ここから本文です
1/150の仙台
電車大好き!! (子供がね)

書庫国鉄時代モジュール(山形編)

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本日も寒いですね(ーー;)
自宅の方は少し雪が積もりました
 
イメージ 1
 
とは言っても仙台の街の方は全然雪はないですけどね(ーー;)
 
昨日試し塗りしたホームの一部をモジュールに置いてみました。
せっかくなので、雰囲気を出す為に、ボツになった跨線橋も一緒に置いてみることに(^-^)/
 
イメージ 2
 
雰囲気は悪くないですが・・・
ホームの色が暗すぎて、よく解りません(^_^;)
色々細かく塗ったのですが、黒すぎて全くわからない状況。
もっと明るく塗り直す必要がありそうです。
 
イメージ 3
 
跨線橋もちょとボロすぎますね(^_^;)
山形駅と言う雰囲気ではないです。
ここまで枯れた感じしてはいけないのですね・・・
作り直す跨線橋はその辺を考慮したいです。
 
そして本日、残りのホームと一緒にホームを塗り直して見ました。
 
イメージ 4
昨日よりは明るくしましたが、もっと明るくしないとダメかな???
上に粉がかぶってるのは仕事でパテを研いだので、気にしないでください(^_^;)
 
イメージ 5
 
また家に持って行ってモジュールに置いて問題ない時は墨入れをしたいと思います。
 
それでは寒い日が続きますが、皆様お風邪をひかないようにお気をつけくださいね!!(^-^)/
 
イメージ 6
本日仙台は本当に寒いっす(ーー;)
今日の仕事も終わったので・・・地道な作業をと言いたいところですが、
地味な作業なので、ちょっと飽きちゃいました(^_^;)
 
そこで、ベースが出来たホームだけでもちょっと練習がてらに塗って見ました。
 
イメージ 1
 
本日はこの4色を使って塗ってみます。
ベースとなる塗装なので、あまり期待しないでくださいね!
 
イメージ 2
 
塗るとこんな感じ。
近すぎて、よく解りませんね(^_^;)
 
イメージ 3
 
柱の穴も処理した分穴があったようには解りませんね!(^-^)/
やったね!
 
イメージ 4
 
コレをベースに色々小技をこの後やって行きますが・・・
それはホーム全部が完成したらやりますね。
 
こう言うのって、何回かに分けて塗装した方が複雑な風合いになりますし、
色合いとかバランスを見ながら変えていくことが出来るので、一発で仕上げるより何回かに分けて塗装する事をお勧めします!!(^-^)/
 
イメージ 5
さて先日、ホームの屋根の柱をカットしたホームですが・・・
 
イメージ 1
 
こちら側のホームの土台は大体終わりました。
しかし、この前のブログでちらっとお話したホームの脇に側溝を着けたいと言う事が、また手間がかかってしまう結果となってしまいました(ーー;)
 
イメージ 3
 
このホームは途中で延長された為か、側面の仕様が異なります。
奥側はノーマルの状態で問題ないのですが・・・
 
 
イメージ 2
 
このベロと言うか、スペーサー部分が邪魔になってしまいます。
もともとこのホームは高さが低いので、おっさんは2mmかさ上げして設置します。
 
基本的にはホームと車両の隙間を丁度良くする為のスペーサーなんですが、
これが今回アダとなっています(ーー;)
 
コレを綺麗にカットって正直難しい・・・
おっさんには無理です。
そこで、考え方を変えまして
 
イメージ 4
 
このようにカットしようと思います。
厚みは1mmほどです。
結構めんどくさい作業ですが・・・
何とか作業勧め、1mmカットした分とかさ上げする2mmの合計3mm棒をこの後接着します。
 
イメージ 5
接着が終わったら、プラ棒にスジ彫りしたら完了です。
そうすれば、ようやく床面の塗装に入れるかな???
 
地味で地道な作業が続きます・・・
ちょっと疲れてくるおっさんでした(^_^;)
 
イメージ 6
本日もホームの加工をしてました。
おっさんのレイアウトに使ってるホームもTOMIXの近郊型ホームですが、いつも気になる部分があります。

イメージ 1

ホームを繋げると、屋根の柱が2本近づいちゃう事です。
製品上仕方ないのですが・・・この感じが気になります(>_<)

柱の間隔を同じにする為に柱の位置をずらすのはかなり面倒なので、
今回おっさんは片側をカットしました!!
等間隔ではなくなりますが、この状況よりは良いと思って柱をカット!!

イメージ 2

この柱のパーツ自体を取り外せれば綺麗に取れるのでしょうが、なかなか接着が強力で取れないので、そのままカットしました(^o^)/

イメージ 3


切り取った柱の部分もホーム床の取り付け穴を埋めるのに一部再利用します。
柱と土台の部分をニッパーでチョキン!!(^^♪

イメージ 4

このままつけても土台の方がホームの床より高いので、ペーパーで土台の肉厚を薄くしてやります。

それをはめ込むと、こんな感じ

イメージ 5

いい感じで埋まってくれました(^o^)/
後は裏から接着しておきます。

イメージ 6

完成するとこんな感じ!!
等間隔ではありませんが、さほどその差は目立ちません。
だいぶすっきりしていい感じだと思います(^o^)/

多分やってる方も多いと思いますが・・・
今日のネタはこんな感じしか無いので(^_^;)

それではまた次回って事で!!(^o^)/

イメージ 7
今日も仕事ですが、合間に加工をしてました。
2mmの角棒をひたすらカット(^_^;)
 
 
イメージ 1
 
カットした部分を脇に見えるペーパーで軽く研いで接着・・・
 
イメージ 2
 
そう、ホームの床の脇の部分です。
このカットして接着の繰り返し作業です(>_<)
 
イメージ 3
 
片面は既に終わっていて、残るは・・・
 
イメージ 4
 
この部分だけです(^-^)/
これでようやくホームの土台が完成!!
 
しかし、ここに来て当初の予定を変更しようと思います。
当初このホームをボードに設置したらそのままバラストを蒔こうと思ってたのですが・・・
 
イメージ 5
ホームの脇に側溝があります。
知ってはいましたが、こそを無視しようと考えてました。
 
しかし、ここに溝をつけるとバラストがホームと接触しないので、ホームを簡単に脱着出来る様になるんですね!
 
整備性を考えれば、その方が良いに決まってるので、今回ここに側溝をつけようかと思います。
 
なので、ホームの固定にはちょっと手間がかかりそうです(><)
 
イメージ 6
 

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事