吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【演奏会場】
東京台東区谷中5丁目(興禅寺)

【演奏曲目】
大場陽子さんが、谷中に根付く音やメロディーをアレンジして作られた曲

【管理人レポート】
谷中の町の細い路地を入っていくと、どこからとなく巡礼の鐘の音と澄みわたった歌声が流れてきます。その声の元を探して行くと、興禅寺というお寺の塀の中からでした。「art-Link上野-谷中2007 音ストリート」という企画は、吉川真澄さんの歌を中心として、左に行くと斜め向かいの別のお寺から木魚と声明が、興禅寺の前の角を折れて奥に向かうと民家の竹塀の中から粛々としたピアノの演奏が聞こえてくるという、変わった趣向のものでした。
歌は、巡礼の鐘をバックに歌う幻想的な大場陽子さん作曲の新曲と彼女のアレンジによるご詠歌を中心とし、途中に谷中音頭をアクセントに挟む、というものでした。吉川さんの話によると、巡礼の鐘は勿論、時折歌に代わって聞こえてきた口笛や縦笛の音も、みな自分で演奏されたそうです。
演奏は、2時からと4時からの2回行われましたが、生憎2時の演奏は雨模様で人影も少なく、音楽も雨に吸収されて遠くまで届き難い状況でした。しかし4時の演奏では、うまく雨が上がってくれ、外国の観光客の方を含め、通りでは多くの聴衆が足を止めて吉川さんの歌声に耳を傾けていました。音の届きも良く、丁度歌声が聞き取りにくくなる距離まで離れると、ピアノの音なり、声明なりが代わって聞こえ始めるという感じで、音の移りかわりを楽しむという企画の意図がよく理解できました。なかなか面白い試みだったと思います。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事