ウルトラマラソンチャレンジ2

チャレ富士4LAKES 12時間切りを目指す
精進湖の途中で70キロ地点通過していました

08:56:13ラップ1:37:41ここまでで最遅精進湖苦手、データにも現れています。

139号を渡り、第5関門、第22エイド旧精進小学校へ向かいます。ここのエイドは118キロの選手は必要ですが、100キロの選手は関門通過の為に寄る感じでした。コース変更により(工事中)なんだか距離調整の様な往復で気持ちがちょっと疲れました。

今迄は北麓公園から離れる方向に進んでいましたが、ここからはやっとゴールに向かって走れる〜って感じです。

まだ距離はタップリ有りますが・・・

昨年までは、あまり時間を気にした事は有りませんでしたが、今回はこの辺りから時間が気になりだしました。

関門通過は最終関門のステラシアターもクリアできそうですが、ステラシアターからの上り下り約5キロの激坂を考えると残り45分の通過時間では、自分のペースの落ち方では絶対無理なので、最低でも1時間は余裕を持ってステラシアターを通過しなければできたら1時間半欲しいなぁと考えていました。

地味にキツイ赤池大橋を一生懸命登って行きますが、本栖湖をクリアして来た118キロの選手が力強い走りで抜いて行きます。そして、自分より15分遅くスタートしたピンクゼッケンの選手も

第23エイドを通過すると、やっと下り基調になりましたが膝がピキピキ思うように進めません

139号を再び渡ると、野鳥の森公園への下り坂です。今迄歩いていた周りの選手達が一斉に駆け下って行きます自分はこの取り残された感このまま全員に抜かれてビリになるんじゃないだろうか・・・なんて思ったりしてスタート前にエール交換をした女性3人組に抜かれるのも時間の問題だな〜。

ほとんど走れませんでしたがなんとか第24エイド、復路の野鳥の森公園へ到着。

時間が気になってとてもうどんは食べられず、給水だけで通過しました。

右折して復路の西湖に入ると、少しの間山の中といった感じで気持ちは良いけど身体には辛く、なかなか距離が進みません。

時計とにらめっこしているうちに80キロ地点通過。10:29:30ラップ1:33:17ラップの落ちが止ってる(今気付いたんですが

すぐに第6関門で第25エイドに到着、給水だけで通過。

この後からは西湖が良く見える道で、水の色から急深な湖で、落ちたら怖いな〜なんて思いながら、走っていました。

西湖をクリアすると、往路は急登だった激坂S字コーナーを下ります。流石にここは駆け下る選手よりゆっくり走る選手の方が多かったですねぇ。ただ、自分は歩いて下るのも辛かったですが

第26エイド、復路の足和田出張所を給水だけで通過。復路は自前の補給食を摂る事が多かったですね。

時計とにらめっこしながらギリギリだ〜なんて思っていたので、エイドの滞在時間をなるべく削っていました。

いよいよ復路の河口湖に入りました。トイレに行きたい〜足和田出張所の仮設は長蛇の列だったのでパスしてきたんですが・・・近くに観光トイレが無かったかな〜と思いキョロキョロしながら進みますが、行きたい時に限ってなかなか無いんですよね〜

我慢しながらの数キロがキツかった。やっと道の駅かつやまに到着しました

ここで、今回嬉しかった応援をしてくれた方がもちろん自分の応援者では有りませんが、日めくりメッセージボードを持って何回も何回も移動しながら応援してくれた方がいました辛い時にプッと吹いてしまうような楽しいメッセージに、力んでいた力が抜けていきました

距離的には足和田出張所から4キロ位しかないキューピーエイドがなかなか現れません。

早くおかゆ食べたいな〜なんて思いながら、時計とにらめっこ。ギリギリ感半端ない〜

第27エイドにキューピーちゃんとハイタッチして到着。

早速梅がゆをいただきました。暑さも和らぎ、おかゆが身に染みます

キューピーエイドを通過すると、いよいよ河口湖も終盤で90キロ地点を通過。12:03:56ラップ1:34:26 

マズい、河口湖をクリアしたものの、ここからは最後の下りまでひたすら上りなのに・・・間に合わん・・・

ダラダラ登りの筈なのに、走れん

白ゼッケンの選手が一人、コースボラの方に「白ゼッケン急いで〜関門ギリギリだよ〜」と言われています。


時間は過ぎて行く〜  139号を渡る信号が赤に終わったかぁ・・・

と一瞬思ったものの、まだまだじゃ〜っと気合いを入れ直し、足を動かしました。

あれっ左膝の腸脛靭帯炎が麻痺してきたのか、力が入るようになって来たぞまだ行ける

最終関門、第28エイド、ステラシアター到着。給水のみで通過。

持ち時間、1:15、ラストだ〜

最後のジェルを摂り、必死走り

まだ、いつ動けなくなるか不安で余裕無し。

ここで「おっTですよねナイスおっさんですよね」と声を掛けてくれた選手が。

「そうですよ、ナイスおっさん」と最後のエール交換を

坂に入って1キロをなんとか10分で、次の1キロも10分で、さっきの白ゼッケンの選手も頑張っています

最後の登りも10分でよっしゃ〜完走が見えてきたぞ

登りをクリアして、下り始めたところで同じ黄色ゼッケンの方に話しかけると、「10回連続で完走してるけど、こんなに暑くなったのは初めてだよ、厳しかったね〜」とおっしゃっていました。「もう歩いても大丈夫だから」と。

北麓公園までの激下りはキツカッタ〜。右折するといよいよビクトリーロード

皆さんが「お帰り〜」「良く頑張った」と迎えてくれます

もう走れないと思っていた足が動くから不思議です

昨年に続き、71キロを見事に完走したサイコさんが迎えてくれました

イメージ 2


昨年よりかなり遅れていたのに信じて待っていてくれて本当に嬉しかったです

競技場の外周まで来ると、MCさんが名前を呼んでくれます。これも嬉し〜

まさか自分の足で帰って来れるとは、本当に夢にも思っていませんでした

イメージ 1


サイコさん、ベストショットありがとうございます


イメージ 3

サイコさん今年も見事に完走おめでとうございますお会いできて嬉しかったです
いつも写真をありがとうございます


ゴールタイム13:39:01ラップ1:35:05

課題は富士山の様に高く山積みですが、少しづつクリアしてもっともっと楽しめる様になりたいです



ゴール後LINEを見てみると、S君が第3関門、足和田出張所で2分間に合わなかったと。今回は身体の不調と気温にやられて残念でしたが、来年はまたやってくれるでしょうナイスラ〜ンナイスおっさん


今回も走らせて下さったスタッフ、ボランティアの皆さん、応援して下さった皆さん、送り出してくれた家族、本当にありがとうございました。感謝です



最後までダラダラ感想文を読んで下さった皆さん、失礼しました

ウルトラ経験者の皆さんは笑って下さい

未経験者の皆さんは、こんなんでも完走出来ます挑戦してみて下さい




ありがとうございました。   








この記事に

開く コメント(9)

第12エイドを通過すると、なかなか終わらない河口湖も後半です。

この辺りでまた左の大転子から膝にかけてギシギシ感と張りが

そして、ここまで行けたら上出来と考えていた足和田出張所へと続く坂道へ。

歩きも入れながら、それでも一生懸命登り第13エイドで第3関門、足和田出張所へ到着。

相変わらずボランティアさんが早くドロップバックを渡してくれました

収容バスがスタンバッていますが、「ここでは乗らないよ〜」まだまだ行ける

ドロップバックから補給食を補充、スポドリのペットボトルを交換。

2年前にも飲んだメガシャキを飲み、支度を整えました。

今回摂った補給食は、ザバスのジェル3種類の味を2つずつ。前後半3つずつの予定でしたが、前半は2つしか摂っていませんでした。後半は4つ持ちました。
アミノバイタルゴールドの顆粒を数本、2RUNを4つ、朝もらった粉飴、塩分チャージのお菓子、食塩を小袋で携帯(エイドの梅干しを食べたので舐めず)ブドウ糖タブレット等。

関門閉鎖時刻まではまだ20分近く有りましたが、今回は前半の貯金は少ないし、何と言っても練習不足なのでいつ完全に足が止まるのか、踵がいつ爆発するか、そして左足の張りがどうなるか心配と不安はどんどん大きくなりますが、ここまで来たら「もう行けるとこまで行くしかない」となぜか前向きに。。

被り水をタップリ浴びて激坂へ出発です。

ガシガシ登り、激坂S字をクリアしてトンネルを抜けると、3湖目の西湖へ。

お昼を過ぎて一番暑かったのかな

第14エイドへ着くと被り水に行列がさっき浴びたばかりですが、しっかり並び浴びました。

ここではういろうを。

ヘラブナ釣り師で賑わう西湖をクリアして、いつもは観光施設でトイレストップ(大)をしますが、今回はスタート前にしっかり出していたので小ストップで済みました。
少し行くとお楽しみのうどんエイド、第15エイド野鳥の森公園に到着。

もちろん吉田うどんをしっかり1杯完食してコースに戻ります。

ここから139号までの登りが地味〜にキツクて、歩きがメインになりそう

なんとか139号に上がると、狭い歩道ですれ違いが大変になって来ました。左からの木の枝が気になります。

第23エイドの手前、歩道が少し広い場所で「ナイスおっさん

今年も71キロに参加のサイコさんと

イメージ 1

サイコさんもバフを首に巻いてますね。これが日焼け止めと同時に被り水が浸みて首が冷やされて暑さ対策に最高でした

写真提供 サイコアスロンスポーツ

しっかりとエール交換、お互いの健闘を祈りそれぞれの道に。

第23エイドで給水をして、精進湖へ向かう赤池大橋を下ります。
あ〜ここを後で登って来ないとなんだよな〜

この辺で遂に左膝にピキーンと

腸脛靭帯炎来た〜

まだ30キロ以上有るのに

まぁ、これもいつもの事だし・・

139号を渡り、第16エイドでカステラをいただくと、いよいよ4湖目の精進湖へ。

自分的に、どんどん走れなくなるこの精進湖は苦手なんだよな〜。

精進湖もそろそろ終わりが近づいた頃、少し前に118キロの選手が時間的にもう今から本栖湖は厳しいんじゃないかなと思っていた自分の横を大会関係車が通過し、「青ゼッケンさん」と呼び止める声が。
横を通過すると後ろから「走っちゃだめですか練習したいんですけど」と選手の声が・・・
少ししてその車が自分を抜いて行ったので振り向くと、その選手はいませんでした
自分も足が怪しくなって来ましたが、ここまで来たからにはもう止められるまで行くしかないと決めました。


第17エイドで給水して、精進湖をクリアしました。



続く





4月27日現在
筋肉痛は完治、腸脛靭帯炎も完治、踵は押さえれば少し痛む(スタート前より軽くなった)両足共に浮腫みは有る。
嘘みたいに回復が早いです

ただ・・・痛風来た〜

予想はしていましたがやはり・・火曜の夜から違和感が出て、水曜には激痛にロキソニンを飲みながら仕事をしています。1月に初めて発作が出た時よりは軽く済んでいる様なまだまだピークは続きそうですが



この記事に

開く コメント(4)

焼き鳥ふじを出て忍野へ向かう途中に30キロ地点通過。03:13:38ラップ1:03:15

ここまでは心配していた踵も時々ツキンと痛む程度で、1週間前の20キロ走の時に比べれば嘘の様に快調です

綺麗な景色に癒されながら走っていると、第7エイド忍野温泉に到着しました。

ここではブドウとバナナをいただいたような

138号を通過するといよいよ前半戦の山場、スタート後に下って来た道を登り返す約5キロの上り坂です

いつもは一生懸命走ろうとするところですが、今回は練習不足なので無理しないで歩きを積極的に入れました。
簡単な話、全く余裕が無かっただけですが

最後の登りに比べたら大したことないなと自分に言い聞かせながら登り切り、第2関門で第9エイドの北麓公園上に到着しました。

実際には、関門手前の交差点を右折して止めてしまった方が良いんじゃないかと言う考えも有り、少し迷いました。
が・・・やっぱりここまで走れているし、踵も変化ないし、止めるのはどこでもできるしと言う事で交差点を直進しました。

ここを通過すると、最後に待っている激坂を下ります。

この辺りで左の大転子から膝にかけて痛みと張りが出て来ました。完全に練習不足と無意識に右足をかばっているからなんだよな〜

下っている途中で40キロ地点通過。04:32:10ラップ1:18:32

流石に上りが長く落ち始めました。(練習不足なんですけどね)

いつの間にかフルの距離を越え、(遅っせいな〜)第10エイド、ステラシアターに到着です。

ここではオレンジを2.3個いただきました。ウインナーが入ったパンはどうもお腹が心配で、今年も食べられませんでした

いよいよ陽射しが強くなって来たところでチャレ富士では初めての被り水を気持ちイイ〜

ここで少し止ったせいか、大転子のギシギシ感が和らいで来ました。フルの時とかも序盤で出てもいつの間にか治ってしまう事が有るので、少しの間は楽になるかな〜なんて思いながら走り出しました。

ステラシアターを出ると、いよいよチャレ富士の本当のスタートだといつも思っていますと同時に無事にまたここに帰って来れますようになんて・・・

河口湖まではダラダラ下りで走りやすいんですが、信号ラッシュが

何度か止められながら河口湖大橋の手前まで来ると

イメージ 1

まだ10時ですけど

河口湖大橋を渡ると第11エイド通過。勿論給水はしましたよ

ここからは観光地と言う事でキョロキヨロしながら身体の辛さを紛らわす事ができます。

例年だと桜が満開で気持ちも癒されるんですけどね〜

ここで遂に(やっと)半分50キロ05:43:46ラップ1:11:36

第12エイド通過。

イメージ 2

葉桜と富士山

足和田出張所を目指します

止めるならここか



続く





この記事に

開く コメント(2)

いよいよほんの少しの期待とたくさんの不安を抱え、第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン4LAKESがスタートしました

チョット寒いな〜  手袋忘れたし  まぁすぐに暖かくなるさ

ゲートをくぐりトラックを1周、いきなりツキンと右踵が・・・マズいのかこのまま行って良いのか

トラックの右端を走ながら白線と信じて乗ったら右足がグニっと段差じゃんよ〜いきなりずっこけそうになりましたが踏みとどまり、右足だったので焦りましたが大事には至らずほっとしました。確か、以前火祭りの時にもやったよな〜

北麓公園を出てすこし上ったら、5キロ付近まで下ります。過去2回はここを5分前後で進んでしまいましたが、今回は無理にブレーキを掛けないように気を付けながら、足になるべく負担が掛からない様に流れに乗って走りました。

第1エイドでスポドリをいただき少し行くと、見覚えの有るフォームで走る背中が見えました

ナイスおっさん

ザックを背負っているので背中のプリントは見えませんが、黒おっTを着たS君と会えました

S君も故障明けで練習が積めず、体調もイマイチの様で辛そうでしたが、きっと淡々と進み自分が潰れて歩いている所を抜いて行くんだろうな〜なんて思いながら、先行しました。

トイレに行きたいな〜と思いながらも、この後の事を考えて第2エイドでもしっかり給水をして梅干しもいただき、山中湖を目指します。

138号に出てから10キロ地点通過。1:03:03 心配していた踵も悪化する事無く気持ち良く進めています。

トイレを我慢して走るこの数キロの直線の長いこと長いこと

やっと1湖目の山中湖へ到着〜と同時に第3エイド。しっかり給水と梅干しを

山中湖の早朝、湖面には朝靄が掛かり、清々しい景色に今年も癒されました

イメージ 1

山中湖にはまだ桜が

程なくいつもの観光トイレへ到着〜混んでましたが休憩気分で。

少し行くとトイレストップの時に先行していたS君に追いつきました

少しお話をしてそれぞれのペースで進みます。

第4エイド 第1関門 ここでは温かい味噌汁をいただきました。美味しかった〜おにぎりも有り、目は欲しかったんですがまだ食べる気にならず。

少しだけ山中湖から離れた所で20キロ地点通過。2:10:23 ラップ1:06:27 

山中湖畔に戻って回り込んだところで第5エイドみさきキャンプ場。ここではいつもトイレに寄りますが、今回は寒くないせいかスルー。エイドでは給水とレーズンをいただきました。

この後、綺麗な富士山に癒されました〜

イメージ 2

逆さ富士になってますね〜

12キロ以上あった山中湖を離れたら、第6エイド焼き鳥ふじを目指します。

久し振りに普通の道を走ると、なんだかさっきまでが夢の様な感じに思えます。

思い出の焼き鳥ふじに到着。4年前初出場の時、抗癌剤治療に入る直前だったので予定リタイヤした所です。(4年前は第1関門でした)

ここでも給水と梅干しを。この梅干しが美味しくてしょっぱ過ぎず甘過ぎず、絶妙な味で2ついただいたエイドも有りました。

今年も無事に焼き鳥ふじを通過でき、自分の中での第1関門を突破できました



続く


この記事に

開く コメント(4)

4月22日 第28回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン4LAKESに参加して来ました

結果は・・・   レポの最後に


今回は、99.9%完走出来ないと思いながらのスタートでした。


1月下旬、痛風発作がこれについてはこちらに書いてあります。

この後左足にも発症。抗癌剤治療の最後の方で出てきた母指球付近の痺れ痛み(2〜3km位走ると気にならなくなる程度)を刺激したのか、激痛が続き結局3月下旬まで2ヶ月走れませんでした。

走り出しても左の親指で蹴れないので、ヘンテコフォームでなんとかと言う感じでボチボチと。

このままではチャレ富士のスタートラインに立てないと、4月7日に無理やり40kmを。これでどうしようもなければDNSの決断もできるかと・・・
25km付近で右の踵にズキーンと痛みがその後も鋭い痛みと鈍痛が

翌朝、あれ左足の痛みが消えているじゃーありませんかなんで痛風前と同じくらいの痛みと痺れは有りますが、母指球から親指に力が入り普通に歩けるように

右の踵はあまり気にしていませんでしたが、日常生活でも痛みが出ていたので2日休むと殆んど気にならなくなったので走り出すと・・・あれれ、やっぱり痛むなぁでも、この程度ならすぐに治るな。と思っていましたが・・

4日休んで本番1週間前に20km。やっぱり痛む〜まぁ走れるし、後1週間あるから大丈夫だろ。

結局少しの腫れと軽い痛みが残った状態でスタートラインへ立つ事になりました


補給食を準備したら、ウエアリングをどうしよう

当日はかなり暑くなる予報が出ていますが、朝はまだ寒いだろうし。それと、まだ陽射しと暑さになれていないので肌の露出は控えたい。でも、ロングタイツや長袖のインナーでは暑くなりそう。
と言う事で上は、ファイントラックのノースリーブスキンメッシュにおっT、アームカバーで日焼け止め&朝の冷え対策&日中は水を掛けて暑さ対策もこれで万全と考えました。RxLゲイターにRxL5ポケットBOXパンツ。このパンツ、お尻のポケットの容量が半端なくウエストポーチ要らずの優れものです


チャレ富士前はお約束の夜勤・・・ですが、今は変則の時間になっていて24時に終わるのでいつもよりは楽だと思っていましたが。

前日の朝起きて午前中に準備を終わらせ、午後はこれまたいつもの小学校の授業参観。PTAの役は昨年終わったので総会はかみさんに任せて三男と一緒に下校。

15時半には布団へ23時15分に目覚ましをセット。これでタップリ眠れるぞ

と思っていましたが、ウトウトした頃かみさんが帰宅・・・・・バタバタと・・・・眠れん

全く眠れん

これで本当に走れるのかと不安を抱きつつ予定通り24時に出発

予定通りに2時前に道の駅へ。お湯を沸かしてうどんを食べてトイレに。出た〜今年は夜勤の時間がずれているからか。

駐車場にも予定通りに着き、シャトルバスで3時過ぎには会場入り出来ました。

テーピングやら着替えやらの準備をしていると、もう一度大ちゃんが出たい様な。時間もタップリ有るのでトイレ待ちの列へ。かなり待ちましたが、出た〜これで今回はレース中に行かなくても済むかな。

トイレが済んだら踵と膝にテーピングを、そして着替え。

最後にドロップバックに全部入れてきた補給食の中から前半分をBOXパンツへ。ウエストボトルポーチにはスポドリを。

体育館のスタンドでのんびり準備をしながらおっTさんを探しますが見つからず、いつの間にか4時半近くに。
今年は4時45分スタートなので結局慌てて荷物を預け、ドロップバックを放り投げ、最後に会場の給水をいただこうかなと思い給水所に近づくと「ナイスおっさん
昨年に引き続き、とにこさん、アタックおばちゃんさん、おばやんさんとお会いする事が出来ました
実は、スタンドで昨年声を掛けていただいた所でまたお会いできるかなと思っていましたが、同じところでは準備していなかった様で、今年はお会いできないかな〜と思っていたので、凄く嬉しかったです
スタートが迫っていたので短い時間のエール交換でしたが、気持ち良くトラックに入れました

LINEで連絡を取っていたS君とは合流できませんでしたが、会場入りした事は確認できたので道中でまた一緒に走れるな〜と思いながら、第2ウェーブの後方に並びました。

いつもは直ぐに拾えるGPSの電波がなかなか拾えずに焦りましたが、ギリギリ間に合いドタバタしているうちにスタートになりました

イメージ 1

どこまで行けるか不安いっぱいのスタートです



続く





この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事