全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 
    
【商品の説明】

*出版社/著者からの内容紹介

1980年以降、中国経済は毎年平均9%の高率で成長した。
しかも 1989年から2006年まで、中国の軍事予算は、毎年13~16%の高スピードで増加している。
中国政府はいったい何を目的として、このような大軍拡政策を実行しているのだろうか。

東アジア地域の地政学的な安定を維持するためには、日米同盟を維持することが不可欠である。
しかし、「アメリカ政府は2020年以降、中国の軍事的脅威から日本を守ることはないだろう」と
予測する点において、本書は、今後も日本が米国依存体制を続けられると期待している
「新米保守」グループとは明確に立場を異にする。

また本書は、21世紀の日本が独立国としての地位を維持するためには自主的な核抑止力の構築が
必要であることをはっきりと指摘しているので、反核感情の強い「反米リベラル」の人たちとも
外交視点が異なる。

日・米・中の政治指導者、知識人が、日本国民に読ませたくない「禁断の書」。

*内容(「MARC」データベースより)

そのとき、アメリカは「中国の軍事的脅威」から日本を守らない-。
主に米国の国際政治学者・軍事学者の学説を使用し、21世紀の日本は自主防衛政策と
日米同盟維持政策を両立させる戦略的必要性があることを説く。

*著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

伊藤 貫
1953年生まれ。東京都出身。東京大学経済学部卒業、コーネル大学で米国政治史・国際関係論で学ぶ。
その後、ワシントンのビジネス・コンサルティング会社で、国際政治・米国金融アナリスト
として勤務。
CNN、CBS、NBC、米国公共放送、ITN、BBC等の政治番組で、外交政策と金融問題を解説

    

私は、この本3回読んだ。目からうろこというか、とにかく多くの人に 読んでもらいたい。

筆者は、命がけで書いている!!!!!

ほんとにそう思った。

勇気ある主張である。

なぜなら、発表することで 中国だけでなく アメリカも敵に回しかねないからである。

この本イイ!@@支持したい☆

ここまで外交の本音の部分に迫る本は、いまだかつて無かったのではないだろうか。

したたかな中国が、アメリカに工作員を送り、政治家を手玉に取る光景が目に浮かぶようだ。
なんと卑しい国だろう。
「核」というブラックカードを切り札にして アメリカをも脅すことができる国。

アメリカは、果たして日本を守ってくれるだろうか??(守るわけないです)

中国は、世界に華僑の人口を殖やし、その勢力を増している。
周辺諸国を侵略し、領土を広げようとする国だ。

日米同盟は、Xデーで有効たりえるか?
日中友好条約って いったい何の益をもたらしたのだろうか?

この本を読むと、心底

「このままだと マジ やばいっス!」と思えるはず!



自主防衛の道を探るきっかけになる1冊だ。

私も「戦争論」を述べる前に、なんとしても 日本の危機状態を皆さんに伝えていきたい。
新書庫「◆平和的戦争論講座」では、自分がラインを引いた重要箇所を解説や感想を加えて 
紹介していくつもりだ。

たぶん、かなりの部分が、deliciousicecoffeeさんとだぶるかもしれないが、ご容赦願いたい↓↓



日本が核武装しないなんて、ハッキリ言って危険〜★



戦争抑止力は、バランスオブパワーしかないんですよね。
いつか来た道、上手に歩けば怖くない!!

みなさん、一緒に現実を見つめながら、我が国の進む道を考えてみませんか?

連載 お楽しみに!!

閉じる コメント(35)

>やまゆりさま^^ほんとよく増殖する民族だ。こそこそよその国で政治工作しているんだよ

2008/2/15(金) 午後 4:45 naomi_shararan 返信する

>kanazawaさま^^うん。これは、いい本であった。ページをめくるたびゾクゾクするほどだ。
新書庫では、貴ブログの記事を時々 転載して紹介させていただきたいです

2008/2/15(金) 午後 4:47 naomi_shararan 返信する

>Kterry1965さま^^トラバ返礼ありがとう。同じ志しを持つ者同士、いろいろ情報交換して行きましょう^^

アメリカと中国、ケンカしないかなぁ・・・・・・・って思うよ。
核を持って孤立することは、ないと思うけど、日本の核により正当性を印象づけるのはそういう機会ぐらいだろう。

2008/2/15(金) 午後 4:52 naomi_shararan 返信する

>しゅうようさま^^ええ、日本は、その大きな世界の嫌われ者国家の挟間で ちょろちょろご機嫌伺いをしてるのが現状なんですよw

2008/2/15(金) 午後 4:53 naomi_shararan 返信する

>らりさちゃん^^そうね〜。オリンピックなんてできないよね。プールの水だって・・汚いんだよ。それに、あいつら、食文化なんて無い無い。ネズミも胎児も食べるって、文化じゃな〜〜い

はっきり言って危険★

2008/2/15(金) 午後 4:54 naomi_shararan 返信する

キタ―――(゜∀°)――!!
★『中国の核が世界を制す』伊藤貫著

核武装に関するいろんな本を読みましたが、私にとってはこれが最高です。
上の[ kanazawa_sanetoki2004 ]さんは、私以上に沢山の核に関する本を読んでいらっしゃいますが、金沢さんもおそらく同じだと思います。
ウキウキ♪o(^-^ o )(o ^-^)oワクワク♪

2008/2/16(土) 午前 1:08 coffee 返信する

傑作○
TBします。

2008/2/16(土) 午前 1:09 coffee 返信する

顔アイコン

この本は「玄人向け」としては最高ですが、素人さんに「核武装の意義」を説くのにいい本を知ってますので、TBのお礼方々ご紹介いたします・・

2008/2/16(土) 午後 3:52 [ tero19632001 ] 返信する

>coffeeさま^^kanazawaさまからは、前にもお勧め書籍を教えていただきましたので、そちらの本も探してみようと思っています。
トラバありがとうございますmm

2008/2/16(土) 午後 9:23 naomi_shararan 返信する

>tero19632001さま^^ご紹介ありがとうございました。探してみますね^^

2008/2/16(土) 午後 9:27 naomi_shararan 返信する

はじめまして!
自分、伊藤 貫さんのファンです。はっきり言って、自分のブログでパクッてます。こんなに自分が支持している人の本を強く押している方がいたことが、とても嬉しいです!

2008/2/22(金) 午後 10:23 [ 桜沢正顕 ] 返信する

中国の保持する軍事力、資源そして人口の多さは絶対的な脅威です。アメリカは自国の安全性を無視し、リスクを負ってまで日本を守ろうとはしないでしょうね。
「その時」のためにも日本は、世界にも通用する「力」を持たなければ成りません。日本は誰かに守られるのではなく、「国民」が守らなければならないと思います。

2008/3/6(木) 午後 5:27 [ ヤスナリ ] 返信する

顔アイコン

中国の固形燃料のミサイルの照準が日本の都市に向けられているというのにそんな国に塩を送り(企業の中国進出)仲良くしている場合ではないとかねがね思っています。

2008/3/26(水) 午後 10:35 [ 油食林間 ] 返信する

>桜沢先生^^私も嬉しいわ。また訪問させてくださいね

2008/3/27(木) 午後 4:34 naomi_shararan 返信する

>yasunariさま^^その手段として、「核武装」ってことでヨロシク★

2008/3/27(木) 午後 4:35 naomi_shararan 返信する

>semidalionさま^^賛成〜。もう周辺諸国の惨状を見れば、毅然とNO!と不快感を表明する方が、いいに決まっている。
中国を経済的に利用しようなんて甘い甘い

2008/3/27(木) 午後 4:36 naomi_shararan 返信する

アメリカがシナの軍事的脅威から日本を守るかもしれない、守らないかもしれない、しかし一つだけ絶対的に言えるのは、「自分の国は自分で守る」気概の無い日本のままだったらアメリカは日本を守らない、というより守れないということです。

2008/5/11(日) 午後 3:55 [ ネオ若狭 ] 返信する

>若狭兄^^

んだね〜〜 アメリカに頼る時代は終わった
もう 敵は 迫ってるんねん。若狭兄もハニトラに気いつけや^^

2008/7/24(木) 午後 4:48 naomi_shararan 返信する

顔アイコン

TB返ししたいが、出来ないかも・・・

2009/10/31(土) 午前 4:41 coffee 返信する

顔アイコン


これはすんなり出来た。

2009/10/31(土) 午前 4:44 coffee 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(13)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事