますから、
心配はいらない」

「では、何時もの注射をしましょう」 
と下腹部に注射を受ける。

「次は1月15日。  来年も引き続き治療を致します。  
良い正月を迎えて下さい」 
の声に礼を述べ、診察室を出る。

受付で会計し、院外処方箋票と、次回予約票を受け取る。

次回診療予約は、4週間後の1月15日(火曜日) 午前中

 

  本日の診療会計  ¥2880  (負担額 10%)

 


院外処方箋の薬は、ドラグストアで貰う。

   ピカルタミド OD錠80mg「ニブロ」  1日1錠
     (カソデックス錠80mg のジェネリック薬)

1日1回 朝食後 28日分

  本日院外処方箋薬の会計 ¥1000 (負担額 10%)

 

 


 


健康:闘病の記録  その49
 「帯状疱疹」 発疹
 
とうとう12月になってしまった。  

現在の病状は、
帯状疱疹は依然回復していない。

ペインクリニックは、当初5月・6月は集中治療ということで
月・水・金の週3回治療。
やや回復ということで7月・8月は月・金の週2回治療になり、
9月からは金曜の週1回治療になり、
すでに通院治療は50回を遥に超したが、
病状回復の兆しはあるものの、未だ恢復の実感は全くない。

治療開始前に何時も、医師から額の左右を触った感覚の
強弱を尋ねられるが、依然左側の感覚が感じられない。  
いわゆる感覚麻痺が未だ続いているのだ。

そして、左側の額から頭頂にかけて頭皮下に、
まだ残るジンジン・ピリピリ・チクチクと、
帯状疱疹特有の痛みが、
発疹当時の強烈な痛みに比較すれば、
軽微とは言え残っているので、時には強烈に痛みを感じる。  

更に最近始末の悪いことには、その痛さの上に「かゆみ」が
加わり、「痛かゆさ」が加わり、我慢の限界を超すと、
パニック状態で掻きむしる。 
そのあとは、痛さが余計に加わり、
何とも耐えきれない状態になる。

更に悪いことに、11月上旬より物が見難くなってきた。
あまり気にもしないで生活するうち、20日頃、
歩行中に視力の中心近くが、ヤケにボヤケて、
歩行中の対抗者の顔が、スグ近くにならないと、
誰であるか見分けがつかなくなった。

おかしなことと思っていたが、医療センター皮膚科より
院外処方薬「リリカOD」が、「痛み止めの薬」として処方され、
1日朝夕2回・2錠ヅツ服用していたが、
ペインクリニックも「痛み止め」として同様に処方され、
続けて服用していた。

その「リリカOD」の、薬局から渡された説明書に、
「目の異常が認められた場合には主治医、
または薬剤師に申し出て下さい」
と最後に書かれてあった。

ペインクリニックの先生に、   
「このところ目の視力が、大分低下していて、
物がボヤケて見えます。  
薬局の説明書に目に異常があったら、
主治医に相談してくださいと、書かれていますが、
何か薬の副作用がありますか?」

「薬が末梢神経に関わり、特に視力の調節作用に
影響を及ぼしている可能性があります。  
薬の服用を半減して、様子を見ますか?」

「それならば、一時薬の服用を辞めます。 
視力が低下するより、痛みを我慢するほうが
良いと思いますので」
ということで、「痛み止め」薬の服用を中断した。

半年以上飲み続けた薬。 
薬の副作用も有るだろう。

中断して10日、その間痛みは変わらない。  
視力も未だ回復せず。   

焦らず回復を待つだけか???




健康:闘病の記録  その48
 「帯状疱疹」 発疹
 
  帯状疱疹は、8月に入っても恢復しない。  
 しかし僅かながらも、病状は恢復に向かっていることは
感じているが、まだまだ長い日にちが掛かりそうだ。  

 今病状は頭に集中している、無情にもまだ相変わらず
頭の中は、チリチリ・ジンジン・ピリピリと神経痛特有の痛みが
癒えずにいる。  
 発疹当時の激痛からすれば、些細な痛みではあるが、
それがかえって神経を逆撫でし、頭がクシャクシャして、
何とも堪らない嫌な感情になる。  
 その度に瞼が閉じたり開いたりするので、余計にイライラして、
何も手につかない状態である。  
 しかも額は鉢巻をしたような感覚と、まだその皮膚は
麻痺が癒えず、感覚が鈍く、最近はその皮膚にかゆみを覚え、
かきだすと止まらず、後にチリジリ・ビンビンと何とも堪らない
感覚になる。
 
 有難いことに、体力は大分恢復している様で、
食事も充分取れている。  
 
 痛み専門のペインクリニックには、5月半ばより通院している。
「集中的に治療をしましましょう」 と、
5月・6月は月・水・金の週三日、
7月以降は月・金の週2日のペースで、
すでに30回程の治療を受けている。
 首の付け根の急所に、少量の麻酔薬を注射し、神経ブロックし、
「帯状疱疹の痛み」の緩和を図る治療法である。 

 8月に入り、
「目もパッチリ開いてきたので、今日からスッキリ効果的な方法を
執りましょう」 
「いよいよ、本丸の攻撃ですか」 と私。
「その様な治療かな!」 と先生。

 そして、左目の眉毛の根元に、皮下注射を施された。
しばらくして、頭の痛み・モヤモヤが段々と薄れて、
頭の中が整理されてきた。
 
 暫くぶりの快感であった。  何時まで持続するのか?
 
 帰宅し、患部を触って気が付いた。  
 今まで左目から額・頭頂まで、皮膚が麻痺しているとは言え、
頭骨にペタリと密着していて、チリチリ・ピリピリ時々悪さを
していたが、眉毛の根元に治療の皮下注射をされて、
患部がハッキリと帯状に、境界が分かる程の、感覚のない皮膚が、
あたかも只の皮の様な感覚で、頭骨に浮いたように覆っている。  
 すぐに剥がして、取り替えたい様な、変な感覚である。
 
 麻酔が切れたら、元の状態に戻ってしまうのか?
 
 頭の中が、やや整理された状態が、終日続いたが、
翌日また以前の状態にと、逆戻りした。
 
 今3度ばかりこの様な状態の繰り返しを、治療の度にしているが、
回数を重ねる度に,病状が僅かに恢復しているようである。
  
 皮膚の感覚が僅かに戻り、その為に「かゆみ」も戻ってきて、
頭の中が「かゆみ・痛み・モヤモヤ」と、現在頭の中がグチャグチャ、
新たな格闘が始まった。

 ペインクリニック診療会計 
        毎回  ¥460  (負担額10%)
 
 ペインクリニック院外処方箋  
        ピリカOD錠 25mg   1日2回 
        朝・夕食後服用 2錠   14日分
院外処方箋薬の会計  ¥530 (負担額 10%)
 
  


健康:闘病の記録  その47


 「前立腺がん」 に思う


 


  今日は平成30年8月1日、前立腺がん治療の
リューブロリン注射薬を、定期的に投与する日であるので、
「腎・泌尿器クリニック」に行く。  

 
      「闘病の記録 その42 及び 43 前立腺がん」に記載後、
      「帯状疱疹」を発疹して、いきなり「闘病の記録 その44」で
      「帯状疱疹」発疹の記録を記載したので、 前後の連携が
      とれていないことをお詫びいたします。



診察室に呼ばれ入室して、


「お世話になります。 
先生、帯状疱疹が、まだ完治していないのですよ」


「専門外なので、何とも言えないが、
見た目は病人には見えないが!  
まだ、あのクリニックに行っていますか?」



      5月9日、前立腺がんの治療薬リューブロリン注射薬の
      定期的投与の日、 帯状疱疹の強烈な痛みにつき相談して、
      現在治療を受けている 「痛み専門治療・ペインクリニック」を
      紹介された。



 「56月は月・水・金、7月からは月・金と、
集中的に治療を受けて、すでに30回以上治療を受けています。 
 大変楽には成りましたが、現在左目から頭頂にかけて、
病巣が悪さをしています。 
まだ恢復に時間が掛かるようです」


 「そうですか。 大分苦労してますね! 
ところで前回採血の検査結果が、出ています」 と
「採血検査結果リスト」をコピーして、手渡された。


         3月14日採血の検査結果と、7月4日採血の検査結果の一覧表


「非常に良い結果が出ています。  


免疫学的検査結果 PSA基準値 0.00〜4.00 のところ


H30.7.4 採血 0.008 
H30.3.14採血 0.141


で、3月の医療センター紹介状での検査結果 
PSA値10.13 と比較し、飛躍的な改善結果が出ています。」


「只、LDLコレステロール基準値 70〜139 のところ


  H30.7.4採血 165    
     H30.3.14採血 142   です。


気懸かりな数値では無いが、今後の検査結果に、
注視すべき数値と思われます」


「その他の項目では、大方基準値内にありますから、
心配はいらない」


「帯状疱疹を発疹したので、採血の検査結果が悪いと
思っておりました」


「では、何時もの注射をしましょう」


「ローテイションから、左下腹部ですね」 と
下腹部に注射を受ける。


「お大事に」 の声に礼を述べ、診察室を出る。


 


受付で会計し、院外処方箋票と、次回予約票を受け取る。


次回診療予約は、4週間後の8月29日(水曜日) 午前中


 


本日の診療会計  ¥2880  (負担額 10%)


 


院外処方箋の薬は、ドラグストアで貰う。


     ピカルタミド OD錠80mg「ニブロ」  1日1錠


(カソデックス錠80mg のジェネリック薬)


 1日1回 朝食後 28日分


本日院外処方箋薬の会計  ¥1000  (負担額 10%)


 


全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事