薄色な日々の記憶

しなやかさと軽さは はき違えたくない…

全体表示

[ リスト ]

永平寺再訪

イメージ 1 
永平寺の杉木立



能登半島に大地震のあった日の午後から、私達は母を連れて永平寺に出かけた。

この日は、天気が良ければ≪東尋坊≫へ、雨だったら≪永平寺≫へと考えていた。

母の疲れ具合と、天気次第では、午前中から、出かければ、両方行けるかもしれない…

けれども、地震のために朝は足止めを喰らい、雨も止まなかった。

地震を心配した兄から、『津波の心配があるから海辺には行くなよ!』というメールも入った。


雨は、止む方向に向かっているようだったが、≪東尋坊≫では足場がすべるかもしれない。

『お昼は何処で何を食べるか?』 それも考慮に入れて、結局行き先は≪永平寺≫に決まった。


イメージ 2 
永平寺界隈の名物は、蕎麦と胡麻豆腐



私が、永平寺に行くのは2度目である。

最初に行ったのは、夫と婚約した年の5月だったと思う。

両親と一緒に夫の実家に挨拶に行き、夫の案内で観光をしたのだった。


イメージ 3
法堂


                                               
イメージ 4
                                      回廊                                
母は、『また来れるとは思っていなかった。』と呟いた。

生前、父が自分の供養を頼んでいったのは、近所の曹洞宗の寺だった。

『大本山の永平寺にお参りしたら、良い供養になるよね。』

そんなことをいいながら、七堂伽藍を巡った。

イメージ 5 中雀門
イメージ 6
                                   山門                           

永平寺は、山の斜面を利用して建てられた修行の寺である。

観光客が歩く場所と言えども、暖房の設備は殆ど無いに等しい。

雨が、降って足元は冷え込み、雪囲いがまだ残る回廊は隙間風も…



『寒くない? 大丈夫?』時々声をかけてみる。

『階段ばかりで、多少疲れるけど…たくさん着ているから寒くは無いわよ。』

母の足元を心配していたが、ゆっくり踏みしめて歩いている。

最後の最後で寒さのために足がつったのは、脹脛の丈のパンツをはいていた私の方だった。

 

広い寺院をゆっくりと見終わって時計を見たら、2時間が経過していた。

幸い、雨も上がったようだ。


イメージ 7ザゼンソウ 


イメージ 8                                  放生池

この記事に

閉じる コメント(29)

顔アイコン

永平寺、二度行ったことがあります。 身の引き締まるような静寂と、NHKの除夜の鐘を思い出しましたねぇ。

2007/4/3(火) 午前 9:08 sinde 返信する

顔アイコン

ちょうさん、ありがとうございます。○十年前に東尋坊で遊覧船に乗った時は、春風が強く大揺れでした。今でもあの時の恐さは覚えています。

2007/4/3(火) 午前 11:11 夏茉莉 返信する

顔アイコン

まみささん、いつもは強行軍の私たちも、母を連れているのでゆっくり旅です。ザゼンソウ、私も初めて実物を見ました。細工物のようです。

2007/4/3(火) 午前 11:14 夏茉莉 返信する

顔アイコン

のりさん、実家の近所は、けっこう曹洞宗が多いんです。永平寺の修行は厳しくて、逃げ帰って来る人も多いとか…中学の先輩が修行に行きましたけど、その間中、父上の住職は心配しておられました。(笑)

2007/4/3(火) 午前 11:17 夏茉莉 返信する

顔アイコン

minさま、見学路の最後だけは床暖房がありました。あとは石の上も裸足(ストッキングですが)で、スリッパはありません。外には部分的に雪が残っているんですよ…寒かったです。

2007/4/3(火) 午前 11:21 夏茉莉 返信する

顔アイコン

まなさん、いえいえ、私たちも、夕食のご馳走を考えて、食べ物で移動していましたから…(笑) 永平寺、素晴らしいお寺です。但し、もう少し温かい季節がお勧めです!

2007/4/3(火) 午前 11:24 夏茉莉 返信する

顔アイコン

ののじさん、見上げるほど大きな杉の木が、お寺の歴史をそのまま物語っています。先代の大僧正は106歳だったそうです。

2007/4/3(火) 午後 6:35 夏茉莉 返信する

顔アイコン

sappi3250さん、始めまして! 池の周りに雪が少し残っていましたし、雨でかなり冷え込みました。久しぶりに訪れたら、若い頃の印象とはずいぶん変わって見えました。

2007/4/3(火) 午後 6:40 夏茉莉 返信する

顔アイコン

千の風兄様、蓮の上のお釈迦様に見据えられたご気分はいかがなものでしょう? え、おいらは托鉢姿だって? それなら、小坊主さんの人形が近くの土産物屋さんにたくさん並んでいましたよ!

2007/4/3(火) 午後 6:58 夏茉莉 返信する

顔アイコン

fujikkiさん、修行中のお坊さんが、早足で階段を駆け抜けるのに時々出くわしたのですが、売店や、案内をしている人とは、目つきが違っていました。

2007/4/3(火) 午後 6:59 夏茉莉 返信する

顔アイコン

shindereranokutu さん、一般向けの宿坊もあるようですが、永平寺の修行の様子と、先代の大僧正のビデオ何度か見たことがありますので、怖気づいてしまいます。

2007/4/3(火) 午後 7:00 夏茉莉 返信する

顔アイコン

***さん、ありがとうございます。亡き奥様との思い出の場所でしたか…私たちも、父の思い出を話しながらの参拝で、感慨深いものがあります。どうぞ、お元気で、奥様の分も長生きをなさってください。

2007/4/3(火) 午後 7:04 夏茉莉 返信する

アバター

そばもゴマ豆腐もうまうまそう♪思い出ありな場所にお母様と一緒に行けてなによりです(*^。^*)

2007/4/4(水) 午前 0:31 ash 返信する

顔アイコン

修行僧は裸足だったりですよね。冷え性の私はとてもとても生活出来ないなぁと思います。

2007/4/4(水) 午後 0:12 元気です。 返信する

顔アイコン

坊主の修行、肉体的より日々の精進ちゅらいハズでも形から!

2007/4/6(金) 午後 7:13 レブ 返信する

顔アイコン

ashさん、どちらも美味しかったけど、ざる蕎麦には、ちと寒すぎました!

2007/4/6(金) 午後 7:57 夏茉莉 返信する

顔アイコン

元気さん、私も今回は、足元が伊達の薄着でしくじりました。終いには感覚がなくなりました。

2007/4/6(金) 午後 8:00 夏茉莉 返信する

顔アイコン

Rebさん、頑張れ! 禅宗は只管打座…ただひたすら座禅と『掃除』が修行だそうです。もちろん禁酒禁色! 無理だろっ!

2007/4/6(金) 午後 8:06 夏茉莉 返信する

顔アイコン

歴史を感じられるお寺の様ですね。回廊昇ってみたいです。群馬にあるザゼンソウよりまんまるですね。

2009/2/27(金) 午後 9:58 cip*e*506 返信する

顔アイコン

りんごさん、永平寺は曹洞宗の大本山で、修行のお寺です。
立派なお寺で、見学にも時間がかかります。
でも、ぜひ一度いらしてみてください。

2009/2/27(金) 午後 10:11 夏茉莉 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事