ここから本文です

書庫全体表示

京都へ納品

あちこちで、大物ゲットの釣り記事が満載状態になってきました。
こちらは、あまり釣果もなく、遠慮気味。

さてさて、先日、超単純な寸法ミスをしてしまい、製作し直しとなった棚が発送納品終了しました。

実はお顔も最期まで存知あげない京都の方からのご注文でした。
ウェブを検索していく中で私のHPに辿りつき、何度かのメールでのやり取りでご注文を決めていただきました。

全く得体の知れない工房に、メールだけでご注文、
もし逆の立場なら、かなりの冒険です。
そんな思いに何としても応えなければいけません。

完成したら、背板の裏に銘を墨書し、表袴面には落款を彫りこむというご要望。
つまり私の名がこの家具が廃棄処分されるまで、残るということになります。
なおさら、手が抜けません。

イメージ 1


少しトラブッてしまいましたが、無事、発送納品。
本当にありがとうございました。

そしてメールいただきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/25/f2/nonnbiriya_1977/folder/323495/img_323495_2582254_20?2007-01-15.gif

こんばんは 木村です。
今朝9時半ころ届きました。
思っていたより早く到着したので、先ほど本を並べ終えました。

木目もいいし、木組みがまた素晴らしいですね。
落款、とても素敵です。朱色も程良いアクセントになっていて、私こんなの大好きです。
背板裏の著名もありがとうございました。

本物の手造りの風格です。私にとっては、これで
大変安くて利口な買い物になりました。
ただ、yabuさんにとっては、余計な材料費などで、
儲からなかったでしょうね。それが少し気がかりです。

帰宅した奥方、瞬間絶句、そしてニッコリです。
天板上に置物を考えていたようですが、ややあって、
天板上には何も置かない方がイイナ、ですって!
あとは何冊か抜いて、背板が見えるように2〜3か所に
置物のスペースを作ろうと思っています。

以前書きましたが、ブログなど自由に使って下さい。
掲載にコメントの必要ができましたら
お知らせください。メールします。
簡単ですが、今夜のところはこのあたりで失礼します。
本当に素晴らしい本棚を作って頂いたことに
感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。   京都 木村

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/25/f2/nonnbiriya_1977/folder/323495/img_323495_2582254_25?2007-01-15.gif

木村様、本当にありがとうございました。
こちらこそ、感謝、感謝、感謝。。。。

この記事に

  • フィッシュアウルさん>
    まさしく、その通りです。
    なんで、こんな大変な世界にワザワザ入ったかというと、その「自分の分身」がこの世に残る、っていうのが一番の魅力でしたね。
    だから、恥ずかしい作品は残せない、っていう緊張感がありますね。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 0:45

    返信する
  • みほさん>
    ありがとうございます。
    お店で、活躍してるんですね。
    嬉しいです。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 0:46

    返信する
  • 顔アイコン

    すごいですね。正直ビックリです。

    背板の裏に銘を墨書っていーですね(笑)

    いつか私もしてみたいです。

    これからもがんばってください☆

    [ ともし ]

    2009/7/4(土) 午後 6:31

    返信する
  • ともしsan>

    書を少し勉強、練習しないといけないなあ、って思いましたね。
    別にこのためではなくて、やっぱり日本古来の文化、身につけて損はないなあと。。
    これからも頑張ります。ハイ!!

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 6:50

    返信する
  • 顔アイコン

    いやあ〜ほんとに、ご苦労様。

    上がって一杯飲んでちょうだいな。

    そうです。技術は覚えたら鬼に金棒です。

    加トちゃんも、早くYabuさんみたいな親方に付けば、

    人生変わっていたかも。ポチ 凸です。

  • 顔アイコン

    う〜ん!渋いです。。いいですね〜。。

    1091masa

    2009/7/4(土) 午後 7:55

    返信する
  • 加トチャン>

    確かに技術は覚えたいですね。
    木工の学校に行ったこともないし、木工関連の仕事についたこともありませんでしたし、師匠も親方もおりませんし、全くの独学で、あちこちの情報を仕入れながら、遠回りをしてきましたので、これから自分が作れる「形」には限界があるのだろうと思いますね。

    加トちゃんのように、五重塔を作れるような技も知識も皆無でございます。
    どんな技術も、その技術で何を作るかということが大事なんだろうと思いますね。
    どんな知識も、その知識を何に使って、どういう結果を作るかが大事なんだと思いますね。

    たかが木工、凄い、って言われることと、嬉しい、って言われること、どちらも欲しい言葉ですが、やっぱり「嬉しい」が「嬉しい」ですね。\(^o^)/
    加トチャンのブログでたくさん、勉強させていただいてます。感謝m(__)m

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    蟻継ぎ加工ですか〜技術の賜物ですね^^
    私も、木工に幾度か挑戦しましたが・・・
    この世界は、やはりセンスとわきまえました。
    素晴らしいです!

    竹

    2009/7/4(土) 午後 8:26

    返信する
  • 本棚にこだわるのは、本好きの証です。
    粋な方に使っていただいて、yabuさんとしても職人冥利に尽きますね!

    タテゴト

    2009/7/4(土) 午後 8:42

    返信する
  • 竹さん>

    センス、確かにそうだと思いますが、回りの木工家を見ると、もっと、いろんなことを勉強しないといけないなあ〜。と。
    若い頃から始めたことではないので、右往左往です。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 9:30

    返信する
  • タテゴトさん>

    なるほど、そういうことですね。
    これだけの大きさの棚に文庫本納めるわけですから、かなりの数。。。
    やっぱり、本が好きなんですね、木村さん。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 9:32

    返信する
  • masaさん>

    順序がずれてすみませんm(__)m
    これが仕事ですから、普通にできないとマズイですよね、やっぱり。
    皆さんのブログでは自分の仕事のことを全く書いていない人が多いですよね。
    その仕事ではやっぱり、その道のプロとして「凄い」「さすが」「プロだなあ〜」って関心させるものを、皆さん持ってるんだろうなあ、って思います。

    仕事だけじゃなく、例えば「釣り」
    趣味っていうより、これでメシ喰えるんじゃないの、って思う人もたくさんいますね。
    でも、趣味を仕事にしたトタン、やっぱり、厳しい現実が立ちはだかりますね。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 9:36

    返信する
  • 顔アイコン

    いい仕事しましたね〜♪


    趣味を仕事にできる素晴らしさ尊敬します♪

    勝ちゃん

    2009/7/4(土) 午後 10:04

    返信する
  • 勝ちゃん>

    自分の作りたいものを作れている状況をたぶん、「趣味」の範囲と呼ぶのでしょう。
    まだまだ、中途半端ですね。

    釣りが仕事になれば、趣味が仕事?
    う〜〜ん、釣具屋でもやりたいワ〜。。

    Yabu

    2009/7/4(土) 午後 11:08

    返信する
  • 顔アイコン

    今晩は、この川は不思議な川で、入梅して頻繁に雨が降るようになったら急に魚が小さくなりました。普段は、渓相もあまり激しくないどちらかと言うと初心者向きの川なのですが、雨が降ると極端に豹変する可能性があります。大物達はそれを知っていて、降ると下ってしまうのでは??と推測しています。その証拠に今までは何も反応が無かった、入り口付近の方がデカイ岩魚が釣れるのです。毎年梅雨明けして渇水になったときほど大物が釣れる傾向がありますので、試しに今度は、村の中心部から遡上してみようかと考えています。今回と前回は、あれほど邪魔な存在だった尺オーバーの虹鱒が一度も食いに来ていません、どう考えても下ったとしか思えませんので、調べてみたいと思っています。

    しっぽちあん

    2009/7/5(日) 午後 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    売り手と買い手でこういった暖かいやり取りが、今の世の中余り無いですから・・・。ほんと、良い話ですね^^

    [ aka*a*ei1*76 ]

    2009/7/5(日) 午後 11:19

    返信する
  • 新発地庵さん>

    長年の感と観察から、原因を見つけていくんですね。
    同じ川でも、やっぱり年とともに変化するということがよくあるのでしょうね。

    Yabu

    2009/7/6(月) 午前 7:39

    返信する
  • アカガレイさん>

    本当にいいお客様にめぐりあいました。
    これも私のひとつの財産になりました。

    Yabu

    2009/7/6(月) 午前 7:41

    返信する
  • 顔アイコン

    楢材のオイルフィニッシュ?
    木目が強調されて、本を並べたくなりますね。
    丈夫そうな風格が漂ってます。

    けむきょう

    2009/7/6(月) 午後 9:13

    返信する
  • けむきょうsan>

    はい、オイルフィニッシュです。
    オスモよりもエコ度が高い塗料を最近は使ってます。
    乾燥するまで松ヤニのにおいがするので好き嫌いがありますが、私は大好きなにおいです。

    Yabu

    2009/7/7(火) 午前 6:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事