吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【演奏会場】
イタリア文化会館 アニェッリ・ホール

【演奏曲目】
シルヴァーノ・ブソッティ
 「自動トーノ」 芸術家の人生のため、白黒で印刷された7枚と7枚の4手による、遊び(1977)

イタリア文化会館が主催する、イタリア現代音楽プロジェクトのひとつとして企画された、ブソッティ作品演奏会の最終曲として演奏。
イタリアの若手アンサンブルグループ、Mdi Ensemble Milanoと、桐朋学園大学学生によるミニオーケストラに、6人のヴォーカルメンバの一人として参加しました(杉山洋一指揮)。

【管理人コメント】
現代音楽は、私にはなかなか理解できない部分がありますが、何かの映像のバックグラウンドミュージックだと考えて、頭の中でその映像をイメージしながら聞くと、結構楽しめたりします。この「自動トーノ」は、私の場合、「陰陽師的魑魅魍魎跋扈の図」でした。背中がゾクゾクするような気味悪さ感が最高! 最高音担当の吉川真澄さんは、さしずめ『ひとだま役』というところでしょうか(笑)
ブソッティの楽譜は、『図形楽譜』と呼ばれているそうで、「演奏者が直接そこから譜面を読むのは不可能」などというコメントが、作曲家本人から寄せられてたりしてます(驚)。この演奏も即興演奏だそうで、何十人ものアンサンブルでなんでそんなことが可能か、ただただ感服するばかりです。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事