ここから本文です
1/150の仙台
電車大好き!! (子供がね)

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

駅舎の作業は進んでいませんが、時間にちょっと余裕があったので、試しに瓦屋根を塗って見ました。
 
瓦屋根って、瓦一枚一枚色が変わったりしてそれを表現するのはどうしたら良いかいまいち答えが出ていませんでした(^_^;)
 
イメージ 1
 
イメージとしてはこんな感じですよね。
テクニックのある人は筆塗りでうまく表現してたりします。
しかし、一枚一枚筆塗りしてもおっさんはうまい感じになりません(><)
 
取りあえずブラシで、グレー、黒、茶色をまだらに屋根を塗って見ました。
もちろんいつもと同じつや消し剤が入ってる色です。
 
イメージ 2
 
明るいのと、つや消し剤がきついのでこんなふうに写っちゃってますが・・・
実際はそれなりの濃さで、ムラっぽく塗ってあります(^_^;)
 
イメージ 3
 
しかしこれでは、パッとしません。
この状態で、しばらく考えていました。
 
そこで、ちょっとした思いつきが!!(((゜Д゜;)))
 
イメージ 4
 
筆にシンナー(うすめ液)を付けてランダムで瓦を塗って見ました。
あくまでもシンナーだけです。
以前にも話した事ありますが、つや消しはシンナーを上から着けると色が濃くなります。
濃くなると言うか、本来の色に戻るんですね。
ところによっては、シンナーで塗った色が剥げたりしてます。
 
その後に同じ、グレー、黒、茶色を薄く上から塗ってやります。
シンナーで濃くなった部分をぼかすような感じでムラっぽく塗ります
コツは明るい色は上から黒は下から塗ってやると、瓦の立体感も増してきます。
すると、こんな感じに!!
 
イメージ 5
 
だいぶ良くなりました!(^O^)
 
イメージ 6
 
不規則な感じでムラが出来てだいぶ雰囲気が出てきました。
 
イメージ 7
 
これはブラシだけでは表現出来ないムラの感じですね。
もう少し研究の余地はありそうですが、
(って言うか、半分思いつきでやってみたんですけどね)
更に良い方法があったらまた報告いたしますね!!(^-^)
 
イメージ 8
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事