梨の木庵通信

エコでもロハスでもない田舎暮らし

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全276ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

朝ののりしお。

おはよー。

イメージ 4


寒いにゃ、まだ起きたくないにょ。

イメージ 2

そこへ、こましおが。

イメージ 3


早起きのごましおは、もうとっくに目覚めて、オシッコを済ませ、軽いストレッチのあと、お皿に残ってた昨夜の晩ご飯カリカリをたべ、家のなかをひとまわりしてから、がっつり二度寝してるニンゲンとのりしおを起こしにきたのです。

ほんとに、いつのまにか布団から離れられない季節になりました。
ネコが一緒に寝てくれるのは嬉しいけど、あまりに早く寒さがやってくると、なんだか焦りますね。
冬眠準備が出来てないのに冬になっちゃったクマの気分。

昨日あたりからストーブの初焚きの話題もちらほら。
ああああ、うちもそろそろ準備しないと。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

岩槻で開催されていた創作人形フェスティバル、15日に無事に終了しました。
初めての街だったし、さすが人形の産地、興味深いものをたくさん見たので、いろいろ写真を撮りたかったのに、1枚も撮らずに終わってしまいました。

重陽の節句のために作られた菊の練りきりを、帰宅後に食べました。

この記事に

開く コメント(1)

またパソコン入院

イメージ 1

そろそろ買い替え時期ってことなのでしょうか。
とにかくまたしてもパソコンが使えなくなって、スマホから更新です。
これにも慣れといたほうがよいので、ぼちぼちやっていきます。
はぁ、、、。

この記事に

開く コメント(1)

残暑


イメージ 1

イメージ 4



爽やかだけど、やや暑い。

今年の夏はジメジメしてたり肌寒い日が多かったので、「残暑」という言葉がピンときませんが、季節は間違いなく秋ですから、やっぱり残暑と呼ぶのでしょう。

ヨメナなのかなあ、野の菊がかわいい季節です。
ネコ散歩も楽しそう。

イメージ 2

庭は相変わらずボサボサですが、草の勢いは止まって、この先はしぼんでゆくばかりです。

ん?雑草ヤブの向こうから白黒の生き物が。
























イメージ 3


あ、2匹になった。


2匹そろって雑草道を帰ってくる様子を撮りたくて、先回りして待っていたんです。

私が一緒にいると、草を食べたり、遊んだり、もっと遠くへ行きたいと言ってゴネたりして、なかなか前に進みませんが、私の姿が見えなくなると不安になるらしく、あわてて帰ってきます。
ヒモを引っ張り合うこともなく、ちゃんとお行儀よく、妙に真剣な顔です。














イメージ 5


そのネコ道には、イヌタデが増えてきました。

野の菊が咲いて、イヌタデが咲いて、いちばん好きな時期。






















イメージ 6

ツワブキもそろそろです。



























イメージ 7


昔染めた柿渋布を庭に引っ張り出しました。

じつは来月、久しぶりに柿渋バッグを出品します。
在庫の布を確認して、ついでにすこし陽にあてます。

奥に見えるのは、私が7年くらい使い続けているバッグです。



















イメージ 8


久しぶりに見る柿渋布。

陽の下で見ると、秋らしくて良い色です。
やっぱり柿渋、好きだなあ。























イメージ 9

なぜか、ネコも張り切る。

大麻布は、ネコが遊ぶのにちょうど良い張りと厚さで、透け具合ものりしお好みなんですね。

当分の間、またネコが喜ぶグチャグチャな部屋になります。


















この記事に

開く コメント(0)

つれづれ想秋

イメージ 1



早秋でも爽秋でもなく、想秋。

秋はいつもワケもなく気持ちが落ち着かずなんだかソワソワするのですが、今年はソワソワというよりも・・・ゾワゾワする。
なんだろう、これ?
おかしな天気のまま夏が終わってしまい、猛暑だといわれて身構えていたのに、あれ?あれ?と言ってるうちに、本格的な秋になりました。

スマホとタブレットを持つようになってすっかりパソコンから離れ、こうして落ち着いてブログを書く機会も減りました。
こんなくだらないブログでも頭の中の整理には役立っていたみたいで、その習慣をなくすと、なんだか物事や時間が薄く浅くサラッと、印象に残らずに流れ去ってしまう感じがするんですよね。
ゴハン食べるのが遅い私は、頭の中での物事の咀嚼能力も低いようで、何度もかみしめてしっかり味合わないと記憶できないようになっているのかも。

そんなワケで、しっかりキーボードをたたいてパソコンでブログを書くという習慣はなくしたくないのです。

と言いつつ、放置が続いたせいか、この夏は2回もパソコンが故障しました。
というか、起動させてないので故障していることにも気づかなかったのですが。
原因は不明なので、コイツもやっぱり放置されることにすねているのでしょうか。



イメージ 2

facebookには投稿してるんですが、サクラタデが咲いていました。

まあ、普通のイヌタデとはちょっと違うな?と思っているだけで、これがホントにサクラタデなのかは、よくわかりません。
サクラタデは湿った場所に多いそうです。
ここはどうなんだろう?
家の横の低い場所なので、湿っているといえば湿っているかなあ。

遠くに見えている白黒は、のりしおのお尻。






















イメージ 3

最近の面白い出来事は、ウチの汚庭で採れたナゾのウリ。

カボチャみたいなツルが出てきたので、様子を見ていたら、夏の終わりからどんどん実がなりはじめ、こんなモノに成長しました。

なんでしょう?
シロウリかな?と思うんですけど、ちょっと違うみたい。
人によれば、いくつかのウリが交雑して新種になったのでは?という説も。






















イメージ 4

中はこんな感じ。

みずみずしくて、よく熟れたものは生でも食べられそうなほど柔らかくて、ちょっと甘いです。
まくわ瓜かな?という気もしましたが、別の日に収穫したものは苦かったです。

油でいためたり、豚肉と一緒に調理すると、油(脂)を吸っておいしくなります。

でも、ボヤっとした味と歯ごたえ。
特に主張もなく、存在感もない食材。
なんだか、私自身のようです。

面白いので、梨の木庵で採れた新種「梨の木瓜」と命名して、いろいろな人にプレゼントしています。

ただ、これはネコウ○コを埋めている場所の横から生えてきたものなのですが、人にあげるときには、それはナイショにしています。

ネコウン○が土に何らかの作用をして、新種を生み出したのでしょうか。
そもそもタネはどこから飛んできたのでしょうか。

とにかく、ナゾだらけですが、食べられることは確かなので、今年の秋はこのウリで楽しんでいます。






イメージ 5

そのウリの肥料を生産しているネコ。

10月4日の夜、今季はじめてのりしおが布団に入ってきました。

ジメッとした寒い夜で、最初はニンゲンのベッドの横の衣装ケースに寝ていたのりしおでしたが、体を触るとなんだか冷えていたので、「お布団にくれば?」と声をかけると、何か文句を言いながら入ってきました。

いつのまにかこんなに冷える季節になったことを嘆いているのか、それとも「おまえとなんかホントは寝たくないんだがニャ」とか言っているのか、とにかく、ニンゲンの布団に入る前にはいつも不機嫌そうにブツブツ言います。






イメージ 6

ついでに書いてしまいますが、昨日は埼玉まで行ってきました。
岩槻の人形フェスティバルの搬入です。
(拙作の手前は小林久仁子さんの作品)

どこかで1日飛び越えてしまったみたいで、日にちの感覚が狂っていて、搬入には間に合わないと勘違いして荷物だけ送っていたのですが、実際の搬入日と飾り付けは昨日だったのでした。

はじめて自力で運転して埼玉県へ。
高速道路に自信がなかったので、手書きの地図とスマホのナビを頼りに、下道だけで行ってみました。
距離優先で、かなりコアな道順です。

知らない道、知らない地名、そして桜川、小貝川、鬼怒川、利根川、江戸川と、大きな川をたくさん渡りました。
江戸時代の人はこんな道を歩いていたんだなあ。
ナビの予測では、車での所要時間1時間40分くらいですが、徒歩なら14時間と書いてあります。
このあたりに茶屋があったかな?とか勝手に想像しながら、景色をながめてのんびり・・・いや多少焦って運転。

人形はすでに会場に届いているので、私が行けなくてもなんとかはなります。
設営には慣れたスタッフがいるから、それほど困った事態にはならないでしょう。

そんなことを思って自分をなぐさめ、励ましながらも、慣れない長距離運転と初めての道にかなりドキドキしていて、でも知らない土地で引き返すとますます迷いそうだし、とにかく前へ突き進み、なんとか目的地に到着できたときには、誰かれかまわず抱きついて泣きたいような気分でした。
実際には2時間半ほどかかりました。
それでもスマホのナビが結構信頼できることを知ったので、帰りはスマホの言うことを聞いて、おとなしく高速に乗って帰ってきました。
夜で空いていたので私の運転でも大丈夫でした。

というわけで、「人形のまち岩槻 創作人形フェスティバル」は本日から始まっています。
「重陽の節句スタンプラリー」も同時開催。
どうぞよろしく。

私は最終日の15日にまた行く予定です。
今度はたぶん、ドキドキしすぎずに行けるでしょう。

この記事に

開く コメント(3)

全276ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事