三毛猫にゃん太

不義理ばかりですまんですぅ〜!

にゃっ展

[ リスト | 詳細 ]

にゃん太通販主催で行う猫大好き作家による作品販売と展示会!
記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年もたくさんの人たちに支えられ
2018年の「にゃっ展」もなんとか終えることができました。

会場へ足を運んでいただいた方々・・
スタッフとして必死にがんばってくれたみんな・・
素晴らしい作品を一生懸命作ってくれた作家さん・・
遠くからサポートして応援してくれたひとたち・・
告知宣伝で盛り上げてくれた方・・


どれだけ大勢の方々の支えがあったかしれません・・

今回のにゃっ展でも、そのことをまた・・ヒシヒシと感じまくり
旦那ちゃまと二人では抱えきれぬほどの想いを
どぉ〜〜んっといただき
感謝という言葉では足りず
他にもっとこの想いを伝える言葉が見つからないことをもどかしく感じています。


あらためて・・
深く深く・・心より感謝申し上げます。



さてっ!
まだ我が家としては「にゃっ展」が終わったっ・・っという段階ではなくて
作家さんへの明細をお渡しするための作成作業中。。

イメージ 2



今回は50名以上の作家数になっていることもあって
いつも以上に時間もかかり、
実在庫との照らし合わせを行っていく中で
やはりいろいろあります。。

イメージ 3



それを一つ一つ確認しながら、
そして今年も一つ一つの値札を見ながらの入力作業を
旦那ちゃまが、仕事の合間に毎日少しずつやってくれてたせいか?
座り過ぎからか?
お尻が痛てぇ〜〜っ!と騒いでおるっす。あひゃひゃ。

イメージ 4


それでも!
今ではレジスタッフのみんなが
手が空いた時に、日毎、作家毎に値札をまとめてくれてるので
すごぉ〜く大助かり!


以前は、この仕分け作業からやってたからにゃぁ。。

シールタイプの値札の時には、固まって団子になってた時もあったっけ。。

イメージ 5



そんな我が家は相変わらずダンボールに占拠されておりますが
ありがたいことに、フリータイムを満喫しまくってるローズは
ダンボール山には興味が無いらしく、イタズラされずに助かっていて・・
お品は無事ですっっ!!

イメージ 1


8月18日から通販でスタートする感謝祭に向けて
これから、写真撮影やら、ページ作りもそろそろ開始しないと・・やばい。。

今回は30名の作家が出品予定なので
500点くらいになるかも?っというほどの作品数になりそうだから
ページ作り終わるのか?っという恐怖も。。ははは。。


でも、感謝祭を8月中にやっておかないと
9月からのにゃんにゃんBOXにも支障が出てきちゃうから
あと1ヶ月間は・・ふんばらねばっ!!



しかし!にゃっ展のことを、記憶が薄れる前に
ちゃんとブログにも残しておきたいので
これも並行しながら、やっていきたいと・・いう・・願望。。あひゃひゃ。。


ローズの変化についても
これもブログに残したいが・・いったい・・いつ書けるかにゃぁ・・
初の爪切りを敢行したことも、にゃんタマとの関係の変化も・・


でもまずは・・にゃっ展の事を少しずつ書かせてくださいませぇ〜!


ですが・・・その前に・・
どうしても書き残しておきたい・・おかねばならない事を
今日は書きます。

それは・・
にゃっ展にも関わることでもあるから。。





にゃっ展の2ヶ月前の・・

5月17日
大切な友が、突然この世を旅立ちました。


友の名前はミーコさん

8年前からブログでお付き合いがスタート・・
当時、愛猫ミーコちゃんが19歳5ヶ月で旅立ってから1年ほどが経過してた頃で・・
77歳という年齢もあって、次の子を迎えずに
ミーコちゃんを分身として常に
ミーコちゃんとの想い出を宝物にして暮らしていました。


(年齢についてはご自身がブログ上で公表しておりましたので記載しました)
イメージ 6
*写真はミーコさんのブログから



そんな彼女と 6年前・・
会場に来てくれて、お会いすることが叶いました。

その時に撮った写真です。。

共通の友人だったfukkoさんと3ショットで・・


お写真出して天国から怒られそうだけど・・
ちょっとだけ加工したから笑って許してくれるよね。。

イメージ 14



この日は真夏の8月の大阪で、めちゃくちゃ暑い中を
京都から頑張って来てくれました。

とてもお洒落で、年齢を重ねても女性としてのあるべき姿を感じさせられることが多かった。



にゃんにゃんBOXでは、

イメージ 7


イメージ 8


編むことが体力的にだんだんとしんどくなってくると
かわいいお品を購入しての提供や、
応援金を送ってくれたり・・

昨年は・・
「今回は何もお手伝いできないから・・これで何か食べてください!」

っといただいたお気持ちで


イメージ 9


決して・・贅沢な暮らしをされていたわけではなく
団地住まいだったミーコさん。

かけていただく気持ちを、いつも恐縮しながらも
ありがたくお受けしていました。




さらに・・
にゃっ展では実は密かに・・
お昼用のおかずを作って送ってもらっていました。


イメージ 10



その時は恥ずかしいから名前は伏せて欲しいということで
「古くからの友人」として紹介していましたが・・


イメージ 11



とても優しくお出汁の効いた上品なお味の
塩昆布、チリメン山椒・・
竹の子と鰹節の煎り煮・・っと


イメージ 12



疲れた身体を気遣う優しい、やさしい・・おかずでした。

食べたみんなも疲労の顔が笑顔になって
ミーコさんのお陰で救われました。


イメージ 13



ミーコさんはとてもお料理好き!

毎晩のお料理に何を作るか?を考えるのが楽しみで
今日はこれ作ってみたのぉ〜っと時折写真が届き
料理話に花が咲き、電話でいっぱいお話しをしてきました。

イメージ 17
*ミーコさんのお写真


互いに旬の食材を送りあったり、作ったものを送りあったり・・

関西と東北の食文化の違いを お互い発見することが多く
ここ数年は楽しくやりとりを重ねてきました。


そんな時・・
昨年、腫瘍が見つかり、抗がん剤治療のために10ヶ月の闘病生活を送ることに・・

2週間入院し、一度退院して、また入院・・
これを10クール繰り返しました。
85歳という年齢の身体にとっては
どれだけ、しんどく辛かっただろうか・・

年齢を考えてしまうと、
もういい、止めたい・・っという気持ちになりかけることも
あったのではないかと思います。

そんなミーコさんを励ますべく
旦那ちゃまと、励ましのTシャツを作ったり
少しでも食べれそうなものを届けたり
思いつく、できうる限りのことをすることで
我々の気持ちも、保っていた感じがします。

イメージ 35


そして・・最後まで根を上げることなく!
ミーコさんは10ヶ月の治療を頑張り通して
癌を退治することができました。

一緒に喜び合うことができて
本当によかった。。

イメージ 37



そして・・年が明けて・・
体力を戻しながら、ミーコさんは一つの目標を立てて
それに向かってがんばってました。

それは・・
「にゃっ展に差し入れすること」


ほぼ1年間の入院生活から体力はかなり落ちていました。
そこで「にゃっ展」を目指して体力も戻すことを自分の目標に掲げて
がんばってリハビリをしていました。

そして、にゃっ展が近づくにつれて、何を作ろうか・・
夏場だし、味は濃い目がいいわよね・・っとか・・
実際に作ってみて、冷蔵庫に一晩置いてみて
美味しかどうか? などなど・・
1日おきにクール便で送るつもりで、計画を立てていたようです。

そうして・・だいたい何を作るかも徐々に決まってきて
緊張しながらも楽しそうに準備されていました。


そんな頃・・
我が家にローズのことが舞い込んできました。。


ローズを迎えることが決まって
5月17日にミーコさんはこれを読むことなくすでに旅立っていました。


その時点で我が家ではその事を知るすべはなく
ローズを迎えるための準備に追われていました。


いつもブログを読み、コメントをこっそり入れてくれてたミーコさん。
ローズのことはブログを読まれる前に伝えておきたかったので
この5月17日の記事を書いた直後に電話を入れました・・
互いに深夜族だったので・・いつものごとく


しかし、当然ながら繋がらず・・どうしたかなぁ・・っと思いながらも、
忙殺されてしまい やっと再度電話できたのが、
5日後の22日に、ローズとアンニイさんを迎えに行った時の新幹線を待つホームから・・

イメージ 34


もちろん・・この時も繋がらなかった。


さすがに何かあったのではないか?っと不安が過ぎり速攻fukkoさんへ電話するも
fukkoさんも同様に連絡がつかないと。。


しかし、親戚の連絡先なども知る由もなく、
時だけが過ぎ去っていきました。


そして・・ふと・・あることを思い出しました。
4月に京都の竹の子をいただいた際に
もらっていた生産者のチラシがあったことを・・

イメージ 38


藁をも掴む思いで、この方へ電話をして、
倒れているかもしれないので!なんとか所在を確認しに行って欲しいと頼むと・・
この農家さんも連絡がつかなくて心配されていたこともあり
すぐに!出向いてくれました。


そこで・・すでに葬儀も終わっていることが分かったのですが・・


実は連絡がつかなくなった後で・・
なんとか状況を知りたくて
ミーコさんの大好物の海苔を送っていました・・

「ミーコさぁ〜ん!どうしたかなぁ〜心配してます」の手紙を添えて
「地元七ヶ浜の海苔」を・・


それが・・そのままポストに入ったままだったのを
この農家さんに見つけてもらうこともでき・・
弟さんに託していただけて、ご仏前にお供えしてもらいました。



後日、弟さんともお話しをさせていただきました。
前日もいつもと変わらぬ様子で
亡くなった日もお出かけする予定だったそうで
昼頃に連絡がつかなかった為、夕方行ってみると
倒れていたとのこと。
心臓発作的な感じで、倒れてそのまま旅立たれたのではないかとおっしゃってました。


ミーコさんは常々・・
コロっとみんなに迷惑をかけないで逝きたいと願っていた。
まさに、その言葉通りの最期でした。



昨年の辛い治療の入院中でも、
「シワシワばぁさんだから化粧しないとびっくりさせちゃうのよっ!」っと言いながら
毎日ちゃんとお化粧をして、いつ看護師さんが入ってきても布団もピシっと綺麗にして・・

お家の中も、いつ倒れても大丈夫なようにと
常に整理整頓、綺麗にしている・・

一人の暮らしは、料理して食べることがおざなりになりやすい・・
けれど、毎日の夕飯作りを楽しみに暮らし。。

イメージ 15
*ミーコさんのお写真


年齢を重ねても、最後まで凛とした佇まいを持ち続け
生涯を閉じられたその姿は・・

女性としての生き方の模範を私に教えてくれました。



イメージ 16
*ミーコさんのお写真


まだ、ミーコさんがこの同じ世に居なくなってしまったことが
とても信じられず、ひょっこり電話がかかってくるような気がしています。


ミーコさん!きっと今・・
天国から見守ってくれてると 私は感じています。


おかげで「にゃっ展」で倒れることなく無事に乗り切ることができました。


これからも、天国から叱咤激励を頼みますっ!


そして・・今度会った時には
またいっぱいお話ししようね。。

きっと・・ローズのことも・・びっくりしながら喜んでくれてるよね。。


イメージ 36






ミーコさんがこの世を去ってから一ヶ月後の・・

6月20日

今度はねこレスさんが追いかけるように旅立ってしまった。


もしかしたら、まだこのことを知らない方の方が多いかもしれません。

きっと、多くの人がこの事実にショックを受けられるはず。。


私自身も、にゃっ展の準備で日々余裕なく
切羽詰まった状態の・・あと1週間で設営が始まるという・・
7月3日に入ったこの知らせに・・

頭が止まり言葉を失いました。



ねこレスさんが、何度も再発しながらも癌の治療を続けていたことは
多くの方が知っていたことと思います。




この時は手術ができず、放射線と抗がん剤の治療を受け・・
ほぼ腫瘍も小さくなって治り元気に仕事復帰!

イメージ 30
お仕事の方も順調に行っていた矢先の・・




それでもっ!
くじけずに、新たな最新の治療法にもチャレンジしながら
必死で治療をし続けてきました。



愛する子達を残して死ねない!

その気持ちに勝るものはないから。。



そして、治療の甲斐あって、あちこちに転移した癌も全て消えかけ・・・
治療の効果が明らかに出たことで
本人も、もう大丈夫だよっ!っとまで話していた・・


それなのに・・

突然の訃報。


きっと、強い薬で癌は消えても
体の方が耐えられなかったのかもしれません。



まだまだ若いねこレスさん。。



愛する子たちが、虹の橋から
ママ早くきてぇ〜っと呼んでしまったかな。。



そして3ヶ月前に


イメージ 26
*ねこレスさんのブログからのお写真






以前、一度彼女のお家に行ったことがあります。
1度目の再発の時に、退院日に合わせて
お家のお掃除をするべく!
差し入れにお弁当を作って
fukkoさんと出かけました。



イメージ 29


美味しい美味しいと言って喜んで食べてくれた時に・・

「一緒に食べてもらえるだけで食欲が出る」と・・言ってた・・


それだけでも行ってよかったなぁっと・・思いながらも

またすぐに長期入院することになっていたので
何か力になれることはないか?っと思いついたのがコレ!

イメージ 31
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます


ニャンズ大家族のため
入院で留守中にニャンズの世話をお願いする方に説明連絡が大変だと聞き・・
それぞれの子たちのご飯の好みの指示などをポスターにしてプレゼント!

もちろん・・作ったのは旦那ちゃま・・

それ以外の留守中の指示もイラストで作ったり・・

イメージ 24
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます



やる事リストも作成して・・
これらを全てを壁に貼りまくっていたので、
お世話する方も楽しく通えたみたいだったから、よかった・・



イメージ 25
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます






ねこレスさんの訃報は・・
最後までねこレスさんのお仕事をサポートされていた共通の友人より
亡くなってから14日ほどして知らされました。

この友人もすぐには知ることができなかったそうです。



毎日通っていたヘルパーさんが
朝行かれた時に・・ベッドで眠ったまま亡くなっているのを発見したそうです。


その傍には、愛猫ちゃんが寄り添っていて・・

きっと・・
夜、愛する子と一緒に眠りについたまま・・
旅立たれたのでしょう。。


いつものように眠りについたまま。。




イメージ 33
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます




ねこレスさんとのお付き合いもブログがスタートでした。

たくさんの猫達と暮らし、保護活動もされていて
にゃんにゃんBOXの2回目にご支援をしたこともあります。


そんな中で・・
5年前に、初めてにゃっ展を行うことが決まった際に

お昼は炊きたてご飯があればなんとかなる!っと
炊飯器を持ち込むことだけは決めていて、
おかずをどうするか・・を考えていた時・・
食の仕事のプロだった ねこレスさんが
おかずを作って持ってくよぉ〜〜っと言ってくれて
その言葉に甘えてお願いしました。

イメージ 18



彼女がその時に私に言った言葉は・・
「みんなからご支援をいただいてきて、いつか恩返しをしたかったから
作れて嬉しいっ!」っと・・

イメージ 19


そのお料理は身体のことを考え尽くしたもので
「疲れた時には添加物や農薬は微量であっても、キクんだよね!
疲れが取れないんだよぉ〜っ」と。。


普段からオリンピック選手の食事をデリバリーすることもあるような仕事もしていたので
そこはっ!プロフェッショナルっ!

にゃっ展でももちろん!
無添加で有機野菜を使って作ったお品の数々が並びました・・

イメージ 27



とにかく・・なにより!
美味いっ!美味しすぎっ!!

イメージ 20


どうしてこんなにこのミートボールが柔らかいの?

卵焼きが信じられないほどフワっとしてたり・・

温かく作りたてなら、まだ納得もできるけど
それらは全て冷えているのに?? 不思議だぁ〜!

その技にいちいち感動して
疲れ切った身体に染み渡ったあの美味しさは
これから先も忘れることはありません。

イメージ 21


スタッフも作家も、食べた人は口々に・・

「なんで こんなところで こんな美味しいものが食べれるの?」
「家にいる時より美味いもの食べてるよぉ〜」
「にゃっ展に来ると太って帰るんだよぉ〜」っと・・


イメージ 22


癌になってからも
ずっと・・にゃっ展ランチのために・・
作り続けてくれた ねこレスさん


あの人数分を3日間作り、毎日デリバリーしてくれた ねこレスさん・・

イメージ 23


私も大人数の食事を作ることがあるだけに
その大変さやパワーを考えると、プロとはいえ
申し訳ない気持ちでいっぱいで
本当に毎回、ありがたく、ありがたく・・


スタッフや作家がにゃっ展のキツイ仕事を
笑顔でやり通してくれてるのも
きっと、この食事があったからに違いありません!
にゃっ展ランチを食べれば
また元気に仕事ができちゃう!

まさに・・ねこのレストランスペシャルランチでした。

イメージ 28



もう・・二度と・・
あの料理をいただくことはできない。

そして・・
ねこレスさんの笑顔を見ることができない。

豪快に笑うあの声を聞くことができない。。



イメージ 32




二人が相次いでこの世を去ってしまって

私は受け止められぬまま、今回のにゃっ展を迎えました。


二人の訃報を立て続けに聞いて
動揺している私に対して・・

旦那ちゃまが、言いました。


「今は考えるな!
 いつも、いつも、にゃっ展を成功させることを望んでいた二人のためにも・・
 今は考えるな!
 終わってから・・
 泣き叫べばいいんだ!」




二人の訃報については
誰にも伝えずに、
心に一度仕舞って・・
唯一fukkoさんだけが知る中で
にゃっ展を迎えました。

イメージ 39



にゃっ展ランチは・・
この二人の心のこもったお料理によって
まだ短い伝統だけど しっかりと築かれていった気がします。


★にゃっ展1回目:2014年のランチ

★にゃっ展2回目:2015年のランチ(宮城)

★にゃっ展3回目:2016年のランチ <1> <2>

★にゃっ展4回目:2017年のランチ



極限の疲労の中・・昼抜きで、毎日足を引きずり夜にホテルへ帰って
1週間食べ続けた夜のスーパーのお弁当

だんだんと身体がおかしくなっていくのを感じながら
どうすることもできぬまま、気力で持ちこたえたあの時。。


この経験を通じて
疲労困憊の状態には、どれだけ食事が大事か・・
それがあって、なんとか1週間を乗り切れるんだということを知り
今のにゃっ展ランチの「手作りご飯」のスタイルにこだわりました。

さらに私だけ、にゃっ展期間中は朝昼晩とずっと会場で食べていたので
ランチの残りご飯をいただいてました!

コンビニなどのお弁当と違って
手作りのおかずは、時間が経っても美味しく、
食欲のない疲れた身体にも優しく入っていきます。


私自身が二人のおかずや、他にもみんなからの心のこもった差し入れがあって
倒れずに いつもやり切ることができています。





二人が「にゃっ展」のために 想いをいっぱい寄せて協力してくれたこと。。

決して忘れることはありません。



そしてきっと・・これから先も・・ずっと。。

あのランチを味わった人たちは・・

あの味の想い出と共に、にゃっ展を想い出すのだと思います。




ミーコさん。。
ねこレスさん。。

本当にありがとうございました。


虹の橋で待っているお子達と・・
ゆっくり休んでくださいね。

心より哀悼の意をこめて・・

深い深い感謝と共に。。


イメージ 40


イメージ 41

イメージ 42

この記事に

開く コメント(16)

とうとうっ!!
モニュメントが完成したにゃぁ〜〜!

なんとか間に合ったっすぅ〜〜〜!

イメージ 22




にゃっ展」に飾るモニュメントは・・・
実はっ!ローズのモニュメントにゃのだっ!!

イメージ 1



これをどうしても・・どうしても、今回作りたかったのだ!


イメージ 2



遡ること・・


5月9日
実は・・アンニイさんはある言葉を発していました。



それは・・
「ローズを…いかして欲しい。。」

イメージ 3



ローズは長く、外で他の猫や、人間からひどくいじめられてきた子

そのローズをアンニイさんが保護するまでは、簡単なことではありませんでした。

月日をかけ やっと、やっと。。やっとの想いで保護して
さぁ〜〜これから!!って時に
奈落の底に突き落とされ
目の上に悪性腫瘍ができて片目を失う手術をしたローズ。


イメージ 4



そして・・我が家へやって来てくれたローズ。。


このローズの猫生を
この先の、不遇な子達のために いかして欲しい。。

アンニイさんの想いは、我らにとって、すんなり納得のいくものでした。

イメージ 5



この時、旦那ちゃまが・・言ったのは・・

ローズを我が家に迎えることを決めた瞬間!
頭に浮かんだのが 仙台藩城主 伊達政宗「独眼竜正宗」

「オレは、それしかないって思った」っと。。

イメージ 6



ここはっ! 宮城!!

東京から宮城へやって来るローズ


イメージ 7


この宮城で「独眼竜ローズ姫」として

不遇な猫達の先頭に立って
先導していく!!

その象徴になるような存在として

ローズをいかしていく。。


イメージ 8



我が家にとっては 大切な家族となったローズ・・
日々、ローズと暮らしながら楽しい月日が始まっています。


このこととは、また別の次元で
ローズが役目を果たすこと。


自分と同じようなハンディを背負った猫であっても
明るい未来を築けることを示し
そして!先導していく。。


そんな役目を果たせたら、とっても素晴らしいことだと思います。

イメージ 21



そこで・・
今回の「にゃっ展」は、たまたま いつもやっていた東京ではなく
宮城で行われることになったこと。。


ここに何か運命的なものを感じながら
この地で、独眼竜ローズ姫としての一歩をスタートさせる。。

そのモニュメントをどうしても作りたかった。。



しかし・・
時間的にかなり無理があって
一時は諦めかけた・・

「今回は間に合わない。。来年の東京でやればいいんじゃないか・・」と・・




でもっ!
独眼竜ローズは、この宮城の地でスタートさせることに
意味があるような気がして、

旦那ちゃまとギリギリまでもがいて・・
やっと、やっと形にすることができた!


中身にウレタンをスポンジを入れたのだけど
どうにも、それをやっている時間がとれなくて・・


イメージ 9



そんな時、私のにゃっ展の服やスタッフユニフォームを作ってくれてる叔母が
ローズ話に感激して
私の代わりに、やってくれたのだ!



もちろん!デザインは全て旦那ちゃまに任せた・・
馬に乗ったローズの絵を描き、
それをプリントして・・

これを縫い合わせ中身を入れていく作業を叔母にお願いした。


今回は 前のにゃん太人形よりも
形が複雑なため、中に詰める硬くて厚いウレタンは
とっても難儀で、かなり苦労しまくり
何度も電話がかかってきて
どうするかの相談をされた。。


そうして・・やっと、今日出来上がったのだ!



最後の仕上げを我が家で調整・・。。

イメージ 10



目の眼帯はスェードの革で作り
紐を縫い付け・・

イメージ 11




最後に・・
兜飾りを マジックテープで取り付け・・

イメージ 12


イメージ 13



見事完成っ!!


イメージ 14



今までは絆創膏を付けてたローズですが・・

イメージ 15



これからは眼帯になりますっ!


イメージ 16



ちなみに・・
この兜飾りは、叔母が奮起して本物の金箔を漆で貼りました。

イメージ 17



やっぱり!!
本物の金は輝きが違うぅ〜〜〜!

めっちゃ光り輝いてるっすっっ!!

イメージ 18



これを・・
にゃっ展ブースのセンターに立てる
5mの柱に取り付けますっっ!!


はたしてっっ!!
会場でどんな風になるかなぁ〜〜っ!!

ドキドキにゃぁ〜っ!


イメージ 19

イメージ 20

この記事に

開く コメント(10)

にゃっ展まで・・
カウントダウン状態に入ったにゃぁ〜!
イメージ 1


そんな中!!
埼玉のfukko邸からキタぁ〜〜っ!


イメージ 2


こういうドライバーさんってどんだけ力持ちなの??

イメージ 4


汗をボタボタ落としながら。。

1機でも一人では持てないくらい とんでもなく重いのに

イメージ 3



2機ずつ抱えるって・・人間技じゃないぃ〜〜!

すごすぎる。。

イメージ 5


この棚が無いと開催できないから
これでまずは・・一安心。。


そして・・毎日のように、なんだかんだと荷物受取をしているのですが
今日は5回もピンポンなりまくりぃ〜!



お荷物の中には差し入れもあって

ねこたつさんからスタッフのみんなでどうぞっ!っと

イメージ 6


暑い時には嬉しいゼリー系のおやつ!
クーラー持ってくので冷やして食べるにゃぁ〜っ!



チャリティブースに参加の「りゅうさん」からは
お昼ご飯のアイテムがどどぉ〜〜ん!

イメージ 7


会場では専用の控え室として8畳ほどの部屋を使えるので
ここで手作りご飯を中心に
恒例のにゃっ展ランチを食べる予定なので
ご飯がススムアイテムはありがたぁ〜〜いっ!



内緒さん家からは
購入予定だった必須の飲み物や・・

イメージ 8


さらに梱包用品なども
ぶわぁ〜〜っと!届いたっ!!

イメージ 9


今回はラッピングをするスペースが取れないため
希望者には袋にお花を付ける感じでサクっと行うので
そのためのお花や・・

イメージ 10


レジの袋詰め作業の必須アイテム「マステ」も
買わなくていいどころじゃないくらいっ!
コレクション品をたくさんすぎるほど送ってくれたぁ〜!
この先もバンバン使えて助かる!



そうそうレジっ!っといえば・・
天音ちゃんママ「もりもり」さんからも
大量の猫型付箋が届いたぁ〜〜!

イメージ 11


商品説明のPOPとして急遽書いて貼る場合にも
これは使えるぞっ!



みんな!みんな!
ほんっとありがたい。。


そして・・
やっと!コレも届いたのだっ!
スタッフ用Tシャツ!

イメージ 12


いつもは、叔母が作ったこのユニフォームを着てましたが・・

イメージ 13

今回はスタッフが多いためにこの服だけでは足りず・・
Tシャツも作ったっ!


↓デザインイメージ画
イメージ 14

大勢のお客様でごったがえした時には
スタッフを見分けられなくなるので
お客様から一目で分かることが必要となる。


むろん旦那ちゃまがデザインしたのだが・・
着てみたら予定よりも下目にプリントされてきて
ショック。。。とほほっ。

イメージ 15


このTシャツは 少し多めに作ったので・・
特設のTシャツコーナーでも販売予定

そこで!
購入する方、そしてスタッフにはプレゼントするので
あとあと、着る時のことも考えて
あえて・・「にゃっ展」という文字は入れずに

「ワンニャン殺処分に猫パンチ」という言葉を入れました。


イメージ 42


さらに今回の「にゃっ展」では・・
いつもやってるアンニイさんの保護譲渡についてのお話し会が出来ないため

ワンニャンのためにこの場所で出来る有意義な事はなにか?と考え
このパネルを作りました。

イメージ 16


もちろん!
旦那ちゃまに製作はまるっと投げまくって・・ははは。。


これもギリギリの本日!印刷が出来てきました。

イメージ 17


今回はいつもの「にゃっ展」とは違い
猫好きさん100%のお客様だけではない・・

昨年の入場者数で3万3,000人以上の方が来ているのだから
まだまだ知識不足で理解されていないこのことを・・
一人でも多くの方に知ってもらうことは
とても重要なことと位置付けました。


イメージ 18


目を引くパネルを掲示して、足を留めてもらい
そして・・お話しする。。


イメージ 20


本当はしっかりと作り込んだチラシも配布したかったのですが
ちゃんと分かりやすいものにするためには
写真も必要だし、色んなことを調べる時間も必要。。

そこまでの時間がどうにも取れなくて・・出来なかったことがすごく悔しい。。


でもっ!
ひとりでも・・ふたりでも・・
足を留めた方が、何かを感じ
そして自分にできる一歩を考えてくれたら・・

そう強く願ってます。


イメージ 19


このコーナーは全額寄付のチャリティコーナーの隣に設けます。

お話しは、いつもお手伝いさせてもらってる
地元保護活動グループの「ももざくら」さんに頼みました・・

メンバーの一人で・・
艶子姫っ!

イメージ 22


彼女が連日、ここに立ってくれます!

今、彼女のお家には保護っ子で
飼い主さんが入院して外に繋がれたままだった「ウーロン君」がいます。


つい数日前・・
ウーロン君が今月いっぱい・・もたないだろう。。という余命宣告を受けたばかり。

イメージ 21


今、毎日 涙を流すつらい日々を送ってて
それでも「前からにゃっ展を手伝うって決めてた事だから!」っと・・

設営から撤去までお手伝いしてくれることになってます。


今ウーロン君は怠い身体を持ち上げることもままならず眠ってることが多い状態。


もしも・・外に繋がれたままの状態だったら
きっと、すでにこの世には居なかったであろう ウーロン君

イメージ 23


入院している飼い主さんも、涙しながらも
艶子さんの元に居ることに感謝しているはずです。


看取りをすることになってしまった艶子さんの心労を思うと、たまらないですが・・

そんな艶子さんが、この大切なコーナーに立つことは
とても意味があるはず。

彼女の経験談を交えたお話しに
多くの人が足を留めて、聞いてくれるといいなぁ〜っと願ってます。


そして・・ここで足を留めて話を聞いてくれた方には
前記事でも紹介した缶バッチをお渡しする予定でしたが・・

さらにっ!こちらもお渡しすることにしました!

イメージ 24


手編みのコースターやミサンガがいっぱいっ!!

これらは、マタタビおもちゃで出品の「ぴ〜ちゃん本舗」の娘ちゃまが
自分にも協力できることをしたいと
心をこめて編んでくれたお品。

イメージ 25


大人だけじゃなく、子供達も来るイベントなので
小さい子たちにも、ここで話を聞いて、何かを感じてもらって・・

帰る時には・・
缶パッチやミサンガを身につけてくれたらいいなぁ〜っ。。

っと・・願ってます。。

イメージ 26



そんなこんな・・
連日ごった返す我が家の様子を見るに見かねて・・
あの方がヘルプに来てくれたぁ〜〜!


イメージ 27



昨年のにゃっ展では、東京まで引っ張って行ってしまった・・

あの頼れる彼女ですっ!


イメージ 28


明日も まだ終わらぬ細かい作業をやりに来てくれることに。。

助かるぅ〜〜!

そして当然のごとく・・設営や会期中も
もちろん!お手伝いいただくことになっちょるっ!




あっ!!そうそう!
前の記事でお伝えしたあの「仙台経済界」が届いたのだ!

イメージ 29



開くと・・
にゃん太がどぉ〜〜ん!

イメージ 30


3年前に我が家に取材に来ていただいた時の写真でしたっ!

にゃははっ!



そしてこちらも・・
先日お伝えした2万枚をポスティングしたフリーペーパーの会社に勤める
佐々木さんなのですが・・

会社のブログを担当していて

イメージ 31

そこに、とても丁寧で嬉しすぎる記事を2つも書いてくれたのだっ!


3年前の出会いから、主旨や想いまで・・綴ってくれてて
ウルウルと感激してしまったにゃ。。

佐々木さんも会期中にお手伝いもしてくれ
さらに!一日は、おにぎりを30個握ってきてくれるのだっ!

ありがたいにゃぁ。。


今度のにゃっ展も・・
こうしてたくさんの方々から熱い気持ちをかけていただき
支えられて行うことを・・
日々全身で感じ、感謝の気持ちの中で毎日が猛スピードで過ぎていきます。。



そんな我が家で・・
ローズが来て、2週間が過ぎた頃から・・(にゃんタマと対面した後くらいから)

実は・・タマがご飯を食べなくなってたのだ。。

食べたいとお腹は空いて訴えるも・・
何をあげて「いらない」「いらない」で受け付けなくて・・
ちゅーるもダメ・・
しまいには、胃液に血が混ざったものを吐くようになって
即!病院ダッシュっ!!

イメージ 32


神経性の胃腸炎で・・
薬を飲む日々が続いた。。

ローズが来てから、どうしてもローズへ意識がいってた気持ちを
タマへの心のケアに意識的に気持ちを注いだ・・


イメージ 33


薬のおかげで少しずつ食べるようになって
そろそろ薬もストップしてもいいかなっと・・止めると・・
また食べなくなり・・
また薬を飲ませて・・ご飯をなんとか食べるようにしてました。


しかし・・ここでローズを部屋から出さないでいると
結局、タマがローズを受け入れることが出来ぬまま 何も事態は進まないので

薬に頼りながら・・ご飯を食べてるんだから大丈夫!っと・・言い聞かせ
ローズにはフリー時間を設けるようにしてました。

イメージ 35




イメージ 34



イメージ 36




イメージ 37


そんな日々が1ヶ月近く続き・・

やっと!ここ最近、薬無しでご飯を食べるようになって
安心したところですぅ〜!

イメージ 38


何より我が家にとってこれが一番のストレスだったので

だいぶ・・ほっとしました。。

イメージ 39


っとまぁ・・

近況含みの・・盛りだくさんな内容となっちゃいましたが・・

9日午後にはfukko姐さん&ボスが到着し・・
翌日は設営に突入となります。

あと一回記事を書けるといいなぁっと思うのですが・・
どうかなぁ。。

なんとかtwitterの方には設営の様子から
会期中までを伝えていきたいと思っておりまする。

みにゃさまっ!!
愛情たっぷりの応援、支援、ご協力と・・何から何まで・・
ほんとうにっ!ありがとうございますっ!!

お一人お一人にお礼も言えずの不義理状態で申し訳にゃいです。。

心から 感謝の気持ちをこめて・・にゃん太家一同より

イメージ 40
イメージ 41

この記事に

開く コメント(8)

にゃっ展の設営まで あと10日・・

毎日 しっちゃかめっちゃか めちゃくちゃ状況に陥ってますが・・


どうせ!残り時間は変わらないのだから
10日しかない・・と思うより
10日ある!・・と考えた方がいいっ!

っと言い聞かせるのだが・・・
すぐに・・焦りが・・よぎる。。ははは。。


イメージ 1
さてっっっ!!

今回の「にゃっ展」もどっぷりと・・どっかりと!
あの二人にお世話になりっぱなしである。。

そう・・それは fukko&ボスのコンビ

にゃっ展を陰で支えてくれてる二人にゃのだ!

まぁ・・なんというか・・
あれやって!これやって!と・・甘えまくってるとも言える・・あひゃひゃ。。




今回もそれは半年前から密かにスタートしていた。。





今度のにゃっ展は、いつもと違って
年齢層も幅広く、大人から子供まで沢山の方々が訪れます。

そして初めて「にゃっ展」を知る方も多いので
また次回のために「にゃっ展」のロゴを記憶に残してもらいたいと
レジでお買い物した方へ 毎日先着100名に缶バッチを渡すことにしました!


そのバッチを毎月100個ずつ作れば、5ヶ月で500個できる!ってことで
半年前にお二人にお願いして
バッチの機械とロゴを印刷したものを送りつけてたのだが・・



まずは・・丸くくりぬく作業!


イメージ 2


がっっ!!
かなり前に買った機械だったために
ウレタンスポンジがボロボロと崩れてきちゃって
まずは・・機械の修理からスタートになっちゃった! あひゃひゃ。。



イメージ 3


しかし!直せるとは思ってなかったのに
そこはさすがボスっっ!


イメージ 4


再びキレイにカットできるようにしちゃったっす!


イメージ 5




そして・・
ガッチャン作業へ突入ぅ〜〜っ!


イメージ 6



毎月100個どころか・・
瞬く間に・・500個以上作っていただきやしたぁ〜っっ!!


イメージ 34



さらに・・
内職はつづくぅ〜〜っ! あひゃひゃ。。

こちらは!!
紙袋にハンコ押しっ!

イメージ 7


小物類のストラップやピアスなどを梱包する時には
あると便利な小袋ですが
真っ白のままだと味気ないので
ハンコだっ!ハンコぉ〜っ!


イメージ 8


期間中はまだ梅雨時期真っ最中だと思うので・・


イメージ 9



このハンコ押しは・・
500枚以上となっちょりました。。 




さらに。。
我が家の「キャットタマ」の商品まで・・
やらせてしまったぁ〜〜!

イメージ 10




袋詰めに、値札貼り。。


イメージ 11


ありがたやぁ〜〜〜っ!



イメージ 12



く〜ちゃん!  おっしゃる通りっっ!!





そして・・
今回は猫好きさんじゃない人にも
にゃっ展ブースで足をとめてもらうために
「Tシャツ」「マグカップ」コーナーを特設するのだが
このコーナー専用レジも設置することにした!


ということで・・
3台目のレジ購入ぅ〜〜!



イメージ 13


で・・購入レジは
レジ担当のfukko姐さん家へ!
初期設定や、すぐに使用できるように準備もやってもらうぅ〜っ!



イメージ 14



そんなこんなの内職ばかりではなく・・

さらに重労働もあったのだぁ〜!




3年前ににゃっ展用の棚を作ってもらったのだが →その時の様子

その棚を東京の会場へ我が家から運搬する費用が5万以上かかるために
今では埼玉のfukko家に保管までしていただいちょるのだが・・


イメージ 15


その棚で・・
まだ白く塗ってなかったものを
ボスが塗り塗りぃ〜〜っ!


イメージ 16


ぬりぬりぃ〜っ!


イメージ 17



全部キレイに塗られた棚板たちは・・


イメージ 18


マステで目印を付けるのだっ!


イメージ 19


これは、ボスが現場で設営の時に、お手伝いいただく誰にでも
棚板を取り付ける箇所がすぐに分かるように
マステで目印を付けることで、いちいち指示をしなくてもすむというっ!

ニャイスアイディアっ!!

すんばらしいぃ〜っ!


イメージ 20



出来るだけ効率よく、作業ができるように準備するのも、
イベントではとても重要なこと!



イメージ 21



棚は全部で12機あるので
この一連の作業は 仕事の休みに何週間にも渡ってやってくれたんだにゃ。。

イメージ 22



最後にチェックをして・・
以前配送中に折れたりしたこともあったので
しっかり梱包・・



イメージ 23



そして・・

イメージ 24



ごくろうさまにゃぁ〜〜っ!



こうして・・
本日っ!晴天アッチチの中を・・

イメージ 25



無事に佐川急便の飛脚便で集荷になったぁ〜!


イメージ 26



数日中には我が家に届くはずっっ!


イメージ 27



この棚は2m近くあるので
トラックも通常サイズでは入らずデッカイために
アンテナ線が引っかかっちゃうというアクシデントがあったが

ボスっ!!
脚立に登って線を持ち上げたらしい・・あひゃひゃ。。


イメージ 28



そんなボスには・・
今回新たな 飾りミニ棚も作ってもらったっ!


レジ脇にポストカードを集めたコーナーを作るにあたり・・
壁に立てかけて飾るためのもの。。

イメージ 33


これは、いろいろ使えるので今後も重宝しそうっ!



そんな、にゃっ展ブースを、どう組んでいくか・・
何度も何度も・・繰り返して組み直しましたが
それをリアルにイメージするために
今回は3Dソフトを使いました!

フリーソフトなので・・
具材はかなり微妙ですが・・サイズ感は実物縮尺通り。。





会場となる夢メッセは、とても広い!!
そこで、にゃっ展ブースがどこからでも分かるようにするにはどうしたらいいか?

っと、半年前から旦那ちゃまと考えまくり・・

色んな案が出るも、やれる事とやれない事があるので
技術的、経費的にもやれる形はなんだ?

ボスにも技術的な部分を相談しながら・・


最終的に決まったのが
真ん中に どぉ〜〜〜んっと5mの柱を建てることにしたっ!


ここに猫のモニュメントをくっつけるのだが・・
それをまだ製作中ぅぅ〜〜っ! 間に合うのか?!あひゃひゃ。。






さらに今回は「にゃっ展」すらも初めてのスタッフが多いため
いつも作るスタッフ用の資料も、さらにしっかり作らねばならない・・


今回は現場での作業時間がとても短いために
出来る限り現場では説明をしないで作業に突入できる体勢にしなければならなかったので
この資料はとても重要となる。。

それがやっと昨日完成して20名越える方々へ送ることができたぁ〜〜!


イメージ 29



搬入も担当作家を決めておいて、その順番も効率良くできるように考えて組んだ・・

撤去も閉店後2時間でゆうパックの集荷が来るために
恐ろしいほどのスピードで作業をしなければならない。。


イメージ 31


撤去にはスタッフが、本当はもっと欲しいところだけど
この日は塩竈みなと祭りでもあるので
なかなか・・手伝える人が少なくて・・



イメージ 32




人手不足もあると、どれだけ効率よく撤去作業ができるかは・・
この作業計画にかかっていると言ってもいい!!

なので・・
しっかり考えたつもりだけど・・とても心配っす。。



そんなこんな・・
一人一人ごとに資料が全部違うため
これを準備するのにかなり時間がかかってしまった。。とほほっ。。







資料と一緒に会場へ入るための証明証も一緒に同封

イメージ 30


これがないと、スタッフは入れないからにゃぁ〜っ!





今回は搬入と撤去が かなりシビレそうだぁ〜〜!
ドキドキMAX スリリングだじょぉ〜〜!





そんな連日の深夜の作業中に・・
やって来たローズだったが!!


イメージ 35


通れないっと・・Uターンしてお戻りになられました。。あひゃひゃ。。



最近フリータイムには けっこう出没するローズなのであるが。。


先日は居なくなって大騒ぎぃ〜〜っ!!


探しまくって 発見っ!
寝室にある 洋服棚の最上段に居たっす。。


イメージ 36



足が短くてちんまりさんなローズですが・・
スタコラサッサと逃げ足が速いっす!




仰向け寝を初披露した時には・・
慌てる様子がヤバかったぁ〜〜〜っっ♪





イメージ 37
イメージ 38

この記事に

開く コメント(8)

にゃっ展まで・・
とうとう20日を切り
不足気味の時間の中で
もがいている にゃん太家でありますが・・

イメージ 1

先日の大阪の地震では
にゃっ展の出展作家さんも自宅が被災し現在避難生活をされている方もいます。

チャリティブースへ出品予定だった方も
家の中がぐちゃぐちゃになってしまったために
早めに送りたいとの連絡もあったり・・

通販のお客様の中にも、後片付けに追われている方や・・

そして・・なにより!家族であるニャンズが
怯えて食欲を失っているお話しも聞き・・


あの東北の震災の事もフラッシュバックし
とてもとても胸がつまるような苦しい気持ちです。


大きな怪我などがなくても
不安感や恐怖心からストレスを感じ
体調を崩すことも多い。


地震の被害に遭われた方々に
心から深くお見舞いを申し上げます。




さて・・
後手後手になっている、にゃっ展の報告を・・していかねば。。


イメージ 2


今回はスタッフは地元の方々のお手伝いが多い中で・・

なんと!!
千葉や埼玉からホテルをとってお手伝いに行くよ!っという方もいます!


にゃっ展スタッフベテランの鹿ちゃん&かっちゃんコンビや
akettoさん

そしてマイ太郎さんの(めめちゃん)里親さん
めめちゃんママさん、

アンニイさんの(天音ちゃん&ほたるちゃん)里親さん
もりもりさんとそのお母様

そして!スタッフの域を超えてる fukkoさんボスコンビ


こんなに沢山の方に宮城まで来てお手伝いをしていただける事は
本当に、本当にありがたいことですっ!!



イメージ 3
                                                                                                                                                                                        


地元からのお手伝いの多くは
譲渡会やHPのお手伝いしている「ももざくら」さんたちや
その預かりさんやお友達で・・


イメージ 18



譲渡会ではポスター貼ってもらったり
多大な宣伝告知をしていただいています。


イメージ 4



先日行った際には・・
なんと!!
譲渡会に家族で来ていた男の子達が

イメージ 5



学校でお友達にチラシまきますっ!
廊下にも貼ってもらいますっ!っと
にゃっ展の主旨をしっかり分かった上で
チラシを100枚も持って行ってくれました。

イメージ 6


不遇な犬猫たちが居る事に胸を痛めて
自分たちがやれることとして
「僕たちもがんばります!」っと・・
宣伝応援をかってでてくれました。


とても頼もしいふたり。。

まっすぐ前を見つめる瞳が輝いていました。



この日の譲渡会は全盲のこてつちゃんも参加していて
しっかりまっすぐ見つめる瞳の先には
幸せな未来が待ってると・・


イメージ 7


この男の子たちを見ていると
その想いをさらに一層強くします。



メンバーの一人いくこさんの子供たちは
仙台で行われるコンサートのプログラムに
にゃっ展チラシの折り込み作業をがんばってしてくれて・・

イメージ 8



こんな小さな子たちにも助けてもらっています!






あの同級生の薬屋けんちゃんも3店舗の調剤薬局に
バッチリ貼ってくれたり
今回もすんごく宣伝をしてくれてます!


イメージ 19


イメージ 20





こっちも宣伝負けてはおれぬ!ってことで・・
3年前に宮城で開催した時に知り合った
フリーペーパー会社に勤務の佐々木さんにお願いして
2万枚をポスティングしました!

イメージ 9



折り込みチラシもB4サイズへとさらに大きくして
裏面には「にゃん太通販」の告知も入れて作り直したために・・



イメージ 10



ポスティング代とチラシ2万枚の印刷代で15万円近くかかってしまったけど・・
それをやる価値がある仙台での配布!


イメージ 11


佐々木さんがポスティング担当だったこともあり
フリーペーパーの上に重ねて挟む形で目立つようにして
ポスティングしてくれるという
ありがたい力も発揮していただきましたっ!


イメージ 12



これはものすごい効果があったはずっ!!



そんな佐々木さん家にも愛猫「こじろー君」がいますぅ〜っ!


イメージ 13




宣伝は他にも・・
仙台のタウン情報誌「S-style」や「りらく」にも掲載されました。


イメージ 14

これは夢メッセ側が載せたものですが
しっかりと!
にゃっ展のロゴマークと宣伝も!


イメージ 15



この情報誌は、こっちではとても知られた地元情報誌で
銀行や病院などにも置かれているもの。


イメージ 16



さらに・・
来月は地元紙「河北新聞」にも先日受けた取材が掲載予定



3年前の宮城にゃっ展の際に取材を受けた「仙台経済界」という雑誌にも
あの時に取材に来てくれた方から告知を入れてくれると電話でお知らせが・・




こうして・・
多くの多くの、沢山の方達に支えられ
着々と、そして・・確実にかなりの告知がされていっていると感じています。




そして最後のトドメになれば!と・・
前回取材に来てもらって放送されたTV局へもコンタクトをとりました。
これはまだどうなるか分からないけれど・・


イメージ 17


やれる限りの宣伝は出来てきてるかな・・っという状況になってます!




イメージ 21

イメージ 22


この記事に

開く コメント(5)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事