今日も、こっそり自然観察!

意外に、身近でも様々な自然が見つかるものですね、探索してみましょう。

全体表示

[ リスト ]

では・・・先ず!
A:クヌギの実から出てきたシギゾウムシの成虫の名前(種名)を調べて行きましょう・・・  

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

Aのケースで飼育中の4匹のうち這い出た2匹の体長は、大きいもので約9、5mm、小さいもので約9mmでした。

・・・2匹の色の濃淡の違いはありますが、模様は非常に似てます(同一種と観て間違いなさそうです)

(私の予想)
クヌギの実から出て来たシギゾウムシですから、単純に・・・クヌギシギゾウムシだろうと想いました!・・・が・・・ある図鑑のクリシギゾウムシの説明に「上翅の後方に淡色の横帯があり、メスはクリ、コナラ、アベマキ、アカガシなどの実(ドングリ)に産卵する」と記されてる処を見付け・・・(もしや、Aはクリシギゾウムシ!?)との疑いとも取れる不安を抱き迷いました。



結果:Aは2匹とも(クヌギシギゾウムシ)だそうです!
 
イメージ 7

「クヌギシギゾウムシ(ゾウムシ科)と判別されたポイント」

● 触角は、口吻の中間よりと頭部側に派生する。
・・・シギ(鳥)の嘴の様に長い口吻に付く触角は、確かに頭部側についてます。

● 触角中間節第2節は、第1節より長い。
・・・確かにの触角中間節第2節は、の第1節より長いです。

● 前翅の点刻列において、各点刻に1個の鱗毛がある。

・・・むむむむむ???(すみません・・・能力不足で確認できませんでした・・・)




では・・・続いて
Bの(コナラと想える実)から出て来たシギゾウムシの成虫の名前(種名)を調べて行きます。  

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

体長は約9,5mmでした(写真では判り辛いですが、写真の3匹の中では、一番大きな個体でした。)

・・・Bの種名の判明の前にシギゾウムシの各部位の特徴を観てみます・・・


イメージ 13

口吻の溝がお判り頂けますでしょうか?
メスが、ドングリに産卵するため、シギの様に長い口吻で実に孔を掘る際(邪魔に成るのでは?)と心配される触角は、折り畳まれて・・・この溝に収納されるとの事です!



イメージ 14

口吻の先の(摂食する部位)の詳細な形が観てみたかったのですが・・・
(私の腕では、これ以上詳細な写真を撮り、確認する事が不能でした・・・残念です)



・・・では、Bのシギゾウムシの名前を確認して行きましょう!

イメージ 15

● Bのそれぞれの写真から・・・触角は、口吻の中間より頭部側に派生してる事が判ります。

● 触角の↑←中間節第2節は、↑←第1節より長い様です。
(*:Bの個体が、コナラシギゾウムシであった場合は、触角中間節第2節は、第1節と等長、あるいは短いそうです。)


● 前翅の点刻列の各点刻の鱗毛の確認はできませんでしたが・・・
(*:コナラシギゾウムシの場合、鱗毛では短毛を生じる)のだそうです・・・
・・・なかなか難しいですね・・・

・・・これらの事を踏まえて・・・


結果:Bも!・・・(クヌギシギゾウムシ)だそうです!

よって!
A,B共に(クヌギシギゾウムシ)と成り、同種であった!という事に成ります・・・   


・・・と成りますと・・・
ある疑問が湧いてきます・・・


「Bのドングリの実は、本当にコナラで良かったのだろうか?・・・」  
・・・と言う疑問です。


・・・台風後にブロック塀の崖の上から落ちてきたと想われる(クヌギの実)は、その特徴から実の名前に間違いはありません!
クヌギの実に紛れて、見るからに異種のドングリと想われる実も数個落ちてました。
(その一つがBの実でした・・・)

崖の上の樹木の樹皮・葉の様子も分らず!
まして、ドングリの殻斗も不明でしたので・・・

見た目だけで(何の根拠もなく)・・・コナラの実であると判断してしまいました・・・

・・・ここに、飼育観察を始めるにあたって(最初の大きな誤りがあったのでは?)と想えます!


よって、次回は「シギゾウムシの飼育観察(どんぐりの実、今後の観察へ)編」を予定しております・・・








    

閉じる コメント(40)

> ももごさん
こんにちは・・・面白くてユニークで可愛い姿をしてますね〜!
私も暫くうっとり見詰めてしまいました・・・
あの長〜い口吻で、ドングリへ孔を開け、産卵する際、途中にある触角は邪魔に成るので、折り畳んで口吻の溝に収納されるそうです・・・
生物の生態を追ってますと・・・
想わぬ事を知り、感動できるので、これからも日々の愉しみの一つに取り入れていけたらな〜と想ってっます・・・

2015/7/23(木) 午後 1:53 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> sakakuさん
こんにちは・・・最近、フィールドに出ての虫観察が行い辛い状態にありますので、もっぱら飼育観察か庭に飛来する虫観察に成ってしまってます。写真を撮る際、どこをポイントに狙って撮ると種の同定に効果があるのか分からず・・・むやみやたらと撮ってしまいました。今回シギゾウムシと縁ができた?事ですし、詳しく説明された図鑑を手に入れたいな〜と想ってる処です。

2015/7/23(木) 午後 2:07 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> 高知のお花見好きさん
こんにちは・・・子供の頃・・・拾ったクリの中から這い出る白い幼虫が気持ち悪くて・・・(笑)(笑)(笑)
ですが、今は、クリに潜む幼虫狙いで、拾ってます(叱られそ〜〜〜)シギゾウムシも、無意味に存在する虫ではないようです。ああ見えて、植物、ドングリの手助けに成ってる可能性も無きにしもあらず・・・だそうですが!?どうでしょう???

2015/7/23(木) 午後 2:43 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> バタフライさん
こんにちは・・・私、天然のクヌギシギゾウムシもコナラシギゾウムシもクリシギゾウムシも実際に目にした事が無かったものですから、名前がさっぱり判らず、面喰ってしまいました。・・・手持ちの図鑑での説明が少なくて安直過ぎで・・・(笑)なけなしのお小遣いはたいて、すこ〜し詳しい甲虫図鑑を手に入れたいな〜と真剣に想い始めました・・・

2015/7/23(木) 午後 2:49 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> ピンちゃんのママさん
こんにちは・・・最近、フィールドに出ての観察が怠り、ストレスも溜まり気味ですが、その分飼育観察で、心のうっぷんをはらしてます・・・
シギゾウムシとは、あまり縁がにものですから、全て同じ種に観えてしまって困ります・・・この夏は難しそうですが、秋の出会いに備えて、甲虫図鑑が欲しいです・・・

2015/7/23(木) 午後 3:11 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> 駒のご隠居さん
こんにちは・・・ご隠居様に(そこまで言って頂いて)・・・
大変嬉しゅうございます(笑)・・・(会合では、是非、隣の席で!)・・・
怖いですよね〜!玄関脇で腹這いに成り、虫の飼育ケース目指してカメラを向け何やらブツブツささやく・・・主婦!
宅配のお兄さんも郵便のお兄さんもメーター計測の女性も、皆さん不思議・・・いや、不気味そうな顔しながら何も言わず次のお仕事に向われます・・・

2015/7/23(木) 午後 3:19 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

こんにちわー>ФOФ)
細かい観察、さすが○組きっての虫博士ですね〜
こんな長い象の鼻のようなの、初めて見ました。
いかに虫を無視していたか・・・
ドングリを拾うと必ずと言っていいほど穴が開いていますが
中に幼虫がいるんですか?
観察記録にナイス!

2015/7/23(木) 午後 3:30 一粒の真珠

顔アイコン

こんにちは
興味深い写真の数々
素晴らしくピントが合っていますので
ご安心ください。(笑)
口吻に付いている触角の収納のメカニカルな様子
生き物の知恵、凄いですね。
育て観察する。
私も見習いたいものです。(笑)

2015/7/23(木) 午後 5:21 [ H−nick ]

顔アイコン

よく見ると、驚きがいっぱい!ですね。シギゾウムシの細部を見たことが
ありませんでしたが…触角を「格納」する溝があったなんて!すごい!
こんな造形でよくも生き続けてきたものだと感心します。だからこそ
生き残れたのかもしれませんが…いずれにしても人には作り出せない
芸術だと思います!☆

2015/7/23(木) 午後 7:22 [ ginguchi ]

> 一粒の真珠さん
こんばんは・・・幼少の頃、極力青い部分が残るドングリを拾って持ち帰り放置・・・その後何故か変色し、拾ったものの中には粉のようなものと共にあの白いうじ状の幼虫が!・・・涙・・・「虫気持ち悪〜い!怖い!」・・・そんないたいけな女の子が・・・どうしてこうなったのか!?(不思議で仕方ありません!)生物の生態は不思議に満ちてますね・・・

2015/7/23(木) 午後 9:41 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> H−nickさん
こんばんは・・・なかなか虫探し散策に出れず・・・モンモンとする毎日です。そんな中、飼育中の虫で癒されてます・・・実は、クヌギシギゾウムシを目にしたのは、今回が初めてなんですよ!(笑)・・・天然の成虫を視た事が無かったものですから、」飼育した成虫を目にした時の感動は、言葉では言表わせないものでした・・・何でもないような感動が幸せだったとおも〜う〜〜〜(あら?どこかで耳にした事がある様な歌詞?)

2015/7/23(木) 午後 9:47 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> ginguchiさん
こんばんは・・・ゾウムシの仲間は、可愛い姿からも観てて心が湧き上がります・・・実は、私、チビシギゾウムシを目にした事はありますが・・・クヌギシギゾウムシを、これまで目にすることがありませんでした・・・今回幸いにも飼育したものとは言え目にすることができ感動しました。色々と教えて頂けたこともあり、新たに判った事を頭に叩き込んで、次回の出会いに備えたいと想います!

2015/7/23(木) 午後 10:03 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

顔アイコン

つるも初めて見させていただきました

ゾウムシたちってホントに可愛いと思いましたよ
でも自然界ではなかなか合えないとはね〜

でもいいもん・・今日子さんのこのブログに来ると会えるもんね
ありがとうデスそして今日子さんごくろうさまです

2015/7/24(金) 午前 0:24 [ つるさん ]

顔アイコン

素晴らしい観察日記ですね〜^^
感動してしまいました。

ゾウムシが表情あるようにまで見えてきます^^
ナイス!!

2015/7/24(金) 午前 7:45 やあこ

> つるさんさん
こんにちは・・・ブナ科の植物を散策してると出会える機会もあるそうですが・・・私は、最近、山の中を歩く機会が少なくて・・・シギゾウムシに出会う機会がありません・・・長い口吻をもちクルッとした眼を持つ小さな小さな甲虫は、とても可愛いです!こういった小さな虫を興味持って見詰めて感動できる・・・そんな時間が私の至福の時です。

2015/7/24(金) 午後 4:54 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> やあこさん
こんにちは・・・昨年拾ったドングリから出て来たシギゾウムシの幼虫を飼育観察してみました・・・無事、成虫になってくれるだろうか?と心配しましたが・・・5匹飼育中の4匹まで成虫として出てくれました・・・虫観察は、人生に不必要な時間かもしれませんが!?私にとっては、毎日の生きがい、喜びの一つに成ってくれてる貴重な時間に成ってます。(笑)

2015/7/24(金) 午後 4:58 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

顔アイコン

こんならシギゾウムシは彫刻されたみたいで可愛い顔をしています
御土産品に制作すると受けるかも
腹を見せている姿、お相撲さんが倒れたみたいでこれも可愛い
米に取り付くのもコクゾウムシと言わなかったですかね〜?
アームを納めたり取り出したりする宇宙ステイションの様でもありロボットのようでもあり、虫の世界にも宇宙があるのですね

2015/7/25(土) 午後 3:02 [ 美土里の花咲か爺さん ]

顔アイコン

もうもうただひたすらに感服でございます。
画像の細部まで鮮明な事。
細部の説明が非常に良く解る事。
何より疑問を疑問のままに終わらせず、解明なさる姿勢!
ナイス、ナイス、ナイス!

2015/7/25(土) 午後 7:32 hareka

> 美土里の花咲か爺さんさん
こんばんは・・・小さな小さな10mm程度の虫ですが・・・
可愛いです〜!!!・・・
そうです!そうです!・・・コクゾウムシと近いゾウムシ類のお仲間です!(そう言いますと、最近コクゾウムシに出会えてません・・・)
宇宙のロマン・・・虫にもロマンの世界が広がってます!・・・

2015/7/25(土) 午後 8:14 [ 今日も、こっそり自然観察! ]

> harekaさん
こんばんは・・・ジ〜〜〜〜〜っと虫のケースを覗き込み・・・
「わかった〜〜〜!」と呟く姿は、不気味以外の何者でもありません!・・・最近、全く散策に出かけてません(運動不足です)
本日のうだるような暑さ・・・苦手です〜〜〜。四季の中で、夏が一番苦手な私・・・虫と一緒に、休眠したく成ってしまいます・・・!

2015/7/25(土) 午後 8:19 [ 今日も、こっそり自然観察! ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事