吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

全体表示

[ リスト ]

【演奏会場】
川崎能楽堂

【演奏曲目】
平野一郎:アナベル・リー〜E.A.ポーの詩に拠る物語歌(バラード)〜[2018/世界初演]
平野一郎:秋の歌[2014年/吉川真澄委嘱]
ジョン・ダウランド:涙のパヴァーヌ(流れよ我が涙)
その他

《演奏》
ペトリ・クメラ(ギター)
ヤンネ・館野(ヴァイオリン)
吉川真澄(ソプラノ)


【管理人コメント】
作曲家平野一郎さんの連続企画『衢CROSSING(クロッシング)vol.3 〜異人(まろうど)の秋、呼び交す夢〜』で、フィンランド出身のペトリ・クメラ(ギター)、ヤンネ・館野(ヴァイオリン)との共演。

三人のアンサンブルで初演された、平野一郎さんの「アナベル・リー〜E.A.ポーの詩に拠る物語歌(バラード)〜」は、文字通りポーの最後の詩とされる「アナベル・リー」がテキストとなっています。幼い男の子と女の子の悲しい恋の物語。超極ピアニッシモで語り始められ、大切な人を奪われた少年の悲しみと怒りに満ちた超極フォルテッシモを経て、愛の永遠への確信に満ちた超極ピアニッシモ静かに物語りは幕を下ろします。

in a Kingdom by the sea.../海のほとりの王国に…。繰り返されるフレーズを耳にしながら、今日のプログラウの最後を飾る曲を作ったダウランドが生きた時代、16、7世紀あたりの、ヨーロッパの田舎の風景が、何となく浮かび上がってくるような気がしました(勿論見たことはありませんが笑)。

会場は、川崎駅近くの能楽堂。私にとって、能楽堂で音楽を聴くのは初めてでしたが、普通のコンサートホールとは異なる柔らかな響きがあって、とても新鮮に感じました。あまり「耳には自信はないのですが、歌だけでなく、ギターやバイオリンの音も、いままで聞いたことのないような響きのように感じました。

秋の歌は、足踏みによるパーカッション演奏がありますが、能舞台の特性を利用して、とても良い音を出せていたと思います。後から聞いた話では、舞台が固く強く蹴らないと音が響かなかったそうで、体力的には大変だったそうです。2時から後6時からの二公演で一公演に2時間以上掛かっていましたので、休みは1時間ちょっとしかなかったはずです。本当にお疲れ様でした。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事