贅沢堪能日誌

下らない情報でも役に立てれば幸いです

東京ウイークエンド2

イメージ 1

幕張で家族と合流して嫁さんの家族とニューオータニの中華レストランで会食。
写真が一枚もない。

イメージ 2

朝はのんびりと朝食を取り。

イメージ 3

帰りの新幹線の時間まで上野で散策。

本当なら上野動物園でシャンシャンに会いたかったけど二時間待ちなので諦める。

イメージ 4

万双で財布を物色。

イメージ 5

紺色のブライダルレザーのを購入。

イメージ 6

アメ横センタービルの地下へ。

イメージ 7

相変わらず面白いモノだらけ。
たしかアメリカザリガニって食用で入ってきたんだよね。
活きてるから釣り餌に持ってこいだ。



イメージ 8

トゲシャコじゃないか?
これ日本でもいるんだ。


イメージ 9

ふなふなふなふなふなふな


イメージ 10

くらげ?


イメージ 11

吉池が小さくなってる。



イメージ 12

モウカの星



イメージ 13

ドジョウも元気に泳いでるから釣り餌にもなるね。
でも泳ぎ釣りにはヌルヌルしてて不向き。


少し早目に東京駅に戻り帰路につきました。


しかし久々の東京だから買い物してお金使ったな。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

東京ウイークエンド

金曜日は昼に仕事を終えて東京へ移動。
東京に行くのも6年ぶりか?

イメージ 1

少し冠雪した富士山を背に一路東京へ。

イメージ 2

夜は帝国ホテルでパーティー。
立食パーティーだからあんまり食べられなかったけど美味しい物は沢山あった。


二次会は友人と新橋で深夜まで盛り上がってました。


イメージ 3

朝起きてゆりかもめに乗って向かうは豊洲市場。


イメージ 4

しかし仲卸へは関係者しか入れない。

イメージ 5

全然面白くない。
これなら築地の方が100倍楽しいよ。
行く意味無し!
早々に切り上げ。

イメージ 6

豊洲からバスでソラマチへ。


イメージ 7

初めてスカイツリーに登った。
天気が良かったから富士山も見えたよ。


イメージ 8

しかし東京は外国人観光客が増えたね。

イメージ 9

浅草へ移動。



イメージ 10

そのまま合羽橋へ。



イメージ 11

刃物屋さんは一番人気。
日本の打ち刃物は素晴らしいけどちゃんと研げるのかな?


イメージ 12

銀三の三徳包丁購入。

して幕張へ向かう。

後半へ続く。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

独り会

今日は嫁さんと娘が朝からお出かけなので1人お留守番。
天気もいいし中庭で独り楽しむのも悪くない。

イメージ 1

七輪に炭火を熾してスタート。


イメージ 2

今朝安かったフトミゾエビは塩茹でにしてマヨネーズをチョイと付けていただく。
シンプルだけど大好きな食べ方。


イメージ 3

サワラのカマに塩を振って焼くと
ジュンジュン脂が湧いてくる。
今日のサワラはよく太ってたな。


イメージ 4

ドンコよりシイタケは笠の開ききったこういう奴が焼くのには向いている。
あまり肉厚だと火が通るまでに時間がかかるからね。
塩をパラりと振って焼くと汁が出てきて美味いのなんの。


イメージ 5

サワラの中骨に残った肉をスプーンでスキ身にして海苔に包んで山葵と醤油でパクり。
海苔はその場で炭火で炙れるのがいい。

サワラのスキ身はこの食べ方が最近お気に入り。

独りだけど何か盛り上がってしまった。




外で楽しめるのは今月までだよね。

この記事に

開く コメント(6)

今朝の一色11/11

今日はポッキーの日
昨日行った友人がサワラを買えたらしいので二匹目のドジョウを狙って一色へ。

イメージ 1

ハチビキ

イメージ 2

めずらしくギンガメアジ


イメージ 3

ソウダガツオも丸々太ってますね。


イメージ 4

ニベも丸々としてるけど産卵期?



イメージ 5

モズクガニも終わりだよね。


イメージ 6

雑魚は少なめ


カマスが欲しいんだけど太いのが無いね。


イメージ 7

サワラ買えました。
2800円


イメージ 8

脂あります。



イメージ 9

しかしこの魚はアラが少ない。

頭と中骨を焼いて出汁を取ると濃厚な出汁が取れるから好き。

この記事に

開く コメント(4)

鰭酒会

そろそろ気温も下がってきたので薪ストーブの初焚きも兼ねて友人を招いて鰭酒会を開催。



イメージ 1

もう今年で10年目の薪ストーブライフ



イメージ 2

まずは軽く刺身
アオリイカとインドマグロの中トロ
そしてこれからが時期のヒラメ
もう完全に寒ビラメになってますよ。



イメージ 3

立派な椎茸があったのでアヒージョで。

イメージ 11

ヨシエビの炭火焼は殻が柔らかいからバリバリいけます

イメージ 4

石川屋のランプ肉はやっぱり旨い!
これくらいの赤身肉を塩胡椒して焼いて
胡麻油で食べるのが好きだね。

本当はヒレ肉が食べたかったけど朝の10時には売り切れてた。

イメージ 5

そしてメインの鰭コレクション
俺酒飲まないのにね。
奥から
トラフグ 、アマダイ、ユメカサゴ、イサキ、キンメダイ、キジハタ、マハタetc…


イメージ 6

まずはキンメダイ
これ好評でしたね。
焼くと少し残った皮目から脂が浮き立ってくる。
酒も白濁してスープみたいだった。


イメージ 7

意外と好評だったのがイサキ。
骨がしっかりしてるからかな?


イメージ 8

スポット参戦のタチウオ
かなりあっさりと上品な仕上がりでしたが悪くないとの事。


イメージ 9

アマダイは思ったより味が出なかったみたい。
炭火が弱ってきた所で焼いたから焼きが甘かったのかも?

イメージ 10

そして飛び入り参戦の焼きハゼ
これは良くなかったらしい。
ちょっと自信があったのに残念。

ここで日本酒切れで鰭酒は終了。

過去には好評だったのは
イラとアオハタ。

ヒラメはダメだったね。

あーだこーだとみんなでワイワイ品評するしながらやるのが楽しいんだよね。

あとホウボウの胸ビレとかやってみたいんだけど。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事