吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【演奏会場】
旅館大沼離れ、山荘「母里乃館」、

【演奏曲目】
『KOHAKU 歌われる詩たち』より
  夏の木(大場陽子作曲)
  鳥と花とせみのうた(大場陽子作曲)
ヘンデル: 私を泣かせてください
ヴェルディ: 乾杯の歌
谷川俊太郎 『顕微鏡のための詩』より
  お(大場陽子作曲)
  小さくても(大場陽子作曲−世界初演)
  無へ(大場陽子作曲)

大場陽子作詞/作曲 ゆきむすび合唱版(合唱指揮 吉川真澄)

アンコール 
岩井俊二作詞/菅野よう子作曲 花は咲く
おおぬましんじ作曲/大場陽子作曲 ごてんゆ行進曲

【管理人コメント】
地域米「ゆきむすび」の作付けから10周年を記念してのイベント。
「ゆきむすび」は鳴子地方のみで産出する地域米として、村おこしの起爆剤となるべく生産されているお米で、その地方だけで食することができる。イベントでは、ゆきむすびの新米を炊き上げたご飯と共に、その地域で生産される食材を使ったおいしい昼食が振舞われた。地方創生の掛け声が高い昨今だが、この10年来の取り組みが実を結ぶことを願わずにはいられません。

演奏では、華やかで聴きごたえのあるオペラアリアの2曲に一番の大きな拍手があったように思います。
滑らかな声とスキのない歌唱技術。聴衆を大いに楽しませることのできるジャンルであることは確かです。あとは、おなじみKOHAKUの2曲、それに昨年アサヒビールのコンサートでお披露目された谷川俊太郎の詩集から2曲に今回新しく1曲を追加して演奏。いずれも愛らしさに満ちた珠玉の歌声でした。

続く合唱にはご両親やおばさまをはじめ、大阪と東京で吉川真澄さんに指導を受けている面々が参加。大いに親交を深め合いました。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事