夏樹美術の「夏樹通信」!!

千代田区神田神保町の美術品・骨董品 買取り専門店 夏樹美術です
ライナス・ポーリング博士はご存知でしょうか。
氏はノーベル賞の化学賞(1954年)と平和賞(1962年)を受賞した唯一の科学者であります。
私はこの手紙を見て初めて知りました。

イメージ 1

イメージ 2

これはライナス・ポーリング博士直筆サインの手紙です。
封書から、アフリカ・ガボンのランバレネにあるシュヴァイツァー(シュバイツァーとも訳す)病院の高橋功博士宛となっています。
高橋功博士は志賀潔博士の甥で、陸軍軍医の後眼科医院を開業、昭和33年から妻武子とともにアルベルト・シュヴァイツァー博士(ノーベル平和賞受賞者)と一緒に8年間アフリカのガボンで医療活動に従事した日本人医師であります。

ちなみにアルベルト・シュヴァイツァー博士はオルガン奏者でバッハ研究家であったそうです。
また高橋功博士はギター奏者、研究家としても知られ、パリ国際ギターコンクール審査員を務めたほどでありました。

今年のノーベル生理学・医学賞を受賞された東京工業大栄誉教授の大隅良典先生は受賞記念講演で、
「科学を何かに役立てるためのものではなく、文化としてとらえ、育んでくれる社会になってほしい」と話されたことは印象に残りました。
また、昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞された大村智北里大学特別栄誉教授は、美術品特に上村松園、三岸節子、小倉遊亀など女流画家の絵画作品の収集家としても有名です。

美術や音楽そして演劇などの文化と同様、自然科学、人文科学そして社会科学を総じて文化として考えることが大事だと改めて気づかされました。

(夏樹美術スタッフ N)

千代田区神田神保町 美術品・骨董品 高価買取り専門店 夏樹美術

この記事に

開く コメント(0)

昨日、ある古文書収集家のお宅にお邪魔して、戦国大名大谷吉継の手紙を拝見しました。
興奮しました。氏は偶然本屋で古い手紙を貼り合わせた屏風を購入したそうです。
屏風に貼られたものは全部戦国武将の手紙でした。

イメージ 1

この大谷吉継の手紙もその中の一通です。
内容に関してはこれから解読しなければなりません。
研究者の方々、古文書を読まれる方々、ぜひともご教示くだされば幸いです。

イメージ 2

イメージ 3

大谷吉継は豊臣秀吉の家臣で、福井越前敦賀城主。
大谷刑部として現在放映中の大河ドラマ真田丸でその活躍はよく知られておりますが、石田三成と一緒に中国明朝の勅使を秀吉に引き合わせ、明国との和平交渉に貢献したことを付け加えたいものです。
(夏樹美術スタッフ N)

千代田区神田神保町 美術品・骨董品 高価買取り専門店 夏樹美術

この記事に

開く コメント(0)

しまなみ海道を一度見ておきたいと思い、車で出かけました。
尾道、今治を結ぶこの道路は自転車乗りの聖地とも言われているそうで、島の中いたるところで自転車に乗った人達とすれ違います。

イメージ 1

絶景を堪能しつつ本州から数えて3つ目の島、生口島に平山郁夫美術館があります。
文化勲章の受章者で、アジア等の文化交流、支援、そして何より日本の美術界に
大きな足跡を残す平山郁夫が生まれ育った地、という事もあり、
通常作品のみならず幼年期に描いた絵なども展示されております。

イメージ 2

シルクロードを含むアジア関連の大作や下絵なども展示されており、
もちろんたいへん見ごたえのあるものでしたが、
画伯がしまなみ海道をモチーフにした「しまなみ海道五十三次」の水彩画のシリーズは、
私がイメージする平山郁夫作品とは違い、一味違った趣のある素晴らしい作品群で、
その並々ならぬ力量と地域に対する愛情が十二分に伝わってくる展示でありました。
(ちなみにこの作品を描くにあたり、スケッチを行ったしまなみ海道の各ポイントには
オブジェが置かれており、旅のガイドとしての役割も果たしております。)

イメージ 3

清楚な佇まいのそれほど大きくはない美術館でしたが、
周辺の絶景も含め良い拝観をさせていただきました。

(夏樹美術スタッフ T)

千代田区神田神保町 美術品・骨董品 高価買取り専門店 夏樹美術



この記事に

開く コメント(0)

西へ旅する機会があり、せっかくですので岡山県井原市にある田中美術館を見てまいりました。

イメージ 1

ここは地元岡山県井原市で生まれた近代彫刻界の巨匠である平櫛田中(ひらくし でんちゅう)を記念した美術館です。
(晩年の10年間を過ごした東京都小平市にも平櫛田中彫刻美術館がございます)

折しも平櫛田中に所縁の深い棟方志功展が『秋季特別展 棟方志功‐平櫛田中を「先醒」と呼んだ板画家』として行われており、思いがけず楽しみの増えた鑑賞となりました。

イメージ 2

平櫛田中はある時期から彩色木彫へと移行するのですが、当時としては異端であり、挑戦でもありました。(古様では彩色はよく見られましたが、素材の趣を損なう等の理由から、明治以降はあまり行われておりませんでした)
しかしながら実際にその作品を目にすると、執念さえ感じるほどの徹底した人体への探求、写実性を含め、その完成度に目を奪われます。
田中の作品の理想形はここにあるのだという事が実感できました。(本館には彩色木彫のきっかけともなった「源頼朝公像」も展示されております)

代表作とも言える鏡獅子の制作過程における試作等の資料・作品も充実しており、また新たな目で東京の国立劇場の鏡獅子が眺められるのではと思います。

イメージ 3

棟方志功展に目を移しますと、板画、肉筆画、油彩画等様々なジャンル、そして大作まで、多数の作品が並び、田中が文化勲章を受章した際に贈った「二菩薩釈迦十大弟子」もたいへんきれいな状態での展示がされております(大原美術館等でも展示されておりますね)。
棟方が同じ木を扱う作家として尊敬していたという田中との関係性も詳しく記述されており、非常に充実した内容となっておりました。

彫刻がメインの美術館はそれほど数が多くありませんので、なかなかまとめて作品を鑑賞する機会がありません。良い機会となりました。

(夏樹美術スタッフ T)




この記事に

開く コメント(0)

私はある女流書家に出会いました。
彼女は末期ガンと宣告され、身辺整理もすでに終えたそうです。
私たち夏樹美術にお電話されたのは、一番大切にお持ちになった尊敬する書道家、東山一郎先生の作品についてのことでした。

お話を伺いますと、近々入院されるので、先生の書を好きな方に譲ってほしいと頼まれましたが、私たちも相場がわからず、話し合いの結果、夏樹美術が作品をお預かりすることに致しました。

この「逸品紹介」を通じて東山先生の作品を大切にしていただける方に出会えたら彼女も安心できると思います。

私たちは美術品を通じて幸福、失望、悩みなど様々な人々に遭遇します。
しかし私たちは仕事抜きにして人と人の繋がりも大切だと思っております。
東山一郎先生ゆかりの方もしくはご興味ある方、ぜひご連絡をお待ちいたしております。

イメージ 1

持統天皇の万葉歌
読み:春過ぎて 夏来たるらし しろたへの 衣干したり 天の香具山
美品 共箱 「東山一郎書作展」(平成20年)に掲載作品と本紙の色が違いますが、
内容は同じです。
本紙寸法:30×59センチ 全体寸法:42×143センチ

イメージ 2

山部赤人の万葉歌
読み:田子の浦ゆ うちいで見れば ましろにそ 富士の高嶺に雪はふりける
美品 共箱 「東山一郎書作展」(平成20年)に掲載作品 
第67回謙慎書道会展(2005年)出品作 
本紙寸法:48×25センチ 全体寸法:60×110センチ

イメージ 3

山部赤人の万葉歌 
色紙 共タトー

イメージ 4

富士
色紙 共タトー

書道家東山一郎先生は大東文化大学書道学科の創設に尽力され、日展評議員、読売書法会理事、謙慎書道会常務理事など歴任し、皇太子殿下への書道御進講を20年間担当されました。
著書:
「かな古典の学び方・針切」(二玄社)
「読売書法講座かな(大字)」(読売新聞社)
「美しい「かな」を書きたいあなたへ」(講談社)

(夏樹美術スタッフ N)

千代田区神田神保町 美術品・骨董品 高価買取り専門店 夏樹美術

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事