Adoll's Room

40代にもなって年甲斐もなくGSX−R1000 K7に乗って振り回されるAdollの悪戦苦闘記です^^;FF14もやってますw

全体表示

[ リスト ]

こんばんは、Adollです。ごぶさたしてますw
ホントは、バイクの事書きたかったんですが・・・今回はとりあえずパソコンの記事でw
とある理由で、今回↓のパソコンを手に入れました。

イメージ 1

NECのPC−HZ350GAGというモデルになります。このシリーズの中ではエントリーモデルと言うことで、性能はやや抑え気味なんですが・・・^^;まぁ、13.3インチのノートPCで・・・検証用に使う物ですから、そんなに優れた能力は不要というわけで・・・750?550?ビデオ編集もゲームもしないから・・・

ヽ( ´ー‘)ノ⌒○ ポーイ
てなわけでw
まぁ、そうは言ってもSSD搭載モデルのため、もとより動きは早い。しかも、重量がバッテリー込みで769g・・・。思わず笑ってしまう重さだw
ただ、こいつに搭載されているSSD・・・容量が128GB・・・。回復領域やWindowsのシステム領域を引くと残り約70GB・・・。何か追加でソフトをインストールしたり・・・WindowsUpdateやシステム復元領域でとられて行くことを考えると・・・この容量だとすぐにパンパンになっちゃうんだろうなぁ・・・。

そこで・・・悪魔の囁きが・・・w

「無いなら、取り替えちゃえ〜〜〜へ(゜∇、°)へ ケケケケ・・」

はいwSSD換装計画発動ですw

でも、ただ交換するのは芸がなさ過ぎだなぁ・・・。ふと、メーカーサイトのHZシリーズの仕様や概要を見ていたら・・・
↓なのを見つけたw

イメージ 2

PCIe?「なにそれ?美味しいの?」とは言いませんでしたが・・・wこの頃自作PCからすっかり遠ざかっていたAdoll・・・よくわからんので、調べてみたら・・・まぁ要は速いSSDの読み書きがさらに速くなると・・・w
↓参照

従来PCIeに対応するSSDは、SATAのSSDより高価だと言われていましたが・・・値段も徐々にこなれてお手頃価格にになってきています。問題は、基板のSSDソケットが対応しているのかどうか、そしてBIOSで認識してくれるのかどうかが、ポイントとなりますが・・・。750シリーズで採用されているし・・・350の基盤で見るとPCIeの端子がさせるような形状になっている・・・

イメージ 3

わざわざ、同じシリーズで機種ごとに基盤設計変えたりしないだろ!という勝手な思い込みと、もしダメだったらSSDをオクに流してやる〜〜〜という後先考えない思いで、ポチしましたよw

あ、そうそう・・・ここで一言。今回やってることはメーカーサポートの想定外のことになります。これによって故障したとかの場合、メーカー保証があっても受けられなくなったり、有償修理でも断られたりすることがありますので・・・試してみたい人は・・・あくまで・・・
自己責任で!(´〜`ヾ)

そんなわけで、昨日そのSSDが届きましたので換装してみました。
今回載せ替える物は・・・↓
イメージ 4

128GBから500GBへ増量ですw1TBもよかったけど・・・いきなり価格が上がるので却下でしたw

イメージ 5

上が、元々付いていたSATAのSSD、下が今回取り付けるPCIeのSSD。形状はほぼ同じ。違いがあるのは○印の所ですねぇ・・・。しっかし・・・これで500GB・・・。3.5インチのHDDの大きさがアホらしくなってくるなぁ・・・。

換装する前に、リカバリディスク作って・・・USBメモリで回復ドライブ作って・・・念のためにWindows10のセットアップディスクまで用意しましたw【結局、リカバリディスクしか使いませんでしたがw】

とりあえず、交換する前に現状のSSDの能力を測ってみます。

イメージ 6
【自作PCのSATA SSD】

イメージ 7
【PC−HZ350GAG SATA SSD】

自作PCは5年前に作ったWindows7ベースの物。SSDは2年前位に交換したヤツかなあ・・・。年代の割には・・・なかなかいい数値を出してくれました。HZ350の方もなかなかの数値ですね。Writeがやや遅いけど充分な速度だと思います。実際使ってみてストレス感じませんでしたからね。

さて、いよいよ交換ですが・・・。
作業時間・・・
10分かからなかったような・・・(*`▽´*)
準備のリカバリディスク作る方がよっぽど時間かかったw
裏蓋にある、12個のネジをとって・・・蓋を外すと・・・基盤の真ん中にSSDが鎮座してますw
固定ネジを1本外して、SSDも外して交換しますw

イメージ 8

はい!できあがりw蓋を閉めれば完了ですwメモリ交換並みの手軽さでしたw
あ、ただ気をつけた方がいいのは、どのネジも+の溝が狭いので・・・精密ドライバーが必要そう。
しかし、ホントにお手軽だった・・・カスタムモデルがある機種だから、換えやすくしてるのかなぁ・・・。

蓋を閉めて、早速BIOSにて・・・確認・・・

イメージ 9

「Not Preasent」の文字が見えた時は、さすがにドキッとしましたwそりゃ、SATA使ってませんから認識しませんわなwしっかりPCIeポートの方に500GB認識されていました^^
これで、第一関門突破ですねヽ( ̄▼ ̄*)ノ

あとは、リカバリを試して正常に起動するかどうか・・・。

そこは次回にwもう眠くて眠くて・・・^^;

そんなわけで・・・今回はここまでです。
それでは・・・お休みなさい・・・(@ ̄ρ ̄@) zzzz

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事