吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【演奏会場】
Live Space planB(東京中野)

【演奏曲目】
村松禎三  幻想曲(筝ソロ)
早坂文雄  うぐいす(ソプラノ無伴奏ソロ)
真鍋尚之  大手拓二による三つの歌(2007, 改訂版初演)
鷹羽弘晃  『回転ピース』より(2007, 世界初演)
渡辺俊哉  断片(2007, 世界初演)
渡辺裕紀子 Music box(2007)

演奏 筝;菊池奈緒子 ヴィオラ;佐藤佳子 ソプラノ;吉川真澄

【管理人レポート】
菊池奈緒子さんの筝の独奏に続いて、客席に座ったままの吉川真澄さんの無伴奏でのソロが続き、更にそのままどんどん演奏が続いていくという構成でした。客席はわずか20あまり。吉川さんの無伴奏ソロを、間に1人(あとで紹介があって、真鍋尚之さんであることが分かった)おいてすぐ隣の席で聞けたのは、ちょっと儲けた気分でした。
前回のサントリーに続いて、バリバリの現代曲でした。現代曲は、1回聞いたぐらいで印象に残るというものではない、という話しを演奏会後の懇談会で名のある音楽家の方が話しておられました(素人の私はちょっと安心)。しかしその中でも、鷹羽弘晃さんの「回転」は、強く印象に残りました。新曲で練習期間もあまりなかったと思うのですが、吉川さんはちゃんと暗譜して、しかも「座敷わらし的」(NHKの朝ドラから思いついた形容詞)振り付けまで付けて歌ってくれました。サービス精神満点でとても楽しい演奏でした。素人としては、現代曲でもこういう面白い、印象に残る曲を沢山つくって、演奏して欲しいと思います。いずれにしろ、真澄ファンとしては、こたえられない1時間半でした!
筝とヴィオラとソプラノという、あまり見ないアンサンブルですが、なかなか面白く、興味深かったです。和楽器の筝や、普通の西洋音楽ではあまり自己主張しないヴィオラが、生き生きとアバンギャルドな音楽を奏でているのは、とても新鮮で面白かった。特に筝では、菊池奈緒子さんが見た(?)ことも聞いたこともない様々な奏法を披露してくれ、思いも寄らなかった表現力の幅広さに目を見張りました。
この3人のアンサンブルは、5月に渡辺裕紀子さんの"Music box"を小平で初演したところから始りますが、来週にも日本橋で演奏することになっています。長く続けて行ってくれることを願っています。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事