すずめの日記

シメピルビル治療無効、ギリアド治験ハーボニー参加し著効.経口剤治療は発癌率変わりませんので定期的に通院しています。

ゲストブック

1990年 脂肪肝と診断され非A非B型型肝炎と判明(感染源?歯科?)
1992年 単独IFN(キャンフェロンA600 (インターフェロンα2a)48週陰性セズ
その後:強ミノC週3/60mg〜90mg+ウルソ 週/100mg毎日の時も
2005年 ペグインターフェロン+リバビリン 48週ウイルス減るが陰性セズ
       肝機能抑えるため
2006年  INF長期少量へ、スミフェロンDS300万単位週3回+ウルソ600mg
       1年半投与=これって効果見られず
2008年 瀉血療法 月200ml/2回 
       フェリチン落ちるが肝機能改善に至らず・・・
2011年 TMC435HPC3004(PgIFN+リバビリン+プロテアーゼ阻害剤)
       TMC435を24週服用とPgIFN+RBV24週=48週の治験参加
       1,2未満継続するが陰性(SRV)セズ
2012年 ウルソにて肝庇護治療
       
ギリアド、ソォスビル+レディスパスビル治験参加し著効

投稿数:218

このゲストブックでは、ログインしている人のみ書き込みを許可しています。

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

はなまま

こんばんは🎵

コメントありがとうございます。
以前お仲間の会に参加させて頂きましたよ!

その頃は、治療中で一度参加しましたが、その後は副作用で精神的にも鬱状態になり、あまり記憶もハッキリしないんですよ。
でも、六義園でコメント頂いて駒込で皆さんとお会いしたことを思いだし懐かしく思いました。

今は、治療も進歩して副作用も少なく元気になられる時代になって、ホントに良かったと思います。
これから治療される方にとっては、朗報となりますよね。

しろくま

大雨の災害、お見舞い申し上げます。
すずめさんのところは大丈夫でしたか?

開く コメント(1)

全44ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事