なおままのにっき

神戸在中★子供達も社会人に!孫欲しいです(^_^;)

なおままのにっき

すべて表示

ストレス性発熱

事故してから半年。
ずーーーっと微熱なんです。

最初は膝の骨に亀裂が入ってるからなんだと思っていたら…1ヶ月続くのはおかしい。と整体師の先生の勧めもあって血液検査を。

ストレス性と診断されるまで、色々と回った事。まず、解熱剤が一切効かないのが難点。

弊害は…暑くて舌が乾いて目が覚める。喉が乾くでなく、舌なんですよ(^^;;

これで痛み止めを飲まずに寝て膝、太腿も痛めば三重苦で最悪の寝起き(・_・; 薬飲み忘れるなよ私

イメージ 1

↑何十年ぶりかに体温計購入。老眼の野郎めが…に対応してか、OMRONさんから文字が大きい電池交換可能な体温計に飛びつきました。20秒計は楽チン

---------------------------------------------

それはさておき、内科の先生に質問をぶつけてみました。私の平熱は35.2〜35.6℃ まぁ、これを伝えますと、ある医師から言わせれば「微熱ですね」ある医師は、「38℃あるようなもんですね」で、医師の考え方が異なるのは、どう捉えたらようのか?と聞いてみました。

●まず、医学書によって違う。
沢山の医学書があって、大学やら学んだ専門書が異なる。

●医学的には微熱
人間の身体の基準と考える。例えば手術をするとして、直前に37℃だったら手術に耐えられないとする判断基準。予防接種もそうですよね。納得。

●体感的にと捉える
医学的には微熱だが、本人の平熱自体が低い事から体感的には微熱以上と考える。

でした。とても納得させられました。細やかな説明をわかりやすく話してくれる医師は貴重ですよね。

先生に感謝。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事