吉川真澄応援サイト「歌の翼」管理人ブログ

吉川真澄が出演したコンサート等(主として管理人が聴きに行ったもの)を記録しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【演奏会場】
墨田区十間橋通り商店街長屋茶房天眞庵

【演奏曲目】

1ステージ
草川 信:どこかで春が
高野辰之:朧月夜
作者不明:茶摘み
滝廉太郎:花
○プッチーニ:『ボエーム』より、「私が町を歩くと」
◎グノー:『ロミオとジュリエット』より「私は夢に生きたい」
○ビゼー:『カルメン』より「恋は野の鳥」
モーツアルト:『フィガロの結婚』より「手紙の二重唱」
モーツアルト:『コシ・ファン・トゥッテ』より「私は黒髪がいいわ」
ヴェルデイ:『椿姫』より「乾杯の歌」

2ステージ
フォーレ:Maria,Mater Gratie
フォーレ:Pavane
ロッシーニ:猫の二重唱
○チレア:『アドリアーナ・ルクブルール』より「私は創造の神の卑しい僕」
◎オッフェンバック:『ホフマン物語』より「森の小鳥は憧れを歌う」
中山晋平/岩河智子編曲:しゃぼん玉
中山晋平/岩河智子編曲:まりと殿様
高野辰之/岩河智子編曲:故郷

3ステージ
フォーレ:Maria,Mater Gratie
フォーレ:Pavane
ヴェルディ:『椿姫』より「乾杯の歌」
○プッチーニ:『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」
◎J.シュトラウス:『こうもり』より「田舎娘を演じるなら」
○プッチーニ:『トスカ』より「歌に生き、恋に生き」
中山晋平/岩河智子編曲:砂山
中山晋平/岩河智子編曲:雨降りお月さん
高野辰之/岩河智子編曲:故郷

4ステージ
草川 信:どこかで春が
高野辰之:朧月夜
作者不明:茶摘み
滝廉太郎:花
○プッチーニ:『トゥーランドット』より「誰も寝てはならぬ」
◎バーンスタイン:『キャンディード』より「着飾ってきらびやかに」
○ビゼー:『カルメン』より「恋は野の鳥」
モーツアルト:『フィガロの結婚』より「手紙の二重唱」
モーツアルト:『コシ・ファン・トゥッテ』より「私は黒髪がいいわ」
ロッシーニ:猫の二重唱
アンコール
岩河智子:雨のロンド

◎が吉川真澄さん、○が愛甲雅美(ソプラノ)さんのソロ。他は二人の二重唱です。
ピアノ伴奏は鈴木奈津子さん。


【管理人コメント】
ご本人のブログ記事をご覧下さい。

30分歌って30分の休み。それを4ラウンド。ご苦労様でした。
古い民家を改造したというカフェに、毎回4、50名の聴衆が集まって、立って歌を聴いていました。休憩中はコーヒーでも飲んで店の中でねばって、と考えていましたが、終わるころには外に列ができていて、入れ替え制。列の最後に並んでもう一度入るという盛況ぶりでした。

久しぶりの吉川真澄のアリア、よかったです。三回転アクセルに負けない(?)超絶コロラトゥーラに、役になりきった振付も楽しかった。

共演の愛甲雅美さんは、ソプラノなのですが、中低音に伸びと深みのある方です。二重唱ではメゾのパートで真澄さんがソプラノのパートを歌うことになるのですが、ふたりともピュアな声質なので、とても心地よく響き合っていました。お互いに、とても歌いやすい相手と感じたと聞きましたが、よくわかる気がします。

愛甲雅美さんとは、6月24日にも共演が予定されていますので、楽しみにしています。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事