nar*****のブログ

ブログ、ぼちぼち続けています

全体表示

[ リスト ]

 今日18時過ぎから東京にある「両国国技館」においてTリーグ女子の年間王者決定戦、「プレーオフファイナル」が行われた。
 
 1位木下アビエル神奈川が2位日本生命レッドエルフと対戦し、観客数5035人と男子に続いて5000人超えは流石である。

 第1マッチのダブルスでは世界ランク4位の石川佳純(26歳、157cm)&世界ランク84位の木原美悠(14歳、163cm)ペアがチャン・チェンチェン(中国、32歳、164cm)&ジャン・ホイ(中国、21歳、167cm)ペアと対戦し、11−8、7−11、11−13の1−2と競り負けた。

 ちょっとは勝機があるかと思われたが、中国の無印良品ペア流石ではないか!?

        中国の無印ペアが勝って魅せ

 第2マッチのシングルスでは世界ランク13位のドゥ・ホイカン(香港、22歳、165cm)が世界ランク9位の平野美宇(18歳、158cm)と対戦し、11−5、6−11、14−12、7−11、11−9の3−2と競り勝った。

 平野美宇は大分調子を戻しているようで、途中かなりの粘りであったが、ドゥ・ホイカンを凌ぐまでには至らなかった。

        平野美宇確り競って魅せる春

 第3マッチのシングルスではエン・シュエジャオ(中国、23歳、165cm)が世界ランク37位の早田ひな(18歳、167cm)と対戦し、8−11、11−9、9−11、11−3、17−19の2−3で競り負けた。

 途中押し気味であったが、最終ゲーム10−7とマッチポイントを迎えながら、早田ひなの驚異の粘りに遭い、結局押し切られた。

        早田ひな強い気持ちで勝って魅せ

        早田ひなチームを背負い勝って魅せ

 第4マッチのシングルスでは石川佳純が世界ランク173位の前田美優(22歳、154cm)と対戦し、12−10、10−12、12−10、11−5の3−1で競り勝っている。

 そしてヴィクトリーマッチのシングルスではエン・シュエジャオが早田ひなとの2回目の対戦をし、7−11の0−1で負けてしまった。

 これで早田ひなはTリーグのシングルスで13戦全勝となった。

 凄い!

 以上の結果、日本生命レッドエルフが初代のチャンピオンとなった。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事