ここから本文です
ブログ2004〜HP〜2084コピペしたのは2015年4月21日TUEと。

書庫全体表示

2004〜HP〜2084

大いなる正午、ダイソーでカップとリングをかった。ケイタイハイザラにした。
 
 「人と思想56 アルチュセール(今村仁司 著)清水書院」を読んだ。
 
 今週は50頁から60頁を眺める事にする。
 
 人は死を思う。
 ひとつは、「哲学の死」という。
 もうひとつは、「ある学問の死」という。
 人は生を思う。
 ひとつは、「リアル、イデアル、ノミナル」の考え方である。
 ひとつは、「字学と音楽」の考え方である。
 人はアナグラムである。
 ひとつは、「KARL MARX」である。
 もうひとつは、「AX MARK RL」である。
 人はリアリズムにおいて、ヴェリシミリティクスを考える。
 ひとつは、「テーブルの上に喜捨する」ことを。
 もうひとつは、「テーブルの下から嬉捨する」ことを。
 《それは、ある芸術家が、夂的唯惣論上の位相に合わ(AWA)せる男性も女性も、インターネット地域ZEONで/i/tsの品物をaufheben(ひろいあげ)て、werfen(なげる)時、ある多様な人々の拮抗して生きられる音楽の美而上学に沈下し、対には◆Ⅹ♪に合点してしまうのである。》
 《それにしてもヴェリズモ(真実主義)なり、verisimilitudeは、リアリズムの人文主義に、神の幸福をおそわろうとするのね。だって、今より幸せさ。》
 《このさすらい人オイディプスを、今日のこの日、誰が迎え、乏しい喜捨を投じてくれることか。(コロノスのオイディプス(ソポクレス)岩波文庫[9頁])
 この三つの文章は、かつてスーパーグラムであった私のグラム・グラマーである。
 
ARAYAYARA   ●          
IDIDIDIDIDIDIDID 柬都 ITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTЯΓDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTЯΓDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTЯΓDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTЯΓDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTЯΓDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDЯDTΓITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDID 千円 ITITITITITITITIT
IDIDIDIDID■■DT□□■■ITITITITIT
IDIDIDIDID■■■■DT■■■■ITITITITIT
IDIDIDIDID■■DT■■□□ITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTIDTIDITITITITITITITIT
IDIDIDIDIDIDIDIDTIDTIDITITITITITITITIT
www.IDIDIDIDIDIDpolice.TITITITITIpref.
・・・・・・
 
 フィーリングしらべるコーンのダブルかな、theybe怨の東都のズィー・リング。3/24( 10:30 p.m.、3/28 )
*2017年9月17日の日曜日の真夜中すぎに、台所で料理した。インドネシアのタバコがうまかった。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事