ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1

手塚作品は小学校の時にブラックジャックを読んでから入りましたが、それから読んだ作品の数々は、わりと晩年の代表作ばかりでした。アトムとか、初期の作品は、さすがに”古すぎる”イメージがあって読んでませんでした。

で、先日の手塚治虫展に行って衝撃を受けた影響で、手塚治虫漫画全集の「ジャングル大帝」全3巻を読んでみました。

すごいわ・・ 
何がって、絵と内容の濃さが。
1950年〜1954年発表の作者若干20代のときの作品だけど、半端ない。
特に絵とかはアシスタント制度が出来る前だから手塚治虫がほぼ一人で何から何まで全部描いてるはずなので、クオリティ高すぎです。

ジャングル大帝のイメージは一般に知られてるけど、実際の原作のストーリーがどういうあらすじになってるか知ってる人は少ないのではないでしょうか。

作者によると、このマンガのテーマは「大陸移動説」だそうです。

大陸移動説がまだ世間に知られてない頃の作品です。

月光石という、ダイアモンドの価値とプルトニウムの力を兼ね備えた至宝の資源を求めて、人間が血眼の争いを繰り広げます。
太古の昔、月光石の磁力線作用の圧倒的破壊力によって、分断された大陸、そして人類。

で、主役はおなじみのアフリカジャングルの動物たち、、
動物たちの眼を通して、人間が描かれます。
かなりSFでびっくりしました。

物語のスケールの大きさは、もう初期から特徴的だったんだなと感じました。

ラストがあんなに切ないとは知らなかった!

ちなみにライオンキングがこの作品の悪質な盗作ということは全世界におなじみの常識のようですが、全ての点において、比べるに値しません。
事実、ジャングル大帝の単行本が売れ続けている今現在、ライオンキングはただの流行りものとして世間からはすっかり忘れ去られてますからね。所詮コンビニ弁当みたいなもんだったんですね。


ジャングル大帝を読み終わって、これこそもしかして手塚治虫の最高傑作??と思ってしまったnaokatomoですが・・ どれも凄いからホント異常。


評価:★★★★★

この記事に

  • 顔アイコン

    確かジャングル大帝はアシスタントがいたと思いますが。。
    ちがったかな??
    かの藤子不二夫Aこと、安孫子先生も、最終回を手伝ったんですよ。^^

    mangakamama

    2009/6/3(水) 午前 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    >まんが家ママさん

    あとがきに藤子不二雄さん二人に手伝ってもらいましたと書いてありました!でも前半の原稿は紛失してしまって15年後に全部書き直したものらしいですね、その時はもうアシスタンド制度になってたかな・・?

    [ naokatomo ]

    2009/6/3(水) 午後 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    気持ちはわかるがほかの作品をけなしたり煽ったりするのはよくないかと・・・

    [ kur*su*u*inngus* ]

    2012/12/16(日) 午後 7:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事