ここから本文です
NSG RAILWAY
資金温存期間
20年ほど前に購入した、TOMIX EF66 100の旧製品。
品番でいうところの2124です。

https://blogs.yahoo.co.jp/naoki8254/17862135.html

箱違いで付属品がなくナンバーなしが続いていましたが。。。

なんと、レボリューションファクトリーというメーカーからナンバープレートが発売されているではありませんか!
TOMIX用やKATO用で何種類か設定が分かれているようですが、とりあえずTOMIXの前期用を買えばいいかな!

というわけで、先日の関東お泊まり出張時にIMONにて購入しました。
800円もしましたが、ナンバーなしから脱出できるなら!

イメージ 2



今回の宿泊地は大宮、大宮、大宮?
TOMIXのショールームがありますね。
あれ、まだ営業時間内だし行ってみるか!

イメージ 3



で、たまたま部品在庫リスト見たら。。。
品番違いの最新の製品ですが、EF66 100(前期用)の付属品が売られてました。

イメージ 4

ナンバープレート以外に、手摺やホイッスル、信号炎管も入って400円。
さすがにナンバーはレボリューションファクトリーのものより少ないですが、純正ですし取り付けやすいのではないか?
というわけである意味ダブりですが購入です。


問題は、最新の製品用のものが旧製品に合うのかというところですが、ぱっと見問題なさそう。
とりあえずトライしてみると。

イメージ 5

ナンバーは、先日関ヶ原へ撮影に出かけた際に目撃した101号機を選択。
運転台下のナンバーは最新用のほうが少し分厚いようで段差が生じています。
裏を0.5ミリくらい削ればフラットになる気がしますが、そんな工作技術はないので今回はそのまま。
ちなみに側面は気になりません。


本来の目的は達しましたが、せっかく他の付属品も手元にあるので今回は手摺を取り付けてみます。

イメージ 6



手摺の位置は実物の写真を参考に決めて、穴開けします。
まず画鋲で位置出しをして。

イメージ 7



0.5ミリ刃を装着したピンバイスで慎重に穴開け。

イメージ 8



開けた穴に手摺を押し込んで取り付け。

イメージ 9



ホイッスルと信号炎管は、ボディにモールドされていて削らないと別パーツ化できないので今回はやめておきます。


で、完成!

イメージ 1



スカートやカプラーまわりは旧製品丸出しですが、手摺が付くだけで男前になります。
ナンバーも20年以上越しで装着できてよかったです。

この記事に

開くトラックバック(0)

木曽あずさ

社員旅行での自由行動日に「喜多方ラーメン一人ツアー」を催行し、その疲れが残っていて体調が微妙なところにこの撮影を強行したがために追い討ちをかけてしまっていましたが、ようやく復活してきたので9月9日(土)に強行した「木曽あずさ往路撮影」についてアップロードします。


7月からの信州デスティネーションキャンペーンに合わせて運転された「木曽あずさ」はこれまで学校行事や会社行事と重なって撮りに行けてませんでしたが、9月9日(土)、10日(日)の運転がラストチャンス!
9日(土)の早朝に三重県を出発、疲れのたまっている体にムチを打ちながら国道を延々北上し、長野県入り。
今回は長男が一緒なので、迷惑を掛けないようできるだけ人の少ない撮影地を探して、スタンバイ。


やってきたのは普通列車。
イメージ 1

次は貨物がやってくるはず!
が、来たのは383系しなの。
イメージ 2

で、次に貨物がやってきて。
長男は初めてみるロクヨンセンの重連に興奮です。
イメージ 3

そして本番。木曽あずさ。
イメージ 4
イメージ 5

そしてまた383系しなのを撮り、、、
イメージ 6
私も長男も満足したので、帰宅の途につきました。


帰り道に猛烈な疲れに襲われながらも無事に帰宅。
食欲はあったので晩御飯を食べたのですが、寒気が止まらず。
夜間救急に車を走らせ診察してもらったところ、39度弱の高熱。
翌10日(土)は家で安静にしたおかげで熱は下がったものの、猛烈な虚脱感。
11日(月)、12日(火)と定時で仕事を終わらせ、13日(水)、14日(木)の東京出張に備えたのでした。。。


ちなみに、同行した長男も体調が悪くなるか?と心配しましたが、ピンピンして元気そのものです。

この記事に

開くトラックバック(0)

そして品川へ

会津若松から乗車の磐越西線快速列車。
フルーティア連結の堂々たる6連でしたが、自席の確保と疲労が原因で後尾の普通車しか撮れず。。。

イメージ 1



郡山からE721系4連に乗車し黒磯へ。
写真はありませんよ、疲れてましたから。


黒磯から宇都宮まで205系!
こんなところで走ってるんですね。
写真はありませんよ、疲れてましたから。


宇都宮から品川までE233系。
グリーン車に乗るか迷いましたが、踏みとどまりロングシート車で耐えました。
写真はありませんよ、疲れてましたから。


郡山から品川まではホント疲労との戦いでした。



平成初期に父親と2人で東北から磐越西線へ旅行しましたが、当然当時の車両とは全く異なってます。
455系、715系、DD51と50系なんかはもう見かけなくなりましたね。

この記事に

開くトラックバック(0)

旅の目的は、、、

新津から磐越西線を東進し、今回の旅の目的地である喜多方へ。

イメージ 1



イメージ 2

ラーメンを食べる!
が目的でした。
お店が多くて迷いましたが、お腹に余裕があればハシゴしたいところですね。


駅に戻り、会津若松を目指します。
で、会津若松行きと行き違いするのは、、、

イメージ 3

ばんえつ物語号。
(カメラの時計少し遅れてるのに今気づきました。)

携帯で撮影したのは

イメージ 4

です。

そして会津若松に到着。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



お土産を売店で購入し、いざ郡山を目指します。

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

新潟県新津から

水上から乗り継いだE129系を宮内で降りて、信越本線で新津を目指します。

イメージ 1


やって来たのは115系。

イメージ 2

車内はなかなかの混雑ぶり。


そして鉄道の要衝、新津に到着。

イメージ 3


ここから磐越西線にて東進します。

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事