横浜拉麺日記

横浜のラーメン(らーめん)以外も食べに行きたい…

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

9月○日

新横浜ラーメン博物館で期間限定オープンした「むらまさ」さんを訪問〜

「佐野実氏最後のプロデュース」というワケで〜唐津加唐島産の「一の塩」をベースにつくられた新「ご当地ラーメン」です。

自分は基本の「玄界灘塩らぁ麺」〜同行のF氏は「塩とんこつらぁ麺」をいただきました。

ラーメンを待つ間にいただいた「魚ろっけ」は、さつま揚げをコロッケのように仕上げた一品で〜
佐賀では定番メニューだそうで、コレはツマミにも適した一品。

玄界灘〜のほうは、佐賀産の「和豚もちぶた」をベースにやはり佐賀県原産の「みつせ鶏」のガラと焼きアゴ。エソ、昆布などをブレンドしたスープ〜「塩とんこつ〜」の方は、「和豚もちぶた」を白濁するまで炊き出したスープです。

麺はやはり佐賀原産にこだわった小麦などをブレンドした中細のストレート麺〜
カタサではなくホントのコシを意識した佐野氏らしいしなやかなモノ〜

チャーシューにも「和豚もちぶた」を採用〜味玉も「みつせ鶏」だったっけ…
全体的に調和重視の一杯〜

素材そのものを生かしたバランス重視の一品〜文句のつけようもないのですが…

「むらまさ」さん〜ゴチソウさまでした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 ※ イチバン上の写真は去年いただいた「ショウタロウ(大肉麺の小)」です。

お昼過ぎに職場の近所にあるコチラを訪問〜

数年前に改装があってフードコートになってからは、やや足が遠のき〜ほぼ1年ぶりくらいでしょうか…
フードコート内はスィート系のお店が多いため「女子」が多く〜いい歳したオッサンがデジカメ持ち歩くのは危険なエリアです…

「桂花」さんでイチオシといえば「大肉麺(ターローメン)」という柔かく煮込んだ豚角煮入りのラーメンなのですが、今回はあえて「叉焼麺」をチョイス

いまや「熊本らーめん」の代名詞となったマー油がアクセント〜豚骨・鶏ガラなどがメインと思われるスープ〜化調もあると思いますが、ベースもしっかりしてる印象〜おそらくセントラルキッチンでつくられたものでしょう〜かえって安定感があるように思われますね…

麺は中太のストレート〜コチラも安定した茹で加減でいつも「ややカタメ」をキープ〜
チャーシューは大振りでなかなかジューシー〜「カタ茹玉子」もコレはコレでよろしいかと…

店員さんはお客さんが途絶えた時には、しっかりと厨房を片付けたり〜ムダのない仕事ぶりに好感が持てます…チェーン店でもスタッフの意識レベルが高ければ、充分に美味しいものが提供できる好例です。

この店が近くにあるおかげで、忙しくてもローテーションのやりくりが出来ることに感謝です…

「桂花」さん〜ゴチソウさまでした。

【桂花 横浜ビブレ店】
所在/横浜市西区南幸2−15−13 横浜ビブレB1
定休日/不定休(ビブレ休日に準じる)
営業時間/11:00〜21:00

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事