吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【演奏会場】
野崎島旧野首教会

【演奏曲目】
作者不詳:ゴリアルドのアヴェマリア
ペロタン(大場陽子編曲):アレルヤ
N.V.ロイエンタール(大場陽子編曲):喜ばしき五月の光よ
本居長世(大場陽子編曲):青い目の人形(作詞:野口雨情)
橋本国彦(大場陽子編曲):お菓子と娘(作詞:西条八十)
鈴木広志:Le (サックス四重奏)
作者不詳(大場陽子編曲):アニュスデイ

アンコール:アレルヤ

サックス四重奏団STRIKE(江川良子、東涼太、林田祐和、鈴木広志)の皆さんとの共演でした。

【管理人コメント】
サックスとソプラノって、音的にどうなんだろう? この企画を聞いた最初から抱いていた懸念は、オープニングであっさりと吹き飛んでしまいました。
翌日が丁度設立100年目という旧野首教会で行われたコンサートは、祭壇の両脇に立つ吉川真澄さんと鈴木広志さんのバリトンサックスの二重奏から始まりました。バリトンサックスって、こんなにも柔らかな、甘い音色が出るのか!その甘い音色に包まれて、吉川真澄さんの澄んだ歌声が美しいカーブを描く教会のリブヴォルト天井に響き渡ります。曲は、ゴリアルドのアヴェマリア。

このコンサートは、西洋と日本の交流をテーマとし、長崎に伝わる以前のキリスト教の宗教音楽や西洋への憧れを歌った日本の曲を集めてプログラムを組んだそうです。吉川真澄さんの声が、このグレオリオ聖歌などの古典派以前の宗教音楽に良くマッチすることを改めて示してくれたコンサートでした。また、2曲目のアレルヤのように、大場陽子さんの編曲で、まるで現代曲のように聞こえる曲もあり、古さと新しさが意外と近くに存在することを教えられたコンサートでもありました。

しかし、この日のプログラムの中で最も私を楽しませてくれたのは、実は青い眼の人形でした。サックス四重奏の編曲・演奏も楽しかったし、歌も素敵でした。そして、もうひとつの日本の歌、お菓子と娘は、演奏者の方は誰も知らなかったそうですが、私の世代なら誰でも知っている懐かしい歌です(^_^)

今回は、岸和田の皆さんとご一緒させて頂きましたが、本当にお世話になりました。書きたいことは沢山ありますが、きっと吉川真澄さんの検閲を通らない(笑)と思いますので、御礼だけ述べさせて頂きますm(_ _)m

吉川真澄さんの関連ブログ記事もどうぞ

※以下、小値賀国際音楽祭の記事がもう2つあります。

この記事に

開く コメント(0)

【演奏会場】
野崎島自然学塾村校広場

【演奏曲目】
<第1部>沖の神島神社
大場陽子:プロローグ(詩:神楽歌より) *世界初演
江川良子:からっぽ(詩:吉川真澄 カデンツァ:木村大) *改訂初演
鈴木広志:新作 *世界初演
中国歌曲(大場陽子編曲):法界節(長崎月琴節)

<第2部>旧野首教会
G.シェルシ:アヴェ・マリア (ソプラノ独唱)
H.ヴォルフ(大場陽子編曲):祈り(詩:E.メリーケ)
鈴木広志:タクシーム(TAKSIM) (サックス四重奏)
陸奥 明:月がとっても青いから(詩:清水みのる)←飛び入り演奏(^_^)
A.ヨーク:ムーンターン (ギター独奏)
作者不詳:ゴリアルドのアヴェ・マリア
大場陽子:美しき日本の残像 (サックス四重奏) *世界初演

※記述のないものは、吉川真澄(ソプラノ)、木村大(ギター)、STRIKE(サックス四重奏)による演奏です。

【管理人コメント】
野崎島は、30数年前に住民がすべて島を離れ、無人島になったそうです。島の半分は、遣隋使の無事を祈って立てられた1000年以上の歴史がある沖の神嶋神社を祀る人々でした。そして、丘を越えたもう半分の地域には、隠れキリシタンの末裔で、丁度百年前に野首教会を設立した人々が暮らしていたそうです。そのクリスチャン系の旧住民の方たちが今日のこの日に、何十人も野崎島に戻って来て、30数年ぶりの日曜礼拝を懐かしい教会で神に奉げたのです。教会の前では、いくつもの輪ができて、感動的な再開シーンが繰り広げられていました。今回の小値賀国際音楽祭は、そういう幅広いイベントの一環として企画されたものでした。

この野外コンサートは、ライトアップされた旧野首教会を丘の上に仰ぎ見る、元野首中小学校の校庭の特設ステージで行われました。プログラムが2部に分かれているのは、最初に述べた歴史的背景によるものです。作曲家の大場陽子さんと、演奏者の皆さんは、この音楽祭のために半年間もの時間を掛けて準備をして来られたそうです。プログラムを見ると世界初演というのが沢山見受けられます。ソプラノとギターとサックス四重奏と言う、あまり聞いたことのない編成で、新しい音楽を創造しようとした意気込みが伝わってきます。そしてそれは、確かな成功を収め、30数年ぶりに集まった人々の心に、彼らの感動的な再開の記憶と共に生き続けるに違いありません。

第1部の「からっぽ」は、吉川真澄さんが作詞、ソプラノサックスの江川良子さんが作曲し、ギターのカデンツァ部分を木村大さんが自ら作るという、出演者全員の力を合わせて作り上げた曲だそうです。歌詞を聞いても意味が全く分からなかったので、後で吉川さんに何語なのか聞いたら、なんとサンスクリット語なんだそうです!!意味は、天地創造を語ったもので、無の中から生まれてきたので、タイトルが「からっぽ」なんだそうです。彼女がサンスクリット語を勉強しているとは知りませんでした。恐るべし、吉川真澄。

第2部は、旧野首教会の鐘の音が始まりでした。鐘の音が鳴り終わり、それに気付いて人々のさざめきが引いて行き、会場が再び夜の静寂で満たされると、代わって吉川真澄さんがアカペラで歌う、G.シェルシの「アヴェ・マリア」が島の空間を支配します。
このコンサートは野外で行われたため、マイクとスピーカーが使われていましたが、吉川さんのマイクを通した声を聞いたのは初めてでした。また、この曲には低く強い声がふんだんに使われており、今までの吉川真澄さんのレパートリーにない歌で、初めて聞いた野太い(笑)声に、びっくりしてしまいました。サンスクリット語だけではなく、いくつものサプライズを用意してくれていたようです。再び、恐るべし、吉川真澄。

演奏者の皆さんのお茶目心が入れた「月がとっても青いから」は島の人に大うけでした。これも演奏者の方々は初めてだったようですが、私の年代なら誰でも知っている歌です。世代が代わると多くのことが忘れ去られますが、野崎島の人たちが旧野首教会をおじいさん、おばあさんの記憶と共に思い出されるように、今日の若い演奏者の未来のお子さん達が、これらの歌を彼らのおじいさん、おばあさんの記憶と共に思い出してくれますように。
小値賀の人たちが旧野首教会や野崎島の自然を未来への遺産として守り続ける努力に心から敬意を払いたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

【演奏会場】
小値賀町総合体育館

【演奏曲目】
J.ダウランド:ご婦人方のための素敵な小物(Fine knacks for Ladies)
J.ダウランド:来たれ深き眠り(Come, heavy sleep)
作者不詳:アメイジング・グレース

木村大さん(ギター)との共演
他に、ギターソロ、サックス四重奏

【管理人コメント】
仕事の関係で、この日の朝小値賀を経ちました。大好きな吉川さんのダウランドが聞けなかったのは残念でした。
翌27日日はストライクの皆さんと、大島小値賀小学校大島分校で「離島アウトリーチコンサート」、斑島ポットホール付近草原特設会場での「漁火コンサート」が予定されていました。曲目は、今までの曲から会場にふさわしいものを選んで演奏するとのこと。私が島を発った26日の朝は大雨でしたが、天気は大丈夫だったでしょうか?

小値賀を離れる吉川真澄さんのブログ記事をご覧下さい。

こちらもどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事