ぷすぷすイセッタ日記

みなさんよろしくおねがいしま〜す

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
もう、今度こそは当分はエンジンを降ろさなくてよいように(毎回言ってますが・・・)

気になるところは全部チェックしてみたいと思います。

まずは、ブローバイ以外の場所からのオイル漏れ箇所。

クランクシャフトのシールからかなり漏れているのは明らか。

リムーバーなんて専用工具は持ってないので、原始的な方法で挑みます。

ピンバイスで小さな穴を開け、ちょうどいい大きさのタップビスを立てます。

奥に金属のスプリングがあるのでなかなか入りづらいですがグリグリねじ込みます。

しっかりネジが効いているのを確認してからペンチで引っ張ると

イメージ 1

スポンという音とともになんとか抜けてくれました。

この作業、後で気が付いたのですが、どうせクランクケースを開けるんだったら

裏から押し出せば済むことでした(笑)

そして、新品のシールを圧入。シリコングリスを外側、内側に塗りこんで

真っ直ぐに入るようにエンビバイプの切れ端などをあてがって慎重に

ハンマーで少しずつ打ち込みます。

イメージ 2

きれいに入りました。

イメージ 3

今回、初めてクランクケースを開けましたが、ざっと見る限りは

チェーンの状態、オイルの循環など問題なさそうです。

イメージ 4

内部にカスが落ちないように慎重にシール剤の残りを取り除きます.

次に前回、洗浄したオイルフィルターの状態を見てみます。

イメージ 5

オイルは思ったより汚れてましたが、フィルターやオイルパンには

気になるものは見つかりませんでした。

せっかく前回、しっかり洗浄したのですが新品が手に入ったので交換します。

イメージ 6

右が新品。写真では判りづらいかもしれませんが、かなり網の目の細かさが

違います。新品のほうがずいぶん粗いのでオイルの吸い込みは良くなるでしょうが

細かいゴミは通ってしまうでしょう。とりあえず取り付けて様子を見てみます。

イメージ 7

交換終了。

前回、シリンダーボアの測定をデジタルノギスでやってましたが

これでは正確に測れないとの事。さっそくボアゲージを注文して

現在、到着待ちというところです。

イメージ 8

ポッカリ空いたエンジンルーム。エンジンが無いと意外と広いんですね。

エンジン分解

ようやくまともに走ってくれるようになったヒゲちゃんですが、

ここ数ヶ月ブローバイからのオイル噴出が激しく、先日は20kmほど

しか走ってないのにオイルが500mlも減っていました・・・・

他の場所もいろいろ漏れてきているので、ここらで根治治療を、となったわけです。

せっかくのシーズン到来なのに・・・と嘆いている暇も無く早速作業開始!

今回は今までとは違ってギアボックスはそのままにして、エンジン本体のみ

降ろす作戦にしました。こうすると随分いろいろな手間が省けるのです。

イメージ 1

しかも、今回はなるべく腰に負担をかけないよう、後で外す予定の部品を

先に取り外して準備完了。

イメージ 2

これは楽ちん。30分ほどでエンジンが出てきました。

イメージ 3

久々にみるカバーを外した状態のエンジン。

イメージ 4

ん〜、あちこちから漏れてます。

イメージ 5

ヘッドカバーを外したところ。今回はタペット調整もしないと。

イメージ 6

いよいよピストン登場。ブローバイからのオイル噴出は

シリンダーとピストンのクリアランス増大が疑われるようです。

肉眼でもかなりクリアランスが広いような気がします・・・

シリンダーを抜き去りピストンを露出させると

イメージ 7

やはり、先日の焼きつきのダメージか、かなりの傷。

イメージ 8

今回のために購入したデジタルノギス。

さっそく測定しました結果、シリンダーの最大値が72.46mmに対して

ピストンが72.41mmでした。

ん〜、これはリングだけではなくピストン交換でしょうか。

今日は時間切れ、ここまで。

おやすみなさい・・・・

フォーゲル復活!

イセッタがようやく何とか走ってくれるようになったので

ここらで、長年放置状態のヤマハ「フォーゲル」を走らせようと思います。

このバイクは25年ほど前にホンダのモンキーやゴリラに対抗してヤマハが

作った2ストレジャーバイクで、タンクの容量がなんと10L!

原付なので給油をまったく心配せずにどこまでも行けるのが売りです。

さて、作業開始。

といってもミッション付きといえども原付なのでキャブとオイルポンプのOHで

あっけなくエンジン始動。あとはバッテリーを交換、ブレーキランプを調整して完了。

イメージ 1

チャンバーのサイレンサーがすっぽ抜けていて爆音炸裂状態だったので

あわててノーマルマフラーにチェンジしました(笑)

一日かけて作業するつもりが1時間で完了。おまけに外は素晴らしい秋晴れ。

とあっては出かけないわけにはいきません。

早速、六甲越えルートで神戸へ向かいます。

イメージ 2

復活後いきなりのハードなコースにヒーヒー泣いているエンジンをよそに

美しい木立を楽しみます。

イメージ 3

山頂のホテル前で一服。

そして、神戸に到着。

イメージ 4

北野美術館や

イメージ 5

ディープな高架下商店街をブラブラと

イメージ 6

今、いちばんのお気に入り「カリープルスト」

ドイツから取り寄せたソーセージに独特の甘みのあるカレーソースが

かかっています。バイクじゃなきゃここでは必ずドイツビールセットを

いただきます。小さなお店ですがここは絶対穴場です。


秋晴れの神戸を満喫して帰路へ。

フォーゲル君は元気に復活してくれました。

イメージ 7

帰り道に見つけたかわいらしい花。
秋晴れ、というには厳しすぎる暑さの中、京都高雄で行われている

サンデーミーティングに行ってきました。

前日までイセッタ参加を目指してがんばってましたが

やはり点火タイミングがイマイチ決まらず断念しました。

イメージ 1

常連さんあり、お初にお目にかかる珍車ありで昼前まで

楽しい時間を過ごしました。

今回のお気に入りは

イメージ 2

こんなのも・・・

イメージ 3

会場の皆さんは旧車いじりのエキスパートさんばかりなので

またまた沢山のアドバイスをいただけました。

次回こそはイセッタで参加したいと思います。
今日の大阪は35度を超える猛暑日。

ですが、そんなことはお構いなくイセッタ仲間のjunshinさんの

写真展&イセッタ展示会に行ってまいりました〜。

イメージ 1

ディープ大阪のど真ん中、天神橋筋商店街にあります民家を改造した

いい感じのアトリエです。

イメージ 2

玄関入り口に従兄弟さんのイセッタが展示されています。

イメージ 3


さすがによく整備されていてエンジンも、とてもトルクフルな響きが

していました。点火装置にいろいろ工夫をされていましたので

ぜひ参考にさせていただきたいと思います。

猛暑にもかかわらず、たくさんの方が入れ替わり立ち代りいらっしゃって

大盛況でした。

サプライズはなんと、姫路からおタンさん、そしてお近くのYさんが

イセッタで到着!天神橋筋商店街にイセッタが3台並びました。

イメージ 4

美味しいビールとイセッタ談義に花が咲き、最高に楽しい休日となりました。

またぜひ、集まりましょうね!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事