三毛猫にゃん太

不義理ばかりですまんですぅ〜!

にゃっ展

[ リスト | 詳細 ]

にゃん太通販主催で行う猫大好き作家による作品販売と展示会!
記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「にゃっ展」における諸々募集の
前記事の続きですぅ〜!

イメージ 1
イメージ 2


今回のにゃっ展で初の試みの交流会ですが・・


このお店探し・・
にゃっ展会場から徒歩圏内で
貸切で安いところってのがなかなか無くて
ネットで探しまくるも
微妙なところばかり・・


そんな時に助っ人現るっっ!!

にゃっ展手伝うよぉ〜っと
早々に連絡をくれた
アンニイさんの里親「天音ちゃんママ」もりよさん!!へ
丸投げぇ〜〜! にゃははっ!

すると・・
見事!!素敵なお店をピックアップしてくれたにゃぁ〜〜!

東京の土地勘もあるから
私がチンタラ探しているより
断然っっ!抜群のお店を発見で・・

会場から徒歩10分程度で 駅から5分の場所
スペイン料理「サラ・アンダルーサ」

イメージ 3
(写真はお店からお借りしてます)



普段カルメンショーなどもやったりしてるようなところ

ここを貸し切り
3,500円の飲み放題コース

ビュッフェスタイルでパエリア含む6品

イメージ 4


着席スタイルで50名にて

イメージ 5


ワイワイ賑やかに懇談できたらいいにゃっ!

イメージ 6







イメージ 7
イメージ 8

いつもの「チャリティブース」ですが
今回も出品者様のご協力で売り上げ全額寄付にて行いますっ!


イメージ 9

っというわけで・・
このブースに無償で提供してやってもいいぞっっ!っという
ハンドメイド作品を募集ですぅ〜っ!


イメージ 10

せっかく提供いただいても
万が一売れ残ってしまった申し訳にゃいっっ!!っという時は
毎年通販サイトの方でやってる「全額寄付にゃんにゃんBOX」に
全て入れて販売しますので
大切な作品は年内中に保護活動する方々への支援金になります。

数は1点でも2点でも・・
たくさんじゃなくて大丈夫だよぉ〜っ!

なにとぞっ!!
ご協力をよろしくでごじゃるぅ〜っ!

イメージ 11







イメージ 12
イメージ 13
こちらも・・
いつもみにゃさまに頼りまくりでありますが・・

しょ〜がにゃいっ!
ちょっくら手伝ってやってもいいぞぉ〜〜っ!

っという方がおりましたら
お声かけてねっ! ウェル ウェル カム子さんですっ!


イメージ 14


さらに公益財団で総裁が常陸宮正仁親王ということもあって
GW期間中は皇室に関わる連休となることで
急遽休館するからこの間は貸せなくなりました!っと
昨年末に突然言われて
5月末になったわけですが・・


いつもはGWで搬入撤去なども
仕事お休みの方が多いため
お手伝いいただきやすかったのだが・・

今度は設営、搬入、撤去が
平日ときたもんだぁ〜〜っ!

これは人手が足らぬ状態ににゃる。。


ガァ〜〜ん。。




さらにさらにっっっ!!

前回までの会場だと24時間使用可だから
夜中でも早朝でも作業ができたけど・・

今度は使用時間が短く時間的にも厳しいので
この間にやりきらねばならず
特に設営をお手伝いできる方
誰かぁ〜〜いませんかぁ〜っで。。

イメージ 15


設営は朝9時半〜お昼過ぎくらいまでに終わらせて
昼過ぎから搬入ディスプレイに突入したいので
まずは!早く設営を終わらせてしまうことが鍵とにゃるっ!


なので・・
設営日23日の午前中だけでも
お手手を・・お体を・・貸せちゃう方おりませぬかぁ〜。。

イメージ 16


お仕事内容は
重い什器の棚をドライバーでガァ〜〜ガァ〜っと組み立て
テーブル設置とクロス掛けて
ローズモニュメントなどの設置が中心になるかと。。


イメージ 17


老若にゃんにょ問いませぬが
どちらかというと殿方に向くお仕事内容かも。。
むろんっ!
殿方に負けぬお嬢さま方も大歓迎っ!

特にクロス掛けはお嬢様方の方がキレイだよにゃぁ〜っ♪

イメージ 18





しかもぉ〜!
いつも陣頭指揮をとってくれる
頼れる味方fukkoさんとボスが
この日は来れないっ!

イメージ 19



にょで・・
私の陣頭指揮ではとても頼りなく
にゃっ展設営が初めての人だけだと
人数を投入することで対応せねば 
てぇ〜へんだぁ〜っ!になるはず。。


イメージ 20


そこでみにゃさまに
このようなお願いをしちょります。

ご自身はお仕事でムリぃ〜〜って時には
誰かお知り合いでも学生さんでも(休みなわけないか)

あっ!学生さんには、ちゃんとアルバイト代をお渡しするっすぅ〜〜っ!

学生さんだけね。。あひゃひゃ。。

でもお昼ご飯はみんにゃに出しますぅ〜っ!


イメージ 21



もちろん!
設営だけじゃなく、搬入(ディスプレイ)も
お力お貸しいただける方は
なにとぞっ!お願いしますぅ〜!



イメージ 22


搬入は23日の設営後〜夜8時半と、翌24日となりますが
終日ムリでも、来れる時間帯だけでもかまいませんっ!


イメージ 23



そして撤去作業27日も朝から一気にやらねばにゃので・・
最低でも20名は必要。。


ここも、什器を分解梱包、荷造りっと・・
殿方のお力がやっぱり欲しいにゃぁ。。

作品の梱包は女性陣のみにゃさまが
大活躍かと!  にゃはは。。


イメージ 24



っということで・・
ボランティアスタッフを!
絶賛募集ですぅ〜!

イメージ 25







イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28


ずぅ〜〜っと、ずぅ〜っと。。
みんにゃに応援してもらってるから
にゃっ展もこうして続けてこれた。。

6年前に初めて開催した時に見つけた表参道の場所が
2023年まで予約入れてたのに。。
昨年できなくなり、代わりに宮城で夏に開催。



おそらく二度と借りれないと思う。


イメージ 29


じゃぁ〜来年の場所は??
全く白紙で、何度も探しまくっているので
その厳しさが身にしみまくってるだけに
安易になんとか見つけるぅ〜〜っと
いつものように気合いで突破っっ!!と・・
現状を知っただけに今は言えにゃくて。。


かかる経費が100万のうち場所代に出せる金額は30万くらいだから
この広さで物販となると普通は倍かかる・・

今度の会館も倍出せれば
多目的使用枠になって、また借りれるかもしれない?!


イメージ 30



だけど60万超えるにょで、さすがにムリ。。

会場費だけじゃなく
テーブルレンタルやら什器搬送などが大きな負担だから・・


来年はオリンピックで
さらに物件探しが難しいような気がする。。


今は目の前のことでパッツン子だから

来年のことは、現段階では白紙だよにゃぁ。。とほほっ。。




誰かぁ〜〜!いい物件知りませんかぁ〜〜!
イメージ 31



でもきっと・・
目的をしっかり芯に持ちながら
前を向いて浮足立たずに足元をしっかり踏みしめながら突き進めば
必ず何かの振り子が振れる瞬間が来ると信じてる

一つ一つきっちり向き合って
一歩一歩積み重ねていくからこそ
地盤がガッチリ固まって
少々の地震が起きてもビクともしないんだと思う

起きた出来事から逃げず
一番ベストな終着点を見つけてがんばる!

そうすれば・・きっと・・
見えなかった道が、ふっと・・開く時が来るんだと思うっ!



・・っっと・・信じたい。。あひゃひゃ。。

今は信じて焦らずにいきたいにゃぁ〜〜!

って・・単に他を考える余裕がにゃい・・とも言えるが・・ははは


イメージ 34



あっっ!!
そうそう今回は「ニャンコにゾッコンテスト」はないの?って思った方へ・・

この会場はギャラリー枠で借りてるため
「アート作品」という概念の下でやらねばならないという大枠があり
これが!トラブルの発端となった
会館の前任者と後任者の考えの違いで
後任者にとっては「にゃっ展」はNGという考えに至ったため
ギャラリー枠(安く借りれる)では貸せないと言ってきたのだ。。

その線引きについては、こっちが決めることではなく
あっちが決めることだから文句言うものではないが
仮に前任者であっても
細かい書類を提出し
上司の決裁がおりて許可するとハンをついたのだから!
後任者の考えが変わったからといっても
それを理由にひっくり返すのは契約違反です!

それが原因で納得いかない!っと大喧嘩になり
最終的には今回だけは・・となった経緯があります

そのやりとりの中で
後任者の中にもにゃっ展を理解してくれる方が出てきてくれて
その方のおかげで借りれることになったところがあります。
そこでその方の立場のためにも
今までのように、なんでもやるスタイルを遠慮して
微妙な駆け引きでコンテストは今回はやらない形にしました


イメージ 32


そんなこんな・・
いろいろありますがっ!!

募集いろいろご協力いただけたら嬉しいですぅ〜!


イメージ 33

イメージ 35

開く コメント(1)

みにゃさまっっ!
にゃっ展募集告知するする詐欺で
すでに有罪が確定でありまするが・・あひゃひゃ。。

やっとっ!!
順次追加していくのもありますが・・とりあえず始動ですっ!

↓ ↓

イメージ 19


その「にゃっ展」ですが
今回は、ご存知のように→・・
予約まで入れて借りれるはずだった会場側が
担当者が変わったからという理由で
貸さない!っとありえないことを申してきて
中止せざるを得ないかもしれない状態で
弁護士立てることも念頭に、闘って
なんとか、今年は借りれることになったものの・・
その闘いに1ヶ月を要したため
作家に正式に頼むことができず・・
押しまくりになってしまった!

そして・・早くしなければならなかった
一番大事な宣伝まで行き着くことがなかなかできず
すでに2ヶ月を切ってしまったっ!!

準備はこれから必死こいてやりまくってなんとできても・・
宣伝が周知不足で当日を迎えてしまうのは避けねばならぬっ!

一生懸命にこの日に向けて心を込めて作った作品は
一人でも多くの方に見てもらうために
作家さんたちに対して、責任もって我々が全力をかけてやるべきこと。


そこが遅れたことは我々の不徳の致すところ。。

なのだけど・・

不十分で思ったほど来なかったね・・っと残念な結果になることは
作家さんたちに対して許されないことにゃので・・
(だったら、経費かけてでも責任もってなんとかしろっ!だが・・ははは)


もうぅ〜〜ここはっ!!

いつも以上に、みんなのお力をお借りさせてくださいぃ〜〜!

ビシっと猫雑誌などに広告掲載できるような経費も無いことが不甲斐なく
宮城だとなんとかなる地元のTV局に取り上げてもらう手段は
東京だと無理なので
その手も使えず。。


みんなに頼る方法しかない他力本願状態でありますが・・


しゃぁ〜ねぇ〜なぁ〜
ちょっとだけやってやるかぁ〜・・って方は

お願いでごじゃるぅ〜〜っ!

イメージ 27




ってことで・・
イメージ 1
イメージ 2



その方法としては・・

「SNSなどネットでの拡散宣伝」
「ねぇ〜ねぇ〜そこの奥にゃんっ!こういうイベントあるのよぉ〜っ!」っと伝書にゃん的宣伝
「もしもしっ!私行くんだけど、あにゃたも一緒に行かない?」っと連行型宣伝


などなど・・手法はいろいろぉ〜〜あるにゃぁ〜っ!  にゃははっっ♪

できる範囲でお願いできたらと・・



そしてっ!!

「ポスター貼ってやるよ!」
「チラシ・DM置いてやるぞ!」
「貼ってくれるお店に持ってくよっ!」

っという方がおりましたらぁ〜〜!

ぜひぜひっ!!
「ここへ送れっ!」っとご一報くださいぃ〜!

ぴゅぅ〜っんと!発送させていただきますぅ〜!

もちろん!
送料は当然こっち負担でごじゃるっ!

チビっとお礼も一緒に添えて送るにゃっ!


ちなみに。。
ポスター、チラシも
旦那ちゃまが必死こいて急ぎヘロヘロになりながら作りまして・・
やっと入稿。。

がっ!世間での紙不足の影響もあって
いつもの最激安業者ではできなかった。。とほほ。。

イメージ 20



今回のチラシは裏面もあるぅ〜!
いろいろ企画が多いので、それもちゃんと告知しにゃいとっ!


<うら面>
イメージ 21



DMもあるにゃりっ!

イメージ 22




さらにっ!
チャリティピアノコンサートは
チケット代から場所代とプログラム印刷代など経費を除いた全額を
寄付にするため・・なんとしても満席にしたいっ!!

そのためには・・
音楽に興味がある人枠でのチラシも必要だよね?っと・・

ピアノ教室とか、音楽関係のお店とか?
そういうところに置いてもらうためにもにゃぁ〜〜!

で・・B5サイズで作成っ!!

<おもて面>
イメージ 3


<うら面>
イメージ 4



っということで・・
ポスターチラシDMが欲しいぞぉ〜って方は
どしどしっっ!!ご連絡くださいにゃんっ!

詳しくは
イメージ 5






イメージ 6
イメージ 7


にゃっ展で初の企画となる
チャリティピアノコンサートですが
演奏者はchikakoさんとあっティーさんで
アンニイさんの里親であるお二人が
無償で演奏してくれることになり
素晴らしい企画を行うことができますっっ!!

前にお二人のことは詳しくお伝えしているのでこちらを参照にゃ→


会場はにゃっ展会場のギャラリー下階にある
130名収容できるホールですが
ピアノはベヒシュタイン!


イメージ 8


さらに!調律もchikakoさんの力で
ベヒシュタインジャパンで調律されてる方に
頼んでいただくことができたのだぁ〜!

そんな素敵な状態のピアノ・・すごく触ってみたくにゃる。。
どんな音がするんだろうなぁ。。

お二人の演奏が今からめちゃくちゃ楽しみだぁ〜!


そして・・
曲もドビュッシー、ラヴェル、ショパンっと・・
贅沢な曲がいっぱいですっっ!


クラシックはなんか肩凝りそうっ〜という・・そこのあにゃたっ!
かしこまって緊張するような雰囲気にはならないから
リラックスして癒され楽しめるはずにゃっ!

なので生演奏は苦手!聴いたことないって方にも
この機会にぜひ聴いてもらいたいにゃぁ。。


そうそう!
普通は司会なんてのは無いんだけど
今回は犬猫のためのチャリティコンサートだから
お二人のニャンズの保護主アンニイさんに
「会場を和ませるべしっ!」っと有無を言わさず司会をやらせるっす!にゃははっ!


ってことで・・
前売りチケットを通販で販売することにしましたっ!

なお130席売り切れてしまったら
当日券は今のところ予定してませぬ。。
イメージ 17






イメージ 9
イメージ 16


今回も「保護譲渡についてのお話会」を
アンニイさんプレゼンツで行いますっ!

イメージ 10
(前回の様子)


過去にもやっていただきましたが
今年はテーマを保護と譲渡にきっちり分けずに
両方を合わせた形で初心者を対象としたような内容にて行います。

イメージ 11



・捕獲器ってちょっと不安。どうしたらいいの?
・保護した時にすることは?
・譲渡できるか不安。
・譲渡する時に気をつけることって?
・経験あるけど失敗しちゃったから不安など・・

イメージ 12


参加者の質問にも答え、参加者とも一緒に考えながら
アンニイさんの長年の経験をふるに生かして
これから保護譲渡をやってみようと思ってる方は
ぜひ!気軽に参加してもらえたらいいなぁ〜っと思います。


前回参加者にお配りした冊子です

イメージ 13



こんな感じの冊子をベースにお話を進める予定です。

イメージ 14



お話会の開催場所は、ギャラリーの上階 5Fの会議室ですぅ〜っ!
イメージ 18



あっ・・
ちょいと脱線しますが・・
アンニイさんの新刊「ノラ猫あがりのスターたち」が
いよいよと出版となります!


イメージ 15


にゃっ展会期中は会場でも本を販売しアンニイさんが

事前に購入された方でも、
会場へ本を持ってきていただければサイン可能にゃぁ〜っ!

イメージ 30



限定300冊でアンニイさんのサイン入りとなります!

実は・・
初版3,000冊のうちでアンニイさんに入る印税は
にゃん太通販で販売する分300冊の現物支給分のみで
これを売り切らないと印税にならない。。


ようはっ!!
通販で売るこの300冊分のお金だけが
本を書いた収入にゃのだっ!


イメージ 24


この1年間・・身を削りながら・・
大切な我が子 べべ、ナナ、ほほ・・たちを見送りながらの精神状態の中で・・

取り憑かれたように書ききった・・
渾身の・・まさに魂を燃やし尽くして書いた

狂おしいほど愛おしい1冊であることは間違いないと・・

この1年・・
ローズとの縁をもらってから
前よりずっと・・傍に感じてみてきて・・思います。





本の内容は15のストーリーで構成されていて

17年間の間に350頭を超える 犬猫たちの幸せの住処を繋いできて
今も・・今日も・・それをしたくて彼女は生きてる。


イメージ 25


この15のストーリーには
そんなアンニイさんが出会った子たちの中で
一般的に譲渡がしにくいと言われる猫や
心に強く残った猫たちにスポットを当ててます。

私も当然ながらまだ読んでいないので
これ以上は伝えることはできないけれど・・

イメージ 23



実はちょうど・・1年前・・
この本を書き始めたのを知った時に
300冊自分で売らないと印税が入らないという話を聞き・・

そんにゃらっっ!!
にゃん太通販でそれ全部販売やったるっっ!!

もちろん!!タダでっっ!!

ってアンちゃまんに言ってんだにゃ・・

それがアンニイさんという保護活動者への
バックアップの形だと思ってるっ!!

イメージ 26


たくさんの犬猫を救うために
フルスピードで365日フル活動し
毎日届く保護や譲渡の相談にも丁寧に耳を傾け
見えないいっぱいの努力を当然のように積み重ねてきた彼女が
身を削りそぎながら
魂を注いで紡いだ珠玉の1冊


その本の販売のお手伝いさせてもらえることに感謝しながら・・

この300冊は売り上げ全額をアンニイさんへお渡しするにょでっ!!

みにゃさまっ!
早く売り切って、アンニイさんをラクにしてあげたいから・・

もしも・・

(販売スタートは 4月4日の夜20時)


もちろん!
うちだけじゃなく、anyazonでも予約販売スタートになってるよぉ〜!
サイン本じゃないけど、こっちは送料が無料にゃっ!

イメージ 28



あっ・・
ただいま 諸々しっちゃかめっちゃかな我が家にゃので
販売の際にはいつもよりも連絡が遅延気味になっちゃうかもですが・・
お許しくださいぃ〜!



っと・・ここで・・字数制限などの容量満杯につき
まだ募集があるので
次へつづきますぅ〜〜!

長くてすまにゃいです。。

イメージ 29

開く コメント(7)

にゃっ展「設営の巻」

えぇ・・・っと・・
何?今更??
ふざけてんの??

っという怒号が聞こえてきそうですが・・
書く、書く、書くと言い続けいったいどれだけ時間がぁ・・・あひゃひゃ。。


現在毎日にゃんにゃんBOXのお品が届いていて
写真撮影もしなければならないのですが・・

やはりにゃっ展記事は書いておかねば
後で振り返る時に
実はあの時どうしたっけ?っとけっこう必要になることがありまして・・ははは。

「記録に残しておくため」ということで
非難を背に書いちゃうのだぁ〜〜あひゃひゃ。。





さてさて・・
遡りまくって7月9日のこと。。


にゃっ展自体は12日からスタートですから
その3日前のこと・・


まずは!先陣切ってあのコンビが到着ぅ〜!

今や!にゃっ展とセット?!というくらいの強力スタッフになっちょる
fukko&ボスご夫妻が、今回は宮城開催であっても埼玉から来てくれたぁ〜っ!

イメージ 1


この日は翌日の設営のための準備があったため
早々に来ていただいたっすっ!



今回はいつも東京の会場に送ってた大量の荷物を
自分たちで運び込まねばならない!
そこで運搬の車も数台必要になる・・・

イメージ 50


絶対必要な軽トラを借りる当てもなくレンタカーを借りるしかないか・・っと
半ば諦めていたところに助っ人が現れたぁ〜〜!



彼女のお家は建設業のお仕事をしているため
大きな2tロングなども持っているのだっ!


そこで設営運搬用に、軽トラックとバンを借してもらえることになり・・

設営も手伝ってくれることになってたので
行く時に積んで行けるように
前もって積み込みに来てくれたのだっ!


イメージ 2




これで何往復もせずにすむぅ〜〜っ!


暑い中、みんなで一気に艶子さんのバンに荷物運びこんだぁ〜っ!



イメージ 3


みんなで運ぶと早いっ!はやいぃ〜〜!
あっという間に積み込み終了で艶子姫はご帰還!






そして・・そのあとは・・
この日のためにご用意させていただきました細々とした仕事を、
案の定やらされるお二人。。

あひゃひゃ。。

イメージ 4



にゃははっ!



イメージ 5





そして・・寝て・・


イメージ 51




翌朝も・・まだまだあるぅ〜!



イメージ 6



スタッフ用Tシャツも・・
一度、染めの薬品落としのため洗ったのを


イメージ 48




たたむぅ〜〜!

イメージ 49




旦那ちゃまも持ち込みモニター用パソの準備やらなんやら・・


イメージ 7






みんなでギリギリまでバタバタしまくってぇ〜〜!


設営時刻の14時に間に合うように
お昼には今回の新たな助っ人「匠名人」が登場にゃぁ〜!

(※釣り具屋に勤めてた頃のお客さん兼釣り友)

イメージ 8



艶子さんから借りた軽トラに運び込む作業を総出でやるっっ!


そうそう・・
この日はめちゃ暑かったよにゃぁ〜〜っっ・・


イメージ 9



みんなで!えっちらっ!ほっちらぁ〜!


イメージ 10




そして・・
大事な主役のこのお二人もお連れせねばっっ!!



イメージ 11



会場まで近いといえど、汚れぬようにお包み致しまして・・・


イメージ 12



御兜飾りは外して金箔が剥がれぬようにしっかと!別でお運び致しましたぁ〜!

まぁ・・この手の作業は
丁寧でピシっときめ細かいお仕事を得意とされるfukko姐さんに任せれば安心っすっ!


イメージ 13



そして旦那ちゃまに抱かれ?!いざっっ!出陣っっ!!


イメージ 14



あっ!そうそう・・最後にやることがあった・・
やっとこ荷物が無くなって広くなったスペースで・・

にゃっ展スペースの真ん中に立てる塔に貼る幕に 両面テープ貼りつけ作業

これを貼っておけば会場で速攻!取り付けできるのでにゃぁ〜!



イメージ 15



とにかく!今回は会場に居られる時間が短いために
できる限り時間短縮させねばならなかったのだ。。





そして・・13時半
軽トラ+匠のバン+我が家の車の3台で出陣だぁ〜っ!


イメージ 16





っと・・会場の夢メッセには15分ほどで到着っす!



会場はすでに業者さんが事前打ち合わせ通りに
壁を設置、レンタルテーブルも準備していて・・


イメージ 17




さぁ〜〜っ!!

ここからが本番にゃぁ〜!

時間が限られているので段取り通りに手際よくやっていかねばっ!!




しかし・・
この日は空調があまり効いてなくて
とにかく、会場内が暑かった。。熱かった・・

汗が滝のように流れ落ちる中での作業はみんなキツク・・


タオルを首に巻いてないとやってられず・・

そんな過酷な状況下で
まずは・・大量の荷物おろしから・・




ここで唯一助かったのがブース脇まで車を入れられたこと!



イメージ 18



男性陣(ボス+匠名人+旦那ちゃま)が中心に
荷下ろしや棚の組み立て作業に精を出している脇で・・

イメージ 19




女性陣がセンター塔の幕貼りぃ〜!

イメージ 20



女性陣はというと・・
これまた強力助っ人が設営に合わせて遠くから参上してくれたのだ!



どこでやろうとも毎回三重県から「にゃっ展」に駆けつけてくれる
ご存知!風の村工房の作家でもある猟火さん


イメージ 21


そして!初にゃっ展スタッフで千葉から参上の
めめちゃんママさん



実は当初から今年の東京にゃっ展のお手伝いを考えてくれていたのですが
東京が中止になっても・・
宮城でも行くよぉ〜っと言っていただいたのだっ!
めちゃありがたいぃ〜〜っ!


めめちゃんはシッターさんにしっかりお願いして
4日間もお手伝いしてくれたのだ。



会場でバッチリ動けるスタイルに着替えて気合も十分ですっ!


イメージ 22



塔に幕を巻きつけてから・・
まずはっ!!

にゃん太店長をテグスで吊り下げぇ〜〜!

イメージ 23



密かにこういう時に、釣りをやってた時の結びの経験がいきるっす! にゃははっ!

テグスもいろいろタイプや太さがあるので、その点の知識も役立つっ!


さてっ・・お次は・・独眼竜ローズ姫の番にゃぁ〜!


イメージ 24



ピシっと金箔の兜飾りもくっつけて・・(ちなみにマジックテープ。。にゃははっ)


イメージ 25



実はこの時に・・にゃん太店長はこうなってた。。 にゃははっ!



イメージ 26



当然のごとくローズ姫が優先されるという。。 あひゃひゃ。。



ちなみに・・にゃん太店長が身につけているバッグと靴は

いつもあられさんが作ってくれる革製のお品ですっ!

ちゃんと足型をとって型紙をおこしての特注品ですぅ〜!

なので・・にゃん太店長しか履けないという。。うひゃひゃ。。






さてっ!
のんびりしてる暇は無いのでぇ〜〜!

会場設営業者さんの手を借りて立ち上げにゃぁ〜〜っ!

って・・なんと!重機なしの手動っす。。ひぇ〜〜〜。。


イメージ 27



イメージ 28



イメージ 29


立った瞬間・・
こみ上げるものがあって
なんだか・・すごぉ〜く感動で思わず見上げてた。。


この広い会場で、さらに陶器のイベントの中でやるためには
遠くからでも目につく目印がないとダメだ・・っと
何ヶ月も前から、いろんなアイディアを出しては
技術的に断念・・
経費的に断念・・と・・
最後の最後に辿り着いた苦肉の策だった。

さらに・・ローズが我が家にやって来て
かなり厳しい中でなんとか間に合ったこの形

それが実際に立つと、できた!っと・・感無量で
じわぁ〜〜っとウルウルでした。



っが・・どっぷり感動に浸ってる余裕はなくっ!



イメージ 30


倒れてこないように、床にビスでガッチリ固定し・・


ちょいと・・ズレてるにゃん太店長を直してあげたいぞぉ〜っと・・


イメージ 31


脚立を立てて直すことに。。



高さ5メートル!

イメージ 32



高所苦手なボスなのに・・

俺がやるっ!っと登って行った!

いよっっ!棟梁ぅ〜っ!


イメージ 33



とりあえず・・
まずは無事にモニュメントの塔が立ってほっっとしたにゃ。。



この時点で2時間が経過してて・・

その後は残りの棚の組み立てやら・・

イメージ 34




塔の周りを棚で囲うので
塔の鉄骨を隠すために白い紙を貼るぅ〜!


イメージ 35



そうこうしてると・・
作家の荷物も一気に届き


イメージ 36




これで翌朝からディスプレイに突入できるぅ〜!


イメージ 37



しかしその前にまだまだやること満載っす!


テーブルにクロスをかけて足元を隠すっ!
全ての在庫や箱はテーブルの下に保管しなければならないのでクロスは必須アイテム。。




っと!!ここにさらに強力助っ人参上ぅ〜!




夢メッセ近くで働いていて仕事を早めに切り上げて来てくれたのだっ!


イメージ 38



さらにっ!
同級生の薬屋けんちゃんまで仕事中なのに
お仕事調整して来てくれたにゃぁ〜!

イメージ 39



そんなみんなの
必死ながんばりのお陰で・・


主役の作品を待つばかりに・・
着々と舞台は整っていくぅ〜〜っ!


イメージ 40




今回はいつものにゃっ展にはなかった目玉コーナーの「Tシャツ祭り」の壁にも
ハンガーをかけるためのビスを打ち込み・・


イメージ 41



すでに・・けんちゃん汗かきまくりでTシャツ着替えてるし・・ははは。。

ほんっっと・・暑かったからにゃぁ。。








そしてこちらも大事な任務っっ!

これがなければ始まらないぃ〜〜っていうくらいの
重要任務のレジ打ちの説明を・・

fukko姐さんが必死にめめちゃんママさんと石井さんへ伝授っ!

イメージ 42



今回は来場者も複雑で多いためにレジをもう1台購入して3台体制にしたことで
レジができるスタッフも増員せねばならず
さらにいつもよりも期間が5日間と長くなるからにゃぁ。。

ほんっっと・・大変な任務です。。申し訳にゃい。。


にゃっ展の場合は、ただ金額を打ち込むだけじゃなくて
作家番号があってそれを打ち込み
さらにチャリティは別番号だったり
剥がす値札と残す値札もあるし・・

前もって資料を渡してたとはいえ・・
めちゃくちゃ神経使うお仕事です。。


っと・・この辺で・・
タイムリミットの20時が近づきぃ〜〜!


イメージ 52



まだやり残しもあれど・・
「出てくださぁ〜〜い!!」っと声がかかって
あとは明日がんばろぉ〜〜ってことで・・

退散!!




翌朝8時からの搬入に備えて この日は
我が家にはfukko姐さん、猟火さん、めめちゃんママさんがお泊まり!

ボスは後ろ髪引かれながら翌日の仕事のために新幹線でご帰還

相棒fukko姐さんが1週間こっちに居るため
ずぅ〜〜っと一人で美容室をやらねばならないボス・・すまにゃいぃ〜。










そして夜20時半過ぎに帰ってきて・・
まずはっ!シャワーだぁ〜〜!
みんなこれでもかっっ!ってほど汗まみれだったからにゃ。。あひゃひゃ。。



にゃん太にはみんなの疲れを癒すという大事な任務をお願いしまして・・

その間にご飯用意だぁ〜〜〜!


イメージ 43



そして夜ご飯に辿り着いたのが夜の10時・・ははは。

お腹もすきまくりで、みんなガツガツだよぉ〜!


ほんっっとお疲れ様でしたぁ〜!


イメージ 44





翌日は朝8時には現場入りだから
さっさと寝るぞぉ〜〜で・・0時過ぎには

布団へダイブしていただきました・・


イメージ 47






その後、みんなが寝静まってから
一人なぜか魚と格闘タイムぅ〜〜!

あひゃひゃぁ〜〜!


イメージ 46



匠名人が釣った魚を差し入れてくれたのでぇ〜
これを捌いておかねば寝れにゃいのだっっ!!


ってことで・・

捌きまくった! ははは。。


煮魚作ってから寝たっす!

イメージ 45



これで明日の夕飯のおかずは楽チンだぁ〜〜〜!




「搬入の巻」へつづく。。。
イメージ 53

開く コメント(5)

今年もたくさんの人たちに支えられ
2018年の「にゃっ展」もなんとか終えることができました。

会場へ足を運んでいただいた方々・・
スタッフとして必死にがんばってくれたみんな・・
素晴らしい作品を一生懸命作ってくれた作家さん・・
遠くからサポートして応援してくれたひとたち・・
告知宣伝で盛り上げてくれた方・・


どれだけ大勢の方々の支えがあったかしれません・・

今回のにゃっ展でも、そのことをまた・・ヒシヒシと感じまくり
旦那ちゃまと二人では抱えきれぬほどの想いを
どぉ〜〜んっといただき
感謝という言葉では足りず
他にもっとこの想いを伝える言葉が見つからないことをもどかしく感じています。


あらためて・・
深く深く・・心より感謝申し上げます。



さてっ!
まだ我が家としては「にゃっ展」が終わったっ・・っという段階ではなくて
作家さんへの明細をお渡しするための作成作業中。。

イメージ 2



今回は50名以上の作家数になっていることもあって
いつも以上に時間もかかり、
実在庫との照らし合わせを行っていく中で
やはりいろいろあります。。

イメージ 3



それを一つ一つ確認しながら、
そして今年も一つ一つの値札を見ながらの入力作業を
旦那ちゃまが、仕事の合間に毎日少しずつやってくれてたせいか?
座り過ぎからか?
お尻が痛てぇ〜〜っ!と騒いでおるっす。あひゃひゃ。

イメージ 4


それでも!
今ではレジスタッフのみんなが
手が空いた時に、日毎、作家毎に値札をまとめてくれてるので
すごぉ〜く大助かり!


以前は、この仕分け作業からやってたからにゃぁ。。

シールタイプの値札の時には、固まって団子になってた時もあったっけ。。

イメージ 5



そんな我が家は相変わらずダンボールに占拠されておりますが
ありがたいことに、フリータイムを満喫しまくってるローズは
ダンボール山には興味が無いらしく、イタズラされずに助かっていて・・
お品は無事ですっっ!!

イメージ 1


8月18日から通販でスタートする感謝祭に向けて
これから、写真撮影やら、ページ作りもそろそろ開始しないと・・やばい。。

今回は30名の作家が出品予定なので
500点くらいになるかも?っというほどの作品数になりそうだから
ページ作り終わるのか?っという恐怖も。。ははは。。


でも、感謝祭を8月中にやっておかないと
9月からのにゃんにゃんBOXにも支障が出てきちゃうから
あと1ヶ月間は・・ふんばらねばっ!!



しかし!にゃっ展のことを、記憶が薄れる前に
ちゃんとブログにも残しておきたいので
これも並行しながら、やっていきたいと・・いう・・願望。。あひゃひゃ。。


ローズの変化についても
これもブログに残したいが・・いったい・・いつ書けるかにゃぁ・・
初の爪切りを敢行したことも、にゃんタマとの関係の変化も・・


でもまずは・・にゃっ展の事を少しずつ書かせてくださいませぇ〜!


ですが・・・その前に・・
どうしても書き残しておきたい・・おかねばならない事を
今日は書きます。

それは・・
にゃっ展にも関わることでもあるから。。





にゃっ展の2ヶ月前の・・

5月17日
大切な友が、突然この世を旅立ちました。


友の名前はミーコさん

8年前からブログでお付き合いがスタート・・
当時、愛猫ミーコちゃんが19歳5ヶ月で旅立ってから1年ほどが経過してた頃で・・
77歳という年齢もあって、次の子を迎えずに
ミーコちゃんを分身として常に
ミーコちゃんとの想い出を宝物にして暮らしていました。


(年齢についてはご自身がブログ上で公表しておりましたので記載しました)
イメージ 6
*写真はミーコさんのブログから



そんな彼女と 6年前・・
会場に来てくれて、お会いすることが叶いました。

その時に撮った写真です。。

共通の友人だったfukkoさんと3ショットで・・


お写真出して天国から怒られそうだけど・・
ちょっとだけ加工したから笑って許してくれるよね。。

イメージ 14



この日は真夏の8月の大阪で、めちゃくちゃ暑い中を
京都から頑張って来てくれました。

とてもお洒落で、年齢を重ねても女性としてのあるべき姿を感じさせられることが多かった。



にゃんにゃんBOXでは、

イメージ 7


イメージ 8


編むことが体力的にだんだんとしんどくなってくると
かわいいお品を購入しての提供や、
応援金を送ってくれたり・・

昨年は・・
「今回は何もお手伝いできないから・・これで何か食べてください!」

っといただいたお気持ちで


イメージ 9


決して・・贅沢な暮らしをされていたわけではなく
団地住まいだったミーコさん。

かけていただく気持ちを、いつも恐縮しながらも
ありがたくお受けしていました。




さらに・・
にゃっ展では実は密かに・・
お昼用のおかずを作って送ってもらっていました。


イメージ 10



その時は恥ずかしいから名前は伏せて欲しいということで
「古くからの友人」として紹介していましたが・・


イメージ 11



とても優しくお出汁の効いた上品なお味の
塩昆布、チリメン山椒・・
竹の子と鰹節の煎り煮・・っと


イメージ 12



疲れた身体を気遣う優しい、やさしい・・おかずでした。

食べたみんなも疲労の顔が笑顔になって
ミーコさんのお陰で救われました。


イメージ 13



ミーコさんはとてもお料理好き!

毎晩のお料理に何を作るか?を考えるのが楽しみで
今日はこれ作ってみたのぉ〜っと時折写真が届き
料理話に花が咲き、電話でいっぱいお話しをしてきました。

イメージ 17
*ミーコさんのお写真


互いに旬の食材を送りあったり、作ったものを送りあったり・・

関西と東北の食文化の違いを お互い発見することが多く
ここ数年は楽しくやりとりを重ねてきました。


そんな時・・
昨年、腫瘍が見つかり、抗がん剤治療のために10ヶ月の闘病生活を送ることに・・

2週間入院し、一度退院して、また入院・・
これを10クール繰り返しました。
85歳という年齢の身体にとっては
どれだけ、しんどく辛かっただろうか・・

年齢を考えてしまうと、
もういい、止めたい・・っという気持ちになりかけることも
あったのではないかと思います。

そんなミーコさんを励ますべく
旦那ちゃまと、励ましのTシャツを作ったり
少しでも食べれそうなものを届けたり
思いつく、できうる限りのことをすることで
我々の気持ちも、保っていた感じがします。

イメージ 35


そして・・最後まで根を上げることなく!
ミーコさんは10ヶ月の治療を頑張り通して
癌を退治することができました。

一緒に喜び合うことができて
本当によかった。。

イメージ 37



そして・・年が明けて・・
体力を戻しながら、ミーコさんは一つの目標を立てて
それに向かってがんばってました。

それは・・
「にゃっ展に差し入れすること」


ほぼ1年間の入院生活から体力はかなり落ちていました。
そこで「にゃっ展」を目指して体力も戻すことを自分の目標に掲げて
がんばってリハビリをしていました。

そして、にゃっ展が近づくにつれて、何を作ろうか・・
夏場だし、味は濃い目がいいわよね・・っとか・・
実際に作ってみて、冷蔵庫に一晩置いてみて
美味しかどうか? などなど・・
1日おきにクール便で送るつもりで、計画を立てていたようです。

そうして・・だいたい何を作るかも徐々に決まってきて
緊張しながらも楽しそうに準備されていました。


そんな頃・・
我が家にローズのことが舞い込んできました。。


ローズを迎えることが決まって
5月17日にミーコさんはこれを読むことなくすでに旅立っていました。


その時点で我が家ではその事を知るすべはなく
ローズを迎えるための準備に追われていました。


いつもブログを読み、コメントをこっそり入れてくれてたミーコさん。
ローズのことはブログを読まれる前に伝えておきたかったので
この5月17日の記事を書いた直後に電話を入れました・・
互いに深夜族だったので・・いつものごとく


しかし、当然ながら繋がらず・・どうしたかなぁ・・っと思いながらも、
忙殺されてしまい やっと再度電話できたのが、
5日後の22日に、ローズとアンニイさんを迎えに行った時の新幹線を待つホームから・・

イメージ 34


もちろん・・この時も繋がらなかった。


さすがに何かあったのではないか?っと不安が過ぎり速攻fukkoさんへ電話するも
fukkoさんも同様に連絡がつかないと。。


しかし、親戚の連絡先なども知る由もなく、
時だけが過ぎ去っていきました。


そして・・ふと・・あることを思い出しました。
4月に京都の竹の子をいただいた際に
もらっていた生産者のチラシがあったことを・・

イメージ 38


藁をも掴む思いで、この方へ電話をして、
倒れているかもしれないので!なんとか所在を確認しに行って欲しいと頼むと・・
この農家さんも連絡がつかなくて心配されていたこともあり
すぐに!出向いてくれました。


そこで・・すでに葬儀も終わっていることが分かったのですが・・


実は連絡がつかなくなった後で・・
なんとか状況を知りたくて
ミーコさんの大好物の海苔を送っていました・・

「ミーコさぁ〜ん!どうしたかなぁ〜心配してます」の手紙を添えて
「地元七ヶ浜の海苔」を・・


それが・・そのままポストに入ったままだったのを
この農家さんに見つけてもらうこともでき・・
弟さんに託していただけて、ご仏前にお供えしてもらいました。



後日、弟さんともお話しをさせていただきました。
前日もいつもと変わらぬ様子で
亡くなった日もお出かけする予定だったそうで
昼頃に連絡がつかなかった為、夕方行ってみると
倒れていたとのこと。
心臓発作的な感じで、倒れてそのまま旅立たれたのではないかとおっしゃってました。


ミーコさんは常々・・
コロっとみんなに迷惑をかけないで逝きたいと願っていた。
まさに、その言葉通りの最期でした。



昨年の辛い治療の入院中でも、
「シワシワばぁさんだから化粧しないとびっくりさせちゃうのよっ!」っと言いながら
毎日ちゃんとお化粧をして、いつ看護師さんが入ってきても布団もピシっと綺麗にして・・

お家の中も、いつ倒れても大丈夫なようにと
常に整理整頓、綺麗にしている・・

一人の暮らしは、料理して食べることがおざなりになりやすい・・
けれど、毎日の夕飯作りを楽しみに暮らし。。

イメージ 15
*ミーコさんのお写真


年齢を重ねても、最後まで凛とした佇まいを持ち続け
生涯を閉じられたその姿は・・

女性としての生き方の模範を私に教えてくれました。



イメージ 16
*ミーコさんのお写真


まだ、ミーコさんがこの同じ世に居なくなってしまったことが
とても信じられず、ひょっこり電話がかかってくるような気がしています。


ミーコさん!きっと今・・
天国から見守ってくれてると 私は感じています。


おかげで「にゃっ展」で倒れることなく無事に乗り切ることができました。


これからも、天国から叱咤激励を頼みますっ!


そして・・今度会った時には
またいっぱいお話ししようね。。

きっと・・ローズのことも・・びっくりしながら喜んでくれてるよね。。


イメージ 36






ミーコさんがこの世を去ってから一ヶ月後の・・

6月20日

今度はねこレスさんが追いかけるように旅立ってしまった。


もしかしたら、まだこのことを知らない方の方が多いかもしれません。

きっと、多くの人がこの事実にショックを受けられるはず。。


私自身も、にゃっ展の準備で日々余裕なく
切羽詰まった状態の・・あと1週間で設営が始まるという・・
7月3日に入ったこの知らせに・・

頭が止まり言葉を失いました。



ねこレスさんが、何度も再発しながらも癌の治療を続けていたことは
多くの方が知っていたことと思います。




この時は手術ができず、放射線と抗がん剤の治療を受け・・
ほぼ腫瘍も小さくなって治り元気に仕事復帰!

イメージ 30
お仕事の方も順調に行っていた矢先の・・




それでもっ!
くじけずに、新たな最新の治療法にもチャレンジしながら
必死で治療をし続けてきました。



愛する子達を残して死ねない!

その気持ちに勝るものはないから。。



そして、治療の甲斐あって、あちこちに転移した癌も全て消えかけ・・・
治療の効果が明らかに出たことで
本人も、もう大丈夫だよっ!っとまで話していた・・


それなのに・・

突然の訃報。


きっと、強い薬で癌は消えても
体の方が耐えられなかったのかもしれません。



まだまだ若いねこレスさん。。



愛する子たちが、虹の橋から
ママ早くきてぇ〜っと呼んでしまったかな。。



そして3ヶ月前に


イメージ 26
*ねこレスさんのブログからのお写真






以前、一度彼女のお家に行ったことがあります。
1度目の再発の時に、退院日に合わせて
お家のお掃除をするべく!
差し入れにお弁当を作って
fukkoさんと出かけました。



イメージ 29


美味しい美味しいと言って喜んで食べてくれた時に・・

「一緒に食べてもらえるだけで食欲が出る」と・・言ってた・・


それだけでも行ってよかったなぁっと・・思いながらも

またすぐに長期入院することになっていたので
何か力になれることはないか?っと思いついたのがコレ!

イメージ 31
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます


ニャンズ大家族のため
入院で留守中にニャンズの世話をお願いする方に説明連絡が大変だと聞き・・
それぞれの子たちのご飯の好みの指示などをポスターにしてプレゼント!

もちろん・・作ったのは旦那ちゃま・・

それ以外の留守中の指示もイラストで作ったり・・

イメージ 24
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます



やる事リストも作成して・・
これらを全てを壁に貼りまくっていたので、
お世話する方も楽しく通えたみたいだったから、よかった・・



イメージ 25
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます






ねこレスさんの訃報は・・
最後までねこレスさんのお仕事をサポートされていた共通の友人より
亡くなってから14日ほどして知らされました。

この友人もすぐには知ることができなかったそうです。



毎日通っていたヘルパーさんが
朝行かれた時に・・ベッドで眠ったまま亡くなっているのを発見したそうです。


その傍には、愛猫ちゃんが寄り添っていて・・

きっと・・
夜、愛する子と一緒に眠りについたまま・・
旅立たれたのでしょう。。


いつものように眠りについたまま。。




イメージ 33
*ねこレスさんのブログから写真お借りしてます




ねこレスさんとのお付き合いもブログがスタートでした。

たくさんの猫達と暮らし、保護活動もされていて
にゃんにゃんBOXの2回目にご支援をしたこともあります。


そんな中で・・
5年前に、初めてにゃっ展を行うことが決まった際に

お昼は炊きたてご飯があればなんとかなる!っと
炊飯器を持ち込むことだけは決めていて、
おかずをどうするか・・を考えていた時・・
食の仕事のプロだった ねこレスさんが
おかずを作って持ってくよぉ〜〜っと言ってくれて
その言葉に甘えてお願いしました。

イメージ 18



彼女がその時に私に言った言葉は・・
「みんなからご支援をいただいてきて、いつか恩返しをしたかったから
作れて嬉しいっ!」っと・・

イメージ 19


そのお料理は身体のことを考え尽くしたもので
「疲れた時には添加物や農薬は微量であっても、キクんだよね!
疲れが取れないんだよぉ〜っ」と。。


普段からオリンピック選手の食事をデリバリーすることもあるような仕事もしていたので
そこはっ!プロフェッショナルっ!

にゃっ展でももちろん!
無添加で有機野菜を使って作ったお品の数々が並びました・・

イメージ 27



とにかく・・なにより!
美味いっ!美味しすぎっ!!

イメージ 20


どうしてこんなにこのミートボールが柔らかいの?

卵焼きが信じられないほどフワっとしてたり・・

温かく作りたてなら、まだ納得もできるけど
それらは全て冷えているのに?? 不思議だぁ〜!

その技にいちいち感動して
疲れ切った身体に染み渡ったあの美味しさは
これから先も忘れることはありません。

イメージ 21


スタッフも作家も、食べた人は口々に・・

「なんで こんなところで こんな美味しいものが食べれるの?」
「家にいる時より美味いもの食べてるよぉ〜」
「にゃっ展に来ると太って帰るんだよぉ〜」っと・・


イメージ 22


癌になってからも
ずっと・・にゃっ展ランチのために・・
作り続けてくれた ねこレスさん


あの人数分を3日間作り、毎日デリバリーしてくれた ねこレスさん・・

イメージ 23


私も大人数の食事を作ることがあるだけに
その大変さやパワーを考えると、プロとはいえ
申し訳ない気持ちでいっぱいで
本当に毎回、ありがたく、ありがたく・・


スタッフや作家がにゃっ展のキツイ仕事を
笑顔でやり通してくれてるのも
きっと、この食事があったからに違いありません!
にゃっ展ランチを食べれば
また元気に仕事ができちゃう!

まさに・・ねこのレストランスペシャルランチでした。

イメージ 28



もう・・二度と・・
あの料理をいただくことはできない。

そして・・
ねこレスさんの笑顔を見ることができない。

豪快に笑うあの声を聞くことができない。。



イメージ 32




二人が相次いでこの世を去ってしまって

私は受け止められぬまま、今回のにゃっ展を迎えました。


二人の訃報を立て続けに聞いて
動揺している私に対して・・

旦那ちゃまが、言いました。


「今は考えるな!
 いつも、いつも、にゃっ展を成功させることを望んでいた二人のためにも・・
 今は考えるな!
 終わってから・・
 泣き叫べばいいんだ!」




二人の訃報については
誰にも伝えずに、
心に一度仕舞って・・
唯一fukkoさんだけが知る中で
にゃっ展を迎えました。

イメージ 39



にゃっ展ランチは・・
この二人の心のこもったお料理によって
まだ短い伝統だけど しっかりと築かれていった気がします。


★にゃっ展1回目:2014年のランチ

★にゃっ展2回目:2015年のランチ(宮城)

★にゃっ展3回目:2016年のランチ <1> <2>

★にゃっ展4回目:2017年のランチ



極限の疲労の中・・昼抜きで、毎日足を引きずり夜にホテルへ帰って
1週間食べ続けた夜のスーパーのお弁当

だんだんと身体がおかしくなっていくのを感じながら
どうすることもできぬまま、気力で持ちこたえたあの時。。


この経験を通じて
疲労困憊の状態には、どれだけ食事が大事か・・
それがあって、なんとか1週間を乗り切れるんだということを知り
今のにゃっ展ランチの「手作りご飯」のスタイルにこだわりました。

さらに私だけ、にゃっ展期間中は朝昼晩とずっと会場で食べていたので
ランチの残りご飯をいただいてました!

コンビニなどのお弁当と違って
手作りのおかずは、時間が経っても美味しく、
食欲のない疲れた身体にも優しく入っていきます。


私自身が二人のおかずや、他にもみんなからの心のこもった差し入れがあって
倒れずに いつもやり切ることができています。





二人が「にゃっ展」のために 想いをいっぱい寄せて協力してくれたこと。。

決して忘れることはありません。



そしてきっと・・これから先も・・ずっと。。

あのランチを味わった人たちは・・

あの味の想い出と共に、にゃっ展を想い出すのだと思います。




ミーコさん。。
ねこレスさん。。

本当にありがとうございました。


虹の橋で待っているお子達と・・
ゆっくり休んでくださいね。

心より哀悼の意をこめて・・

深い深い感謝と共に。。


イメージ 40


イメージ 41

イメージ 42

開く コメント(16)

とうとうっ!!
モニュメントが完成したにゃぁ〜〜!

なんとか間に合ったっすぅ〜〜〜!

イメージ 22




にゃっ展」に飾るモニュメントは・・・
実はっ!ローズのモニュメントにゃのだっ!!

イメージ 1



これをどうしても・・どうしても、今回作りたかったのだ!


イメージ 2



遡ること・・


5月9日
実は・・アンニイさんはある言葉を発していました。



それは・・
「ローズを…いかして欲しい。。」

イメージ 3



ローズは長く、外で他の猫や、人間からひどくいじめられてきた子

そのローズをアンニイさんが保護するまでは、簡単なことではありませんでした。

月日をかけ やっと、やっと。。やっとの想いで保護して
さぁ〜〜これから!!って時に
奈落の底に突き落とされ
目の上に悪性腫瘍ができて片目を失う手術をしたローズ。


イメージ 4



そして・・我が家へやって来てくれたローズ。。


このローズの猫生を
この先の、不遇な子達のために いかして欲しい。。

アンニイさんの想いは、我らにとって、すんなり納得のいくものでした。

イメージ 5



この時、旦那ちゃまが・・言ったのは・・

ローズを我が家に迎えることを決めた瞬間!
頭に浮かんだのが 仙台藩城主 伊達政宗「独眼竜正宗」

「オレは、それしかないって思った」っと。。

イメージ 6



ここはっ! 宮城!!

東京から宮城へやって来るローズ


イメージ 7


この宮城で「独眼竜ローズ姫」として

不遇な猫達の先頭に立って
先導していく!!

その象徴になるような存在として

ローズをいかしていく。。


イメージ 8



我が家にとっては 大切な家族となったローズ・・
日々、ローズと暮らしながら楽しい月日が始まっています。


このこととは、また別の次元で
ローズが役目を果たすこと。


自分と同じようなハンディを背負った猫であっても
明るい未来を築けることを示し
そして!先導していく。。


そんな役目を果たせたら、とっても素晴らしいことだと思います。

イメージ 21



そこで・・
今回の「にゃっ展」は、たまたま いつもやっていた東京ではなく
宮城で行われることになったこと。。


ここに何か運命的なものを感じながら
この地で、独眼竜ローズ姫としての一歩をスタートさせる。。

そのモニュメントをどうしても作りたかった。。



しかし・・
時間的にかなり無理があって
一時は諦めかけた・・

「今回は間に合わない。。来年の東京でやればいいんじゃないか・・」と・・




でもっ!
独眼竜ローズは、この宮城の地でスタートさせることに
意味があるような気がして、

旦那ちゃまとギリギリまでもがいて・・
やっと、やっと形にすることができた!


中身にウレタンをスポンジを入れたのだけど
どうにも、それをやっている時間がとれなくて・・


イメージ 9



そんな時、私のにゃっ展の服やスタッフユニフォームを作ってくれてる叔母が
ローズ話に感激して
私の代わりに、やってくれたのだ!



もちろん!デザインは全て旦那ちゃまに任せた・・
馬に乗ったローズの絵を描き、
それをプリントして・・

これを縫い合わせ中身を入れていく作業を叔母にお願いした。


今回は 前のにゃん太人形よりも
形が複雑なため、中に詰める硬くて厚いウレタンは
とっても難儀で、かなり苦労しまくり
何度も電話がかかってきて
どうするかの相談をされた。。


そうして・・やっと、今日出来上がったのだ!



最後の仕上げを我が家で調整・・。。

イメージ 10



目の眼帯はスェードの革で作り
紐を縫い付け・・

イメージ 11




最後に・・
兜飾りを マジックテープで取り付け・・

イメージ 12


イメージ 13



見事完成っ!!


イメージ 14



今までは絆創膏を付けてたローズですが・・

イメージ 15



これからは眼帯になりますっ!


イメージ 16



ちなみに・・
この兜飾りは、叔母が奮起して本物の金箔を漆で貼りました。

イメージ 17



やっぱり!!
本物の金は輝きが違うぅ〜〜〜!

めっちゃ光り輝いてるっすっっ!!

イメージ 18



これを・・
にゃっ展ブースのセンターに立てる
5mの柱に取り付けますっっ!!


はたしてっっ!!
会場でどんな風になるかなぁ〜〜っ!!

ドキドキにゃぁ〜っ!


イメージ 19

イメージ 20

開く コメント(10)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事