ここから本文です
1/150の仙台
電車大好き!! (子供がね)

書庫全体表示

記事検索
検索

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

駅舎作成ですが、パーツが揃っていないので、未だに大きさは変わっていません(^_^;)
なので、イメージ作りとして、なんとなくの塗装をしていました。
 
しかし、制作していくに従って、山形駅から遠ざかっていってるような・・・
うーーん、よくあることですね!!(๑≧౪≦)
(ってそれはお前だけだろ!!)
 
イメージ 1
 
取りあえず壁の部分を貼り直して塗って見ました。
窓下はレンガになる予定です。
実際の写真で、そのように確認できたので〜
やってみる事にしました。
 
イメージ 2
 
あーーこの角度良いですね〜おっさんが好きなアングルですが・・・
しかし、バラストはまだ塗ってません(^_^;)
 
一番線の壁の部分はアイボリーの壁にします。
その壁のホームの屋根上部分は窓をつけて、鎧張りにしようと思います。
お客の見えない所は安く仕上げると言う当時の風潮を意識してですね(^-^)
 
イメージ 3
 
取りあえず塗ったという感じですが・・・
こんな事でアップでもしないとブログも書く事がないですから・・・(^_^;)
 
イメージ 4
 
次回アップする時にはもっと大きくなってれば良いなぁ・・・(^_^;)
おっさん本人次第ですけどね〜
 
イメージ 5
 

駅舎の作業は進んでいませんが、時間にちょっと余裕があったので、試しに瓦屋根を塗って見ました。
 
瓦屋根って、瓦一枚一枚色が変わったりしてそれを表現するのはどうしたら良いかいまいち答えが出ていませんでした(^_^;)
 
イメージ 1
 
イメージとしてはこんな感じですよね。
テクニックのある人は筆塗りでうまく表現してたりします。
しかし、一枚一枚筆塗りしてもおっさんはうまい感じになりません(><)
 
取りあえずブラシで、グレー、黒、茶色をまだらに屋根を塗って見ました。
もちろんいつもと同じつや消し剤が入ってる色です。
 
イメージ 2
 
明るいのと、つや消し剤がきついのでこんなふうに写っちゃってますが・・・
実際はそれなりの濃さで、ムラっぽく塗ってあります(^_^;)
 
イメージ 3
 
しかしこれでは、パッとしません。
この状態で、しばらく考えていました。
 
そこで、ちょっとした思いつきが!!(((゜Д゜;)))
 
イメージ 4
 
筆にシンナー(うすめ液)を付けてランダムで瓦を塗って見ました。
あくまでもシンナーだけです。
以前にも話した事ありますが、つや消しはシンナーを上から着けると色が濃くなります。
濃くなると言うか、本来の色に戻るんですね。
ところによっては、シンナーで塗った色が剥げたりしてます。
 
その後に同じ、グレー、黒、茶色を薄く上から塗ってやります。
シンナーで濃くなった部分をぼかすような感じでムラっぽく塗ります
コツは明るい色は上から黒は下から塗ってやると、瓦の立体感も増してきます。
すると、こんな感じに!!
 
イメージ 5
 
だいぶ良くなりました!(^O^)
 
イメージ 6
 
不規則な感じでムラが出来てだいぶ雰囲気が出てきました。
 
イメージ 7
 
これはブラシだけでは表現出来ないムラの感じですね。
もう少し研究の余地はありそうですが、
(って言うか、半分思いつきでやってみたんですけどね)
更に良い方法があったらまた報告いたしますね!!(^-^)
 
イメージ 8
 

さて先日塗装したテルハですが・・・
サイズ的にちょっと大きくておっさんは悩んでいました(^_^;)
 
イメージ 1
 
テルハのレールの幅が気になります。
前々から感じていたのですが、形が具体的になればなるほどそれが気になっちゃいます(>_<)
 
イメージ 2
 
サイズ感が違うのは、この製品が大きいと言うより、テルハ自体がサイズや形が色々なので、単純に今回のおっさんのモジュールには大きかったという事でしょう。
 
さーーーてどうしようかなぁ・・・(ーー;)
と言う事で、現在、フルスクラッチで作り直す事を検討中です(^_^;)
 
それと同時に駅舎の制作を始めました。
今回作ろうとしてる駅舎はこれです。
 
イメージ 3
 
あれ?って思った方は・・・よくブログ見ていらっしゃいますね、ありがとうございます(^O^)
以前に航空写真を掲載しましたがその時に写っていた駅舎とは違うんですよ(^_^;)
 
と言うのも、航空写真にある駅舎は現在の前の駅舎になります。
 
イメージ 4
 
おおよそ昭和50年代の山形駅になります。
当時は485系などが活躍していた時代なので、依頼者が希望してる年代とちょっとズレちゃうんですよ〜(^_^;)
 
依頼者はキハ82系とかが活躍していた時代を希望しているので、昭和40年代の駅を再現したいと思います。
それが、今回の三角屋根の駅舎になるんですね〜
 
ホームも時代と違うのですが・・・
資料も見当たらないですし、この航空写真に近かったと言う話もあるので、ホームはこの写真を参考に、駅舎は三角屋根に・・・と言う形を取りました (๑≧౪≦)てへぺろ
 
と言う事で、今回駅舎にベースに選んだのは、グリーンマックスの木造校舎です。
この商品はGMの中でも最大級のストラクチャーらしく幅が30cm超える商品です。
 
イメージ 5
 
山形駅は木造ではありませんが、形状が一番近かったのと、サイズ感がぴったりだったのでコレをベースに作ります。
 
イメージ 6
 
で、駅舎の向かって右側だけ大まかに作りました。
作り込んで行くにはあと2コ程この駅舎を買わないと無理そうです(^_^;)
そうなると、駅舎は1万超えになりそうですね〜(^_^;)
しかも、このまま作ると駅舎の幅が50cmになりそうです・・・
なかなかデカイ駅舎ですね!!
 
でも、このモジュールのメインディッシュ見たいなものですから、丁度良いかも知れないですね(^-^)
 
と言う事で、残り2コを購入次第、続きの報告いたします。
 
イメージ 7

年もあけて新しい年なのに、おっさんはスランプでございます(^_^;)
年末からスランプを引きずってるおっさんですが・・・
今回テルハの一部を塗って見ました。
 
イメージ 1
 
テルハ自体も制作していましたが・・・
更にディティールアップさせていので、内部の鉄骨の雰囲気を追加していました。
 
イメージ 2
 
 
なんとなくでつけているので、微妙なんですけどね(^_^;)
無いよりはマシかな???って感じです。
 
イメージ 3
 
なんとなくでやってるので、あまり突っ込まないでくださいね(^_^;)
早速塗ってみます。
 
色はこちらの写真を参考にしました。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
早速塗りましたが・・・うーーーん(^_^;)
スランプなのがよくわかりますね・・・
 
錆色、ライトグレーなど屈指して・・・
 
イメージ 6
 
頑張って見ましたが・・・錆の間のピッチが大きすぎですね・・・
こう言う表現するならもっとピッチを細かくしないと・・・
とは言ってもこれで3mm間隔なのでこれ以上ブラシでピッチを狭く塗るのはちょっと厳しいなぁ、おっさんには無理っす(><)
 
と言う事で、塗り直して、無難にこれで終了しました(^_^;)
 
イメージ 7
 
さて、おっさんのスランプは何処まで続く・・・
 
 
イメージ 8
 

あけましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願いします!!
 
さて、スローペースなおっさんですが、モジュールのバラスト塗装が終わりました。
とは言っても手前の3本の話ですけどね・・・
 
イメージ 1
 
直射日光で写すと色合いは本当に良い感じですね(^^;)
 
イメージ 2
 
しかし、こんな明るさで普段作品を見る事はないですからね〜
でも、これがリアルな状況なんですけどね・・・(^^;)
 
と言う事で、室内に持って帰って撮影です。
 
イメージ 3
 
何とか雰囲気は出てきたので、来週までには1.2番線の2本も塗り終えたいですね・・・(^^;)
 
イメージ 4
 
3番線は左沢線のホームなので、レールは汚いです・・・って知らないですよね(^^;)
非電化区間なので、ディーゼルのオイル染みがひどいんですね。
そのへんをこれからやっていこうと思います。
 
イメージ 5
 
 
そんな事言ってても、まだレールの上の部分拭き取っていないですけどね〜(^^;)
こんなおっさんですが、今年もよろぴくお願いします!!
 
イメージ 6

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事